海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

親戚の結婚パーティ用の食事を味見する。

どもでっす。今日も昼間は暑めのピサヌロークからナリカーでっす。
昨日の晩御飯は奢りで美味しい食事をたくさん頂いたので、帳尻合わせの朝チャリ実施。ボードウォークでゆっくり目の走行距離27.34km、平均時速25.03km/hです。
無料のスマホアプリだからしょうがないけど、消費カロリーが運動時間にだけ比例してる感じで頑張り甲斐がない。走行距離が29kmと25kmでも走行時間が同じなら消費カロリーの差がないってどういう事よ。絶対29km走ったほうがカロリー減るでしょ。
まあ文句あるなら活動計とか買えって事だけど、そんな金はない!(有るけど無い)

で、奢りで食事を頂いたって話なんですけど、今回も農業おばさんからのお誘い。
今月中旬に娘さんが結婚式を挙げるのだけれど、結婚パーティ用の食事の試食が有るから一緒に食べてレビューしてって話でした。
嫁氏はタイで言う「ワニの舌(貧乏舌※何食べても美味しい人)」なので、食事の評価はできないけれど残さず食べることには定評があります。
食事場所は「ワンチャン リバービュー Wangchan Riverview」で御座います。三ツ星ホテルですが、築年数が新し目でまだ綺麗ですね。結婚パーティはこのホテルで行われ500人規模の予定です。
今回は試食&メニュー決定との事で料理8品目選ぶ事が目的です。因みに料理は1席10人分で5500バーツ。食事だけで500人分=275000バーツですね。俺からすれば超高~ですが、3000人分の結婚式に比べればかなり庶民的ですね。
でも嫁氏の話だと、農業おばさん家は無借金で借金のカタで貰った土地の権利書が山のように積まれているとの事なので実質一番のお金持ちかも知れません。
で、試食タイム開始。最初はシーフードの蒸し料理が出てきました。前菜的な感じかな?味は付いていないので特にすごく美味しいという感じでも無かったです。その次は農業おばさんの要望で追加料金で頼んだ「フカヒレスープ」です。味もフカヒレの大きさも十分でしたが、スープのトロミが足りない感じでそこだけ改善みたいです。
次は味の濃い肉料理でアヒル肉の蜂蜜焼きだったかな?下に敷いてあるサクサクの春雨?含めてとても美味しい!!その次はシーフード料理でこれもとても美味しいです!クリーム色の細長い貝?は「海のたけのこ」と呼んでましたけど何でしょう?味はアワビとかに似てたかな~。
次は香港スープって名前だけど、揚げた卵豆腐にベジタブル野菜が入ってるだけです。これ香港に失礼だろって思ったら、後から来たシェフが「これに蟹の身入れます」とか言ってました。とりあえずこれは落選かな?
そして次は魚料理。バラマンディーVSカスリハタです。
バラマンディーは香味野菜と蒸した(煮た)感じでカスリハタはカリッと揚げて甘辛いソースで味付け。どっちも美味しかったですが、バラマンディーは平凡って事でカスリハタに軍配が上がりました。
後は無難なカオパットタレー。やっぱりご飯物は無いとダメだよね。
そしてデザートの銀杏のシロップ漬け。このデザートはハズレかな。銀杏に少し苦味が残ってるし、味と色味も単調で楽しくなさそう。個人的にはフルーツ盛りで良いじゃんって思ったけど、タイ人的にはフルーツ盛り=安物デザートって感じらしい。
全品目を食べて、真面目に評価を記入している娘さん。自分の結婚式だから気合も入るよね。デザートは別のものに変更したみたいです。
そしてシェフとの調整なんだけど、このシェフがタイ人らしくてちょっと楽しかった。
「最初の蒸し料理は予定より5分長く蒸しちゃったから柔らかくなっちゃった。食材は全部makroで売ってるものをそのまま使ってる」とかぶっちゃけ過ぎるやろ!
日本人的にはもうちょっとウソでも食材に拘る姿勢が欲しかったとか思っちゃうね。
まあそんな訳でとりあえずメニューも決まって良かったねって事でした。

帰りは駅市場に寄って、おかず購入。1食25バーツのカオニャオ弁当とかで我家は十分だなぁ。
 
 
 
↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします