海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

嫁氏、ホアヒン堪能中→バンコクに戻る。

どもどもでっす。ピサヌロークからナリカーだよ~。
今日も朝チャリしたけど、昨日の疲れが残ってるのでナーレスワン大学にお邪魔してゆっくりポタリング。嫁氏の出身大学っす。ナレースワン大学(ナレスワンが正解?)は2018年のタイ国内大学ランキングで10位!(去年は18位くらいだった筈)なので人気出てきてるのかな?
 

大きな大学病院や不思議な建物もあり、前回のラチャパット大学より生徒数も規模も大きいですね(あと建物にお金が掛かってる感じ)
大学構内は広いので有料の巡回バスが走っているけれど、当時貧乏だった嫁氏は熱い中をてくてく歩いて講義の有る建屋や外のバス乗り場まで移動したと貧乏自慢します。
家から大学までの往復バス代&昼食代含めて1日50バーツの小遣いで昼食はムーピン1本&カオニャオ(当時12バーツ)しか買えず、腹の足しに無料の水を沢山飲んで裕福な友人に不思議顔されたと申します。嫁氏は苦学生だったんだね。俺氏は高卒就職組だけどな。
大学内の道路は綺麗だけど、スピード抑制の凸凹が設置されてるから自転車には不向きでした。

本題の前の話が長くなったけど、ホアヒン旅行の嫁氏のLINE写真から嫁氏を脳内ストーキングするよ。
旅行2日目の朝は海岸まで歩いてカニと戯れる。
多分10時のおやつ?と思ったら朝ごはんらしい。シェイクが75バーツ、パンケーキ?160バーツ。
その後、ソンテウ10バーツに乗り駅まで移動しホアヒン駅を見学。オシャレな感じでピサヌローク駅と違うな!
何処かの観光地でアイスを食べて、
夜はシーフード・チムチュム!160バーツ。ドリンク2個60バーツとグン・オップ・ウンセン??バーツでとても美味しかったらしい。
3日目の朝食。オムレツ的な料理89バーツ。中のご飯はケチャップライスを想像したけど普通の白米だったみたい。でも美味しかったとの事。
ホテルに戻りチェックアウトし、柴犬を堪能できるお店で昼食?かなり柴犬まみれになれるらしく、犬好きの嫁氏友人はメロメロになっていたそうです。
そしてホアヒン旅行も終わりの時が来て、帰りはホテル近くのミニバン乗り場でミニバンで帰宅。180バーツ。ミニバンは座るシートによっては凄く狭かったりするので大変な時もあるみたい。道中の休憩は1回だけなのでトイレにも気を使うね。
エカマイのバスターミナルに到着し、ゲートウェイ・エカマイで晩ごはん。ヤムグルミット60バーツ&ご飯15バーツ、ラーメン60バーツ。やっぱバンコク物価高い!
タイに上陸した「シャトレーゼ」を見学し値段をチェック!ダイソーと同じ感じで日本の2倍くらいのプライス?でも生ものって事を考えると価格的に頑張ってるとは思います。でも買えないね。。。
最後は9バーツのバスに乗って友人宅に帰宅。お疲れ様でした~。
嫁氏は本日、義妹の家に移動し12日までバンコクを堪能予定です。
 
 
 
↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします