海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

ノーンカーイ旅行②親戚のリゾート「Baan Pak Rim Khong Resort」

どーもです。
ノーンカーイ旅行②は親戚のリゾート「Baan Pak Rim Khong Resort」を紹介します。
親戚にお願いして英語表記も入れたのですが、英語だと検索ヒットしません
フェイスブック内なら英語検索OKでした。
で、親戚のリゾートですが、スコータイのリゾートと比べれば規模は小さいですね。
コテージが現在7棟建って居て、建材はチーク材でした。警察の方からホニャホニャして安く買ったらしいです。
部屋の中はこんな感じです。
エアコン・テレビ・冷蔵庫・フリーWIFI・ポット・コーヒー・ホットシャワー・タオル・石鹸など備品はOKでした。
特に家庭用の大きな冷蔵庫は嬉しかったですね。
部屋はかなり広くて、洗面所の前はウォークインクローゼットになっています。
トイレやシャワーはまあ普通ですね~湯温は低めでした。
自分は1号棟に泊まったのですがネガ的な話をすると、
①フリーWIFIが弱い
②水ポンプが横にあり、夜うるさい
③目の前がメコン川なので蚊が凄い(-_-)
です。もし泊まることがあるのでしたら、1号棟は避けるのと蚊の対策は必須と思います。
まあネガ的なことを書きはしましたが、1泊600バーツの割には部屋の大きさ・設備は良いと思いました。
予約はフェイスブックでメッセージ送れば英語でも可能です。
タイ人は前金必要ですけど、外国人なら無くても大丈夫かもです。
必要ならフォローしますので、是非泊まりに行って下さいね
 
リゾートに朝食無しの為、川沿いを歩きつつ村の中心部の市場に向かいます。
目の前はメコン川の遊歩道となっていて、多くの人が散歩していました。
途中でおばちゃん達が草を天日干ししていて何かと思ったら「煙草の葉」でした。
この村の川沿いは煙草の生産が盛んとの事です。
朝食はカオチー・カオニャオ・ヌアトード・生春巻き・カノンジョーック?を食べましたが写真の「カノンジョーック?」が一番美味しかったです。
1個5バーツで何かの芋をカラッと揚げた食べ物です。ハッシュドポテトに似ていて熱々サクサクで美味しかったな~
ピサヌロークでは見た事のない料理でした。

 
以上、リゾートはこんな感じでした。
 
https://overseas.blogmura.com/emigration/←ブログ気に入って貰えたらポチッっとお願いします
 
←こちらも押して貰えたら