海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

2015年08月バリ島旅行記その5(ジンバランビーチ&タイ帰国)

どーっもです。今日は朝から雨模様のピサヌローク。日本は鬼怒川が大雨で大変な事になっていますね。どれだけ被害が出たのか心配です。
 
で、2015年08月バリ島旅行記その5です。長々と書いてましたが今回で最後になります。
ウブドのゲストハウスを11時に出発し最後のお宿のクタに戻ります。
バイク移動中の嫁の装備ですが日焼け防止をメインに強盗みたいな姿に。
日差しは強かったですが風が涼しくてバイク移動は全く苦ではなかったです。
もう運転にも慣れたもんで、クタ周辺の一方通行も余裕でクリアしホテル到着。
クタのホテルは歓楽街中心にある「Tanaya Bed & Breakfast Bali」で一泊2310円です。駐車場が無くて路上駐車しようとすると5000ルピアとか言われるので、ロビーで無料駐車場無いか聞くと、少し遠いけど隣の大きなホテル横に停められると聞き、無事に止めることが出来ました。
予約上のチェックイン時間は12時でしたが、まだ部屋の準備ができていないとの事で14時まで待ってくてとの事。
しょうが無いので荷物を預けて、お昼ごはんを食べにカルフールに行きました。
お昼はカルフール内のフードコートで食べたのですが、個人的には見た目貧祖で失敗した気分です。この料理で250円くらいだったかな?写真と違って野菜が無い。
まあハズレご飯もタマには有るよね~って気を取り直してホテルに戻りチェックイン。
ホテルは一番安い部屋にしたのでシャワールーム&トイレが廊下を挟んだ別の部屋に分かれています。部屋自体はとっても綺麗で快適でGoog!ですがトイレ別って意外と面倒臭いっすね。まあ安いから良いけど。
トイレやシャワーは半屋外みたいな作りになっていて開放的で良かったですよ。
 
この日も特に予定はなく、お財布の中身を数えながら晩ご飯どうしようか?ってネット検索するとジンバランビーチでシーフードがギリギリ食べれそうな感じだったのでサンセットを眺めに夕方17時頃にジンバランビーチに出発しました。
 
道路は結構渋滞していましたがバイクだったのでスイスイ走って17:30分に目標のお店LIA CAFE」到着!ツアー客が行く綺麗なお店じゃなくて、ビーチ端にある小さなお店です。
メニューを見ると単品料理とか色々載っていましたが、自分の財布に残るルピアで最大限楽しめそうなAセット27500ルピアを注文しました。
セット内容はエビ10匹・魚0.5kg・貝8個・イカ0.5kg・ココナッツジュース・サラダ・ご飯・果物です。
ちなみに財布の中は289000ルピアしか残っていないので追加注文絶対ダメ!
ちょうどサンセット前で注文が沢山入っていた様で飲み物以外は30分近く出てこなかったです。時間に余裕を持って来ないとダメですね。
夕日(金髪のネーチャン)をゆっくり眺め、至福の時間
すっかり日が沈んだ頃にシーフード達が運ばれてきました!
暗くて写真映りが悪いですが、ボリュームはかなりのモンですね。
食べた感想としては、全部美味しかったけど特にイカが美味しかったかな。
今回は2人で頑張って食べましたが、女性なら3人でちょうど良さそうな量でした。
お会計もサービス料込だったので追加料金とか無かったです。
 
で帰国日のホテル朝食は大きなサンドイッチでした。新鮮野菜は美味しいですね。
食事場所は道路に面しているので、夜は飲み物持ち込んで人間観察とかも楽し買ったです。
で、バイク返却の9:30に合わせホテルをチェックアウトし空港に戻ります。
待ち合わせ場所に時間通りに到着して、レンタルバイクの従業員を待ちますが一向に現れる気配無し。15分待ちましたが来ないのでバイクの鍵をヘルメットの内装隙間に隠して置いてきました。時間通りに来ない情報はネットの口コミに書いてあったし、支払いもペイパルなので後腐れなくて助かります。
帰国後に相手から連絡ないので問題なかったようです。
飛行機はエアアジアで、インターネットにてWEBチェックイン及びスマホでのバーコードチケットまで済ませていたのですが、印刷した紙がないとダメとの噂も有るのでチェックインカウンターに並び、搭乗券を発券して貰いました。
試しに入管前のチェックでスマホの画面を提示したら「紙じゃなきゃダメ」と言われたので現状は印刷必須みたいです。
出国カードとか必要書類もないのでイミグレは楽ですね。
 
イミグレも終わり、カード付帯のプライオリティパスでラウンジ入ろうしたら。嫁が入り口で揉めています。前に書きましたが嫁は期限切れのカードを持ってきて入れない。さすがタイ人抜けてるね~
プライオリティパスを忘れた嫁を放置して自分だけラウンジ満喫~なんて許されないので、5分ほど飲み食いして、嫁の分をホニョホニョして寛ぎタイム終了!
無事、タイに帰って、バリ旅行記はおしまいおしまい。
 
ちなみに今回のバリ島旅行の出費は日本円で約6.8万円でした。
飛行機代やタイ国内移動も含めた割には結構安めに押さえたね。
換金した1.5万円をキッチリ使いきった所が自分なりに気に入っています。
貧乏旅行を計画中の人に参考になればと思います。
 
https://overseas.blogmura.com/emigration/←ブログ気に入って貰えたらポチッっとお願いします
 
←こちらも押して貰えたら