海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

【分解検証】D2オリジナル リチウム充電式クリーナーをバラす

どもです~。昨日の夜は雨降りだったピサヌロークからナリカーです。
翻訳業務は今日もサボり中で、先日壊れた掃除機を分解チェック致しました。
 
先日ファン周辺が逝ってしまった「D2オリジナル リチウム充電式クリーナー」ですが、壊れた部分をしっかりチェックしないと修理可能かわからないので、HomeProにて軸の細いドライバーを購入。先端マグネットで良い奴買いました49バーツ。
ドライバーの軸太さ4~5mmじゃないとネジまで届く前に樹脂に阻まれてダメ。
このドライバーで本体にあるネジを全て外せば簡単に半割りできました。
モーター側に埃が少し入っていますが、思ったより綺麗ですね。
電装部品は全てはめ込みで接着とか無いので、配線に気をつけて外していけば分解は余裕です。
で、壊れたファン部分とご対面。うーん綺麗にぶっ壊れています。
ファンの裏側を見ると「PC」の刻印が有ったので材料はポリカーボネートみたい。
ポリカは強い材質だけどなんで爆散したんでしょうね~
とりあえずクリーナー本体は水洗いして乾燥させて、モーターに残ったファン軸を外さないとダメなんですけど、圧入部品なので軽く叩いた程度ではビクともしません。
むりやりこじるとモーター軸が曲がって全て廃却のパターンもあるので、ここで諦めるのも悪くない手ですがちょっと頑張ってみます。
 
部品は真鍮?みたいなので棒ヤスリでシコシコ削り緊縛力を減らせば抜けるはず。
10分位削って手でひっぱたらポロッと取れました~^^
他に問題が有るか分からないので、パーツを再組みして作動チェックしましょう。
洗って綺麗になった本体にパーツを嵌めて行けば完成!
バッテリー挿してスイッチオンでモーターは異音もなく回りました。
回転中のモーター軸もよく見ましたが、肉眼ではブレは感じられませんでした。
これで、補修部品のファンを買えば復活の可能性が見えてきましたが、部品の圧入が無事に出来るかは未知数ですね~。
自分はベアリングの圧入作業の経験有るので、固定治具無しのハンマリング圧入だと悲しい結果になる事が多いです。
まあ、ダメなら本体購入って事で日本帰国時にチャレンジしてみたいと思います。
 
 
↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。