海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

2015年08月バリ島旅行記その4(ウブドで食べ歩き&ケッチャック鑑賞)

どーもです。今日は朝から玄関脇の道路を掃除したナリカーです。
 
2015年08月バリ島旅行記その4です。
前日にバイクで観光場所はだいたい巡ってしまったので、この日はゲストハウスでまったりタイム。
ここのゲストハウスは朝食メニューが日替わりでこの日はトマトとネギ入りのオムレツでした。正直ボリューム足りませんが、食事が有るだけマシだと思いましょう。

朝ごはんを食べ、部屋で服の洗濯などをしつつ、本日の旅行プランをネットで検索。
頭脳労働はお腹が空くので、糖分補給って事で、中庭に面したデッキ部でタイから持ってきたお菓子をポリポリします。
このマッタリした感じが、正しい旅行の醍醐味って気がします。

嫁さんは土曜日行われるケッチャックダンスショーが見たいとの事で、夜の予定はほぼ決まりましたが、昼間は特に何もせずダラダラする事となり食事の場所だけ決めてゆっくり昼寝していました。
 
で、昼前になったのでランチに向け行動開始!
ランチはガイドブックにだいたい出ている「IBU OKA」に行きます。
ネット情報だと味が落ちたとか色々書いてありましたが、探すのも面倒臭いのでここでOK。このお店の手前にもIBU OKAがあったんですが、奥の店のほうが静かそうだったのでコッチにしてみました。

お店に着いたのが11時30分でお客さんは誰一人居ませんでした。お陰で景色の一番良い席に座れました。
頼んだのはバビグリンセット?と単品バビグリンとアボガドジュースとお茶で163000ルピア(1345円)でした。
バビグリンはライステラスのお店でも食べたのですが流石にこちらのお店のほうがお肉がジューシーで美味しかったです。(値段も倍くらいしますけど・・・)


タイ人的にはここのアボガドジュースを飲むことが定番となっているようで、ちょっと味見してみましたが、少しエグ味もあり自分には合わなかったです。
食事中ににわか雨が降ったり、晴れたりで安定しませんが、竹林が風に靡いて気分は良いですね。
食事が終わる頃にはお客が結構入ってきて、私達が座る席が空くのを待っていた様なのでサクッと退席しました。

中庭には何故か白いオウムが数匹とリスが居ました。
 
ゲストハウスに戻りながら市場横の通りをぶらぶらします。ここで嫁はマグネット付きの小さい木彫を10000ルピアまで値切って1個購入しました。基本的に100円以下で買えれば許容ですね。


後、クタで最初に両替した1万円分のルピアが足りなくなってきたので追加で5000円分両替しまし、ここでのレートは114.25でした。

この両替で軍資金に余裕が出ましたね。
 
ケチャックダンスは19時からですが、少し早めに行かないといい席に座れないので18時に夕食を取りに出かけます。
お店は日本の知人にオススメされた「BiahBiah」ってお店です。
結構お客さんが入っていましたが、道路沿いの席が開いていたのでそこに座りました。通行人にガン見されますけど、ある意味特等席な感じです。

頼んだ料理は、小魚の揚げ物・焼き飯・チャンプル・水で74000ルピア(611円)



ボリューム少な目でしたけど値段考えれば妥当ですね。小魚の揚げ物が美味しくて、近くのスーパーでお土産で買っちゃいました。
本来このお店はビンタンビール飲んでまったりするのがお似合いだと思うのですがバイク運転しなきゃならんので水で我慢しました。
 
ウブドで最後のイベントとなるケチャックダンスを鑑賞します。2名150000ルピア(1238円)です。開園の40分前に行ったので一番いい席が取れましたが20分前だとほぼ満席になり端っこの席しか残っていませんでした。
日も暮れて夜空には雲の隙間から満月が顔を覗かせていい感じです。

ダンスの内容を見るとタイに伝わるダンスと内容が同じらしく、嫁に解説して貰いながら見ました。インドから伝わった宗教なので物語が同じだそうです。
予想していましたが暗さと動きの早さと炎の煙で写真は厳しかったです。


ケチャックダンスの後は、火渡りと言うか炭の蹴り飛ばしを鑑賞して終わりました。
洋服や髪の毛が煙臭くなりましたが、ケチャックとても楽しかったですね。

これにてウブド観光も無事終了でございます。お付き合い有難うございました。

 
https://overseas.blogmura.com/emigration/←ブログ気に入って貰えたらポチッっとお願いします
 
←こちらも押して貰えたら