海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

タイの生活費(2015年タイ田舎の場合)

どーもです。
電気代ブログを書いていて「元部下のタイ人に生活費話したらドン引きされた」事が気になり、今現在のタイの世帯平均月収調べたら平均収入2.8万バーツ/支出2.2万バーツでバンコクなら収入4.8万/支出3.8万バーツでした。
彼はエリートレベルで奥さんも共働きだから10万バーツ近い収入が有ると思う。
そんな収入ある彼からすれば、今の私の生活費を聞けばドン引きもするだろうな。
 
「きっと私レベルの生活費の日本人もタイには沢山居る筈だ」と思いネット検索したらバンコクの生活費ばかりで、月6万バーツ有れば大丈夫!とか年金10万有ればOKとか雲の上の話ばかりでした。そんなお金無いんですけど・・・
 
そんな訳で、都会じゃないタイ田舎での平均的タイ人の下を逝く我が家の生活費を公開してみようと思います。
基本的な生活費って、家賃・水道光熱費・移動費・ネット・携帯代・食費・医療費・衣服・交際費等々有ると思いますが、我が家の基本的な支出はこんな感じ。
乱暴に言えば2人分の生活費は1万バーツ+αになりますね。

 
・移動費はバイクのみなのでガソリン代400バーツもあればガソリン16Lは買えて700km以上走れます。実際は300バーツも使わないかな。
水道光熱費は前回のブログを参考に1700バーツとなります。
・ネットは3BBの一番安いヤツで税込み631バーツ。
・携帯代200バーツも有れば嫁が長電話しないかぎり足りますね。
・食費6000バーツはかなり自炊&見切り品でかなり頑張っている数値です。素材はそれなりな物買っているのでしょうが無いです。
・税金等は無職なので無し。家の固定資産税は不明ですけど安いらしい。
・嫁の飲み薬とか有りますが30バーツ保険で買えるので平均100バーツかな。
・保険関係は0バーツ。大怪我以外は実費のほうが安いし、カード付帯の保険もあるし暫く要らないです。
・衣類は嫁さんの節約精神で見切り品買うので300バーツも要らないね。
・雑費も300バーツ入れたけどそんなに使わないです。
・部屋代は持ち家なので0バーツ
・交際費はボッチなので0バーツ(T_T)。酒もタバコも浮気もしない味気ない人です。
・義両親へのお小遣い5000バーツ。まあ必要経費っすね。
・更に突発の修繕費とかで500バーツ位いるかな。
そんな感じで夫婦分は1万バーツでTOTAL約1.5万バーツの生活費です。
タイ人平均より少ないので節約生活してると思います。でも日本からの持ち込み食料が有るから少し反則してますね。
生活費を低く抑えているお陰で、嫁の翻訳アルバイトだけでも黒字生活が達成できるのは年金の無い自分からすれば強みですね。
定期的でない物は年間収支の黒字部分範囲内で旅行に行ったり、ペット代捻出したりしています。
 
[備考]
・この生活レベルだと車を持つことは無理ですね。身分不相応です。
・外食(タイ料理)したいんじゃ~って場合は食費を2倍くらいに見ていけば足りるかな?借家も5000バーツあれば足りるね。
・お子さんがいる場合とかだと教育費がドーンと必要そうですが子供居ないので見当つかないですね。
・お酒・夜遊び関連は個人差が有るので何とも言えないです。
バンコクだと食費が増えそうな気もしますが、人件費・店舗料が高いから外食は1.5倍程高いですが、自炊中心で大型スーパーで買えば田舎と価格差無いんですよね。
・パートナーが節約に慣れた人でないとスグに財政破綻します。
・急な出費対応に5万バーツ位は予備予算の準備しましょう。いつでも緊急帰国できる様に。
 
実際には日本のクレジットカード年会費や携帯電話維持費もあるので日本分の生活費が有るのですがそれは無視して書いています。
 
そんな訳で、タイ田舎で節約した場合の生活費は最低1.5万バーツって事でファイナルアンサー?夢の海外移住は出来ないけど、リアルな現地生活は出来ます。
1ヶ月の生活費が日本円で4.5万円なら年金10万円あれば半分以上貯金に廻せるよ。
 
このブログを真に受けて「お金足りなくなった!」とか文句言わないで下さいね。
このブログはフィクションですから
 
https://overseas.blogmura.com/emigration/←ブログ気に入って貰えたらポチッっとお願いします
 
←こちらも押して貰えたら