海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

嫁、叔父のコンドの鍵を忘れる&空港間の無料シャトルバスに乗る。

どーもー。バンコクからナリカーです。
今日の移動も嫁さんがやらかして、いきなりホテル宿泊となっております。
しかし、そのお陰でドンムアン~スワンナプーム空港間の無料シャトルバスにも乗れたのでブログUP致します。
 
んで、時は遡りピサヌローク空港8時出発のNokAirに乗ってバンコクを目指します。座席はほぼ満席な状態でした。
飛行機の機材が新しいタイプで読み物関連がシート上部に移動していて膝周りのスペースが広くなって快適ですね。
たった40分の空の旅なので途中で出る菓子パンをもぐもぐしていたら、ドンムアン空港に到着です。
で、預け荷物を受け取りタクシー捕まえに外に行こうとしたら嫁から悲しいお知らせ「叔父のコンドの鍵持って来なかったかも・・・」が発表されました
嫁の荷物の中を探してみましたが、入れた記憶のない物があるのはある意味ホラーなので無くて当然ですね・・・
そんな訳で宿泊場所の確保もしなければなりません。
まあ明日の飛行機は朝6時発なので空港到着3:30なのでスワンナプーム空港近くで空港送迎付きのホテルを物色し、トンタリゾート774バーツ(朝食無し・空港送迎あり)をAgodaで予約。
で即電話して予約の再確認と空港送迎の有無を念押ししてOKでした。
これでお宿は決まったので次はスワンナプーム空港までの移動方法ですね。
一番簡単な移動方法はタクシーに乗る事なんですが、ホテル代を出費してしまったので安い方法で空港まで行きたいのですよ。
次点としては、BTS駅までのA1シャトルバス→電車で空港ってパターンで嫁はこれで行く気マンマンです。
でももっとよく考えると空港間の乗り継ぎ専用の無料シャトルバスが有るじゃないですか!
乗り継ぎが当日じゃなくても乗車可能か分かりませんでしたが、とりあえず24時間以内なら行けるんじゃね?って感じでバス乗り場に行ってみました。
バス乗り場は国際線ターミナルの6番出口の外にありました。AOTって所ね。
私たちは紙のチケットも持っていないのでスマホでWebチェックインしたスクリーンショットで挑戦です。
嫁の方は名前とか聞かれていましたけど、私の場合はパスポートチェックとかも特になく乗車OKの証(星型のスタンプ)。を手の甲に押して貰えました。
何日後までのチケットなら乗れるのか、Webチェックインが必要なのか良く分かりませんが次の日の飛行機チケットでも乗れたって事を報告致します。
シャトルバスの本数は混雑期は12分毎で最低でも30分に1本はバスが来るみたいです。10分ほどバスを待ち、無事に乗車できました。
バスの前方はほぼ荷物置き場で中央後部がシートになっていました。
見た感じシート数は25くらいですね。
ドンムアン空港から高速道路に乗って約1時間程でスワンナプーム空港に到着できました。渋滞すると2時間かかる場合もあるので、搭乗時間に余裕が必要ですね。まあタクシーの場合も同じですけど。
 
スワンナプーム空港には11:30に到着したので、1Fフードコートで昼食です。
1食50バーツなのでバンコクの街中のお店の価格と変わらないですね。
その代わり味も普通でした。
食事の後は到着フロアの4番ゲートに移動し、ホテルからのシャトルバスを待ちます。しかし担当者が何処にも見当たらないので、ホテルに電話し、運転手の電話番号を教えて貰って直接連絡したら「あと2分で到着するので外の通路で待っていて」
との事でした。
タイ人の2分は10分だろ~と思っていたのですが、本当に2分でシャトルバスが到着してビックリ!
13時にホテルに無事チェックインできました。
お部屋は思ったより清潔で無料WIFIもあってかなり快適。
ホテル代が余分にかかりましたが、叔父のコンド&空港までのタクシー代が浮いたので足し引き300バーツの出費って感じでした。
次回のタイ帰国時もこの無料シャトルバスを有効活用してみたいと思います。
 
https://overseas.blogmura.com/emigration/←ブログ気に入って貰えたらポチッっとお願いします
 
←こちらも押して貰えたら