海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

チェンマイ旅行2日目

どーもです。昨日の夕方にピサヌロークに帰ってきたナリカーです。
行きは4時間半で帰りは26時間も掛かりましたよ。
自宅の居心地良さを再確認した旅になりましたね。
 
で、チェンマイ旅行2日目ですね。
チェンマイ旅行も6回目?位になるので有名な観光地は行かずに、市内周辺をチョコチョコっと巡ります。
まずは空港近くにある洞窟寺「ワット・ウモーン」に行きました。
ゲストハウスから車で25分くらいですかね。
洞窟と言うよりは地下道って感じですけど、タイ人にはそんな事言えないので「洞窟凄いね~
」って言いましょうね。
洞窟内は土足厳禁なので靴を脱いで入りましょう。
洞窟内はこんな感じです。縦坑が3本が横1本で繋がっている感じですね。
観光自体はゆっくり見て20分位でしょうか?中は涼しいのが良い所と思います。
次はワット・ウモーン近くのオシャレゾーン「Baan Kang Wat」に行きます。
朝の10時まで朝市?が行われているみたいですが到着は10時半でした。
でもお店はまだやってましたね。
自家製のパンとかオシャレピザとかコーヒーとか売られていましたが、この観光の後にカフェ行きが決まっている私たちは買い物は無しで見学だけです。
入り口の朝市ゾーンの奥はお店になっていてカフェが数軒やっていました。
ピサヌロークなら一目置かれそうなオシャレゾーンですが、オシャレ飽和地区のチェンマイだと大変そうだな~なんて思いましたね。
で、朝市を後にして、今日のカフェ「Mao COFEE」に向かいました。
ここのお店は名前の由来通りの「アルコール入りカフェ」が有名なんですね。
自分はお酒飲まないのでアルコールに興味無いのですが嫁が行きたいんですね。
郊外のお店だけあって庭が広くて気持ちが良いです。
お店で飲むときは自分で作るスタイルとなっています。室内はエアコンで涼しいですが折角のお庭なのでお外で頂きました。
左はMaoチョコレート80バーツで右がMao COFEE(アルコール入り)90バーツ。
ここはタイだからアルコールの件はユルユルッス。いや何でも無いっス。
値段的には高めですけど、かなりの量があって味もいい感じです。
折角なので嫁さんに作って頂きましたけど、これだけでも楽しいみたい。
Mao COFEEも良いけど、嫁が頼んだMaoチョコレートは美味しかったですね。
何故かコーヒー飲んでから、少し頭が痛くなってきました
が気のせいでしょう。
 
昼食はニマンヘミン通りSoi13に有る「Tong Tem Toh 」に行きます。
SOIの道路が一方通行になっていて走り難くなってました。初心者殺しですね。
中国人2人乗りのバイクが一方通行無視でガンガン走って居て怖いです。
お店はSOIから100mも歩かずに着きますが、目立つような看板は見当たらず。
この御店もチェンマイ旅行旅行時は必ず寄るお店です。
今回頼んだ料理は、オードブル187バーツ、怪しいキノコ(ヘット トープ)のレッドカレー113バーツ・水10バーツ・氷10バーツ・カオニャオ2個30バーツの計350バーツ。
こちらがオードブルです。まあチェンマイの食べ物セットって感じでしょうか?
ヒルの卵とかネームとかですが、真ん中のナームプリック(つけダレ)が旨い!
色々な味が楽しめて結構いい感じのオードブルでした。
あと嫁が大好きでな高級あやしいキノコのレッドカレーはこんな感じ。
タイ語だと「ヘット・トープ」と言うらしいが正式名称はわかりません。
この季節にしか採れなくて貴重品なんですってよ。
食べた感じは外側がコリコリしていて、噛むと中からいい香りがホワ~んとします。
椎茸とかも良い香りしますが、それとはまた別な香りなんですよ。
もしメニューに有れば辛さ控えめにしてチャレンジしてみて下さい。美味しいですよ。
その後は「MAYA Chiang Mai」に寄ってデパート見学後、ゲストハウスに帰宅。
今回はゲストハウス前の駐車場(1日40バーツ)に止めれてラッキーね。
 
夜は嫁さんだけサンデーナイトマーケットに行って貰い自分は部屋でゴロゴロします。22時半に嫁が帰ってきてお土産でカイ・モッデーンの卵焼きを頂きました。
初めてカイ・モッデーン食べましたけど、プチプチして味はないのね。
嫁は私がリアクション無く普通に食べるのでちょっと残念がっていました。
チェンマイ旅行2日目はこんな内容です。
※行った場所の地図載せときます
 
https://overseas.blogmura.com/emigration/←ブログ気に入って貰えたらポチッっとお願いします
 
←こちらも押して貰えたら