海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

ENG不調のCLICK125i君が復活した?

どもでっす。今日も涼しい朝を迎えたピサヌロークからナリカーでっす。
今週末に行われる農業おばさんの娘さんの結婚パーティに向け、伸びた髪を切りに行こうとENG不調のCLICK125iで出掛けたら、家から2km程の所でENGが停止(T_T)
日陰に移動してセルやキックで復活を試みるも、何か圧縮が足りない感じ?
セルはスルスル回って、キックが重くなる所が感じられないからバルブにカーボンが噛んだのかも知れません。
とりあえず復活を諦め嫁氏に助けてコールをして、PCXで迎えに来てもらいました。
このままバイクを置いていっても後で困るので、俺氏がPCXに乗り、足で嫁が乗ったCLICK125iのマフラーを押す「タイ式バイク牽引」で家に帰ります。
流石に危なくて写真は取れませんでしたが、タイに住んでいる人なら分かるよね?
タイ人は余裕でやってるけど、結構難しかったよ。
で、家に戻ってCLICK125i君の修理です。前々から不調で何度も修理したけど直らなかったから半分あきらめ状態だけど、俺氏暇なので頑張ります。
シートとカバーの一部を外し、カーボン噛み込みに効果ありそうな、キャブクリーナーをインジェクター取り付け穴とプラグ穴からてんこ盛り噴射して超キックします。
更にバッテリーに充電器から14v入力してセルもパワーアップさせてカーボン取れろ~って頑張りました。結果としては修理前より圧縮が戻ってきた感じで効果は有った模様ですが、プラグとインジェクター戻して再始動させるも、ENG回りません。。。
うわ~ん(泣)もうダメや~!!って現実逃避して、突然菓子パンを焼く俺氏。そして水分量を間違えたみたいで若干失敗パンが完成。。。。あぁぁ
で、バラした状態で放置したバイクでも片付けようかと思い、圧縮戻ってるのに何でダメなのかなーと考え、初心に戻って燃料系(インジェクター)と点火系(プラグ)を再確認。そしたらプラブも不調みたいで火花が飛んでるようには見えないですね。
今のプラグは2015年10月にイリジウムに交換したんだけれど、低寿命だったね。
予備パーツにPCX150のメンテ用で買ったイリジウムプラグ[CPR7EAIX-9]が有ったので、CLICK125i君にぶっ込んでみた。適合部品か確認してないけど、PCXとCLICK125iは同系列のENGだから大丈夫と思われます。
で、結果から言えばCLICK125i君完全復活です!?
あれだけ不調だった低温始動性も多分直ってる感じですね。これは今までの不調はフラグが主原因だった可能性もありますよ。今回のカーボン噛みも気のせいでプラグ交換だけで直った可能性もかなり高いかも。。。。
 
まあ、素人修理だから遠回りは普通ってことで、本当に直ったのか暫く様子見ですね。とりあえず動くようになって良かった良かった(^^)
 
 
 
↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします