海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

2015年08月バリ島旅行記その3(ウブドからキンタマーニ観光)

どーもです。今日は久しぶりに家の掃除でモップがけしたナリカーです。嫁の翻訳仕事もコンスタントに入ってくるの嬉しいです。主夫頑張るよー
 
で、2015年08月バリ島旅行記その3はウブドからキンタマーニに向かう途中にある世界遺産や観光地を廻ってみました。
 
朝7時頃に目覚め、出発までに時間があっったのでバイクでウブドの朝市に行きました。まあタイの市場とそれほど変わりなくな~んも興味は湧かないですね。
土産物の方はサロン1枚20万ルピア位から吹っ掛けてきて、5万くらいで落ち着く感じかな?サロン自体はクタで買った(値段300円でした)のが有るので要らんです。

朝市見終わってバイクに戻ると、変なオヤジがやってきて「駐車料金1000ルピア」と寄ってきますが、特に買い物するつもりもなくカメラひとつだけ持って財布無しで出掛けたので、駐車料金1000ルキア寄越せと言われても持ってないッス。ここは気丈に「NO!マネ~
 」で押し通し事なきを得ました。
やはり料金は先払いじゃなきゃダメだよね。
 
ゲストハウスで朝食を取り、10時くらいにキンタマーニに向かって出発します。
大きな荷物な無いので運転自体は超余裕です。バイクも不具合無しで快調!

ウブドからキンタマーニに向かうルートは大まかに3本ありますが、自分らはライステラス(棚田)のある道を通り、その後世界遺産のティルタ・エンプル寺院に寄りキンタマーニを目指すルートにしてみました。
まずは棚田までバイクを走らせます。時間にして20分で着いたかな?途中の道は民芸品のお店がズラッと並んでいて興味ある人には楽しそうでした。
で棚田到着!自分たちはツアー客が来る前の時間に着いたので空いています。
景色的にはとってもGood!ですが、まだお茶を飲むほど走っていないので写真だけとって次に向いました。時間があれば歩いて向こうの棚田まで散策してみたかったですね。

棚田を抜け、別の道に抜ける小さな山道を通り、ティルタ・エンプル寺院に到着!
入り口で入場料2名30000ルピアを払い入場します。
自分たちは長袖・長ズボンを着用していたのでサロンは必要なかったのですが、ココは無料でサロンを貸してくれるので巻いて貰いました。
聖なる水は清らかで気持ち良さそうですが、私にはガイドさんが居ないので沐浴手順が分からず沐浴はしませんでした。



沐浴も気持ち良さそうでしたが、裏手の寺院も綺麗でした。
帰りのルートはお土産物屋を強制的に通るみたいなので、入り口から出てみましたが特にお咎めは無しでした。とりあえず世界遺産1つ堪能です。
 
で、次なる目的地のキンタマーニに向かったのですが、到着する少し手前にキンタマーニ村の入場料なる関所があり、2人60000ルピアのお支払い。昔のブログで書いていますがここの正規料金は2名20000ルピアだったので大ショック!!
手首に入場証を巻いてくれますが、事実を知らなかった時の写真は楽しそう

ちなみに別の道で帰ったら関所自体が無かったので、世界遺産経由の観光客狙いみたいです。今思えばティルタ・エンプルから山道戻って元の道路でキンタマーニ目指せば良かったね。やっぱり初めての観光だと勉強不足が露呈するね。
 
キンタマーニに着いた時刻が11:30頃だったので、嫁が調べた景色のいいビュッフェレストランに向いました。
レストランの名前はキンタマーニ・レストラン」普通は1名100000ルピアみたいですけど、ディスカウント!をお願いして80000ルピアにして貰いました。ネット情報通りですね。


到着した時間が早かったのでツアー客は居らず、テラス席も余裕でゲットでした。嫁曰く前回のお店より格段に料理美味しいそうです。自分の評価としても味・種類共に満足できました。個人的にはサテ(串焼き)と春巻きがおいしかったですね。
12時を過ぎると個人ツアー客の日本人が沢山来て、日本の居酒屋に居るみたい。
丁度学生の夏休み期間だったからかな?日本の若者達が現地のスタッフに偉そうな態度で接しているのを見てちょっと残念な気分になりました。海外旅行でハイになってるみたい。大声で話すな!タバコ吸いながら歩くな!おまえら大陸人か!
まあ、人生落後者の自分は何も言えない立場ですけど~。
会計はちゃんと税金込みで1名80000ルピアでした。

この景色も世界遺産って事で2つ目堪能です。
次の観光はレストランから10分くらい走った所に在る、ウルンダヌ・バトゥール寺院へ向います。
ここでも私達は1つ間違いを犯し、有名寺院の隣の寺に入ってしまった模様。
入場料2名30000ルピアは問題なかったのですが、サロンは2枚で200000ルピア払えとか行ってきます。はぁ~また値段交渉ですか?20万→10→5→3万まで下がってきましたが、そもそもサロンにお金払う気が無いので、「じゃあキャンセルします」と言ってサロン外したら「無料でOK」ってなりました。
で、お寺観光です。藁葺きの仏塔?カワイイですね。

このお寺の観光後、横の小さな道路を歩き隣の大きなお寺に入ったら、そこが「ウルンダヌ・バトゥール寺院」でした。自分たちは裏から入った為か入場料取られなかったです。
境内に人は居らず、世界遺産とは思えないほど静かでした。空が青い!



裏から入ったので最後に入り口の写真です。その後先ほどの借りたサロンを返しに向かうと丁度タイ人観光客が来ていたので、「サロンは無料で借りれたぞ」とタイ語で教えときました。これで世界遺産3っつ目堪能。
 
後は観光自体無いのでウブドに戻るだけなのですが、途中の道でコピ・ルアクの看板が立ち並んでいて、コピ・ルアクって興味あったんですよね。ネット的にはOKA農園とか有名?みたいですが、とりあえず飲めれば何でも良いので近くにあった「Manik Abian」に入ってみた。
試飲するまでにコーヒー豆の説明やジャコウネコの展示、カカオ豆やバニラの実、実の洗浄・焙煎とかのテンプレ見学を行い、高級う◯こを笑顔で見せて頂いた。


で、コーヒー実飲ですが、金のカップコピ・ルアク50000ルピアと試飲のセットも来ちゃった。こんなに飲めないので試飲は嫁に任せました。
で、コピ・ルアクの感想なんだけど、特に無いっす。粉ごと入ったコーヒーで飲みにくいな~位の感想です。カフェインは弱そうでサッパリしている?みたいな?
試飲のヤツも飲みましたが、まあ美味しいけど値段次第って気分です。
で、飲み終わってお土産物屋もチェックしたけど値段が高くて買う気が失せた。

ジンジャーティーとかまあ良かったけど、粉末タイプで900円近くてさ、茶葉とかなら考えたけど粉末ならリプトンレモンティーで良いかなと思いました。
 
ウブドに戻ってからバス会社横にお店で晩ご飯を食べに行ってこの日は終了。
嫁はアヒルの半身焼き食べたかった様だか価格の関係で却下したので鶏の半身焼き45000ルピアとナシチャンプル25000と水5000で75000(619円)

流石に鳥の半身は食べ応えありました。
1日でこれだけ観光するとブログも長くなりますね。読むのお疲れ様でした。
 
https://overseas.blogmura.com/emigration/←ブログ気に入って貰えたらポチッっとお願いします
 
←こちらも押して貰えたら