海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

タイ人、日本旅行中にスマホを無くして交番に行く。

どもです~。今日も朝チャリしたピサヌロークからナリカーです。
最近は7時でも日差しが強く感じるので日焼しそうです。
で、昨日は日本旅行中の嫁友人(薬剤師6人)からLINE助けてコールが入ったので対応。どんな内容かと聞くと「駅のトイレでiPhone7を忘れて、駅長に聞いたけど見つからない。近くの警察署を教えて欲しい。」って内容でした。
今どの駅にいるの?と聞くと「熊谷」との事なので熊谷駅周辺の交番を検索。
どうやら駅構内にあるみたい。下の写真をそのまま送って交番「KOBAN」を探せと伝えると、10分後に再度LINE通話が来た。
交番に無事にたどり着いたけど、紛失届のやり取りで言葉(英語)が通じなくて困ってるみたい。英語話せるタイ人って簡単な英語を使ってコミュニケーション取らないから英語に拙い警察官に通じないんだよね。日本人(俺氏)は一度通じないと分かるとその時点で英語を理解しようとする耳がシャットダウンするからね。
そんな訳で、対応中の警察官に代わって貰い、日本語で必要項目を聞いて嫁経由で情報収集。
・落とした場所と時間/紛失を気づいた時間
・氏名/年齢/住所/電話番号
スマホの機種/外観の色/特徴(カバーの色)/ロック画面の特徴等々・・・
で、警察官に情報を伝えた所、紛失物発見時の連絡先が外国だと困る的な話になり、しょうが無いので我家の実家の連絡先を教えました。
で、5分後に連絡が入り無事にiPhoneは見つかったそうです(既に交番に届けられていたみたい)。で次は紛失物の受領届に記入が必要になり、それも対応。無事にスマホが帰ってきて日本の株があがって良かったね。
あと日本の警察は紛失物管理がしっかりしている分だけ、書類関係が細かくて外人には難しいね。まあ書類難しくてもタイ警察の100倍は良いよ。言葉使いも丁寧でタイ人はとても感謝していました。
 
で、一件落着っと思ったら1時間後に再度LINEが来て「スマホ無くした人が同じ駅の同じトイレでジャパン・レール・パスを無くして駅から出れない」と来ました。え~って感じですがサクッとネット検索して再発行できないよ。と伝えて終わりにしました。結局、次の日に駅長に紛失物聞いたら無事に発見されたそうです。
忘れ物した事によるパニック→発見して安堵→気が緩んで紛失のサイクルなんでしょうかね。今回の件で旅行中の雰囲気が悪くならないと良いですが、タイ人ならマイペンライかな。
旅行中の物忘れは注意しましょうね。

https://overseas.blogmura.com/emigration/ranking.html ←ブログ気に入って貰えたらポチッっとお願いします