海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

LEDライトの寿命(中華VSタイ)

どーもです~
今日はHome Proでお買い物したナリカーです。
何を買ってきたのかというと、屋根の補修材とLEDランプですよ。
屋根の補修材は雨漏りの件で、雨漏りしていない他の家も不具合チェックしたら瓦の破損やズレが結構見つかって補修したとの話を受け、修理中の作業員に我が家の屋根もチェックして貰ったら同じように瓦の割れとズレが有りました。
そんな訳で補修用の防水シールと隙間埋めのシリコンを購入。
割れた瓦は別の作業場から持ってくるので施主は用意しなくて良いそうです。
こんなテープ2個買いましたが足りるのかな?
あと、50Wハロゲン球からLEDに交換したライト類が早くも壊れています。
最初に買ったタイ製?の12V用LEDライトは2年半前に5個購入し1個死亡。
こちらは夜間常用するライトに使っていました。
 
その後、「Ali Express」で購入した220V用LEDライトは1年前に5個購入し4個死亡。
こちらはトイレ等の短時間使用のライトなので使用時間はかなり短いですね。
当時の価格からすると中華製がタイの1/3程度と安かったのですが、寿命を考えると中華製じゃなくても良いかな~って気にもなりますね。
まあ220Vと12Vで内部負荷が違うのかもしれませんが、カタログスペック上は同じなので中華製品質はお察しって事ですね。
右が中華220V3Wで左がタイ製?12V5.5Wです。
で、Home PROで220V用のLEDライトをチェックすると4Wで149バーツの奴を発見。
今回はコレ1個買って、家で取り付けしましたが、中華3Wと比較すると倍以上明るく感じますね。
 
値段的には中華の2倍ですが寿命が2倍以上有ればタイで購入も有りと思います。
タイ小売でのLED価格が結構下がってきたのでお求めやすくなりましたね。
今回買ったLEDが2年以上持つことを祈ります。
 
https://overseas.blogmura.com/emigration/←ブログ気に入って貰えたらポチッっとお願いします
 
←こちらも押して貰えたら