海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

【自転車ブログ】折り畳みペダル「MKS(三ヶ島) FD-5」のレビュー

どもども~。今日は曇り空で涼しい陽気のピサヌロークからナリカーでっす。
昨日は雨が降らずに路面が乾いたので朝チャリ実施。軍人公園にある宿泊施設は廃棄した飛行機「GAF ノーマッドを再利用。今回は鍵が開いていたので中を覗いて見ましたけど、営業してる感じはないですね。でもこの公園の工事業者が宿泊しているのを見た事は有るので、エアコン有るし掃除すれば泊まれるかな?

今日は走行距離26.82km、平均速度26.18km/hでした。結構頑張ったね。

で、今日は自転車ブログって事で、DAHON Boardwalk D7に取り付けた折り畳みペダル「MKS(三ヶ島) FD-5」のレビューでもします。ブログの趣旨(タイ生活)と全く関係ないけどタイ生活の方は変化が何もなく書くことが無いんじゃよ。
んで、「MKS(三ヶ島) FD-5」なんだけど送料込みの購入価格が1000円って激安だけあって使い勝手はイマイチかな?ペダルの回転自体は同価格帯の折り畳みペダル比較で悪くないと思うけど、折り畳みの手順がちょっと面倒臭い。
普通の折り畳みペダルは裏表なくどちらからでも折り畳めるけど、このペダルは写真の金具が有る方にしか畳めないので、畳む前にペダルの方向を治す必要があります。
そしてレバーを上にぐいっと持ち上げ踏面のロックが外れたら踏面を外側に引っ張ります。慣れてくれば写真の様に片手で出来ますが意外とロック解除が重く力が入ります。
そして外側に引っ張り出した踏面を上側に折り畳めば終了!これも下側には畳めない構造みたいです。
ペダルを漕ぐ状態に戻す時はロック機構を操作すること無くペダルを元の状態に戻せばOKなのですが、何故か踏面が斜めの状態でもロックが掛かってしまい、戻すのが面倒臭い場合もあります。
購入価格が送料込みで1000円なので特に文句は無いですが、定価で買ってこの程度だとちょっと苛つくかなっ~。それならお金を少し足して評判の良い「MKS(三ヶ島) FD-7」に行くのが正解だと思いますね。
でも毎回折り畳んで家の中に仕舞う環境だと、当たっても痛くない樹脂ペダルは悪くないし、暫く乗って耐久性が有るか確認してみたいと思います。
 
↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。