海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

嫁氏、トンシア治ってなかった。そしてバスチケットも買えず。

どもで~す。今日も朝チャリしたピサヌロークからナリカーだよ☆
今回もGPSが途中で死んだので50分で距離20km/hくらいです。体力的にはもっと走りれたんだけど、雨雲が迫ってきたので急いで帰り自転車仕舞ったらポツポツ雨が降ってきました。そんな感じで午前中ははっきりしない天気でしたね。
で、嫁氏の方ですが今日もトンシア状態で、薬を飲むことにしたみたいです。既に辛い成分は抜けている筈なので真の原因は不衛生だったみたいね。出す物出して薬飲んだら普通に動けるけど、明日のバスは6時間掛かるので大丈夫かな?
 
午後から明日のバスチケットを購入すべく、バスターミナル2のナコンチャイエア窓口まで行ったけれど、席は空いてるけど2列横並びで予約できない状態で予約しないで帰ってきました。
理由は不明だけど、ピサヌロークからだと途中乗車(チェンマイ=ラヨーン線)になり、他の乗車地点の予約可能分がロックされているみたい。窓口の女性は「夕方になったら変化あるかもよ?」とか無責任なアドバイスしてくれますが、別に明日の乗車前にチケット買っても良いし、別のバス会社も多くあるのでマイペンライっす。
明日の内にチェンマイに着けば良いだけなのでお気楽ですね。

最後は猫だよ。最近我が村まで遠征して来る「てくび子」君。顔を覚えられている様で爆鳴きで「ご飯クレー」って寄ってきます。今は亡きペンダントさん系ですね。
どこまでも一緒に付いてくるので、そのまま猫生産工場(家)まで送り届けてあげました。「てくび子」の次の世代の子猫も大きくなったね。更にこの次の世代も居るらしい。サリッドさんはマジ子沢山だね。
更に村に遊びに来た高級そうな猫。妊娠中かと思うほどお腹大きいけど、去勢されたオス猫でした。多分隣の金持ち村から遊びに来たみたい。短毛のスポット柄だけど綺麗に手入れされていて高級感がありました。首輪の鈴も似合ってるね。
この子は人懐っこい村の住人さんに飼われている猫「フーフー」さん。激しい頭突きが愛情表現の去勢済み男子っす。レトリバーのパオプイ君の片目を奪った経歴あり。何時出会ってもシャンプーされたサラサラヘアーでウットリです。
我家の猫はいつも通りです。プルさんのあ尻の怪我もかなり小さくなってもう大丈夫。明日からは義両親に世話して貰うのでプルさんは基本外生活かな?
ココロも特に何もなし。基本外に出さないので窓辺で外を見る姿は知っていても近所の人はココロの名前を知らないらしく「BLACKさん」と呼ばれていました。なんかココロよりカッコよくて改名したほうが良いかもねって感じです。
明日は5時前に出発します!
 
https://overseas.blogmura.com/emigration/ranking.html ←ブログ気に入って貰えたらポチッっとお願いします