海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

お土産用?の菓子パンを焼く。

どもです。朝は曇り空で涼しくなるかと思われたピサヌロークですが今は暑いですね~のナリカーです。
今日は朝から菓子パン作り。何があるって訳ではないけれど、そろそろコンケーン方面に行くかもしれないので、お土産代わりの「シナモンロール」です。
 
お土産渡す本人は見てないと思うから自白するけど、卵も牛乳も切らしていていつもより軽めのパン生地になってます。その分シナモンシュガー多めで作ったよ。
いつもはフィリングとして、くるみ、ダークチョコ、ラムレーズン入れてたけど、焼く時にダークチョコが溶けて扱いにくいので抜いてみた。
伸ばしたパン生地にフィリングを均等に入れ、クルクルして10等分します。
二次発酵中にラムレーズンが飛び出してくるので、串で奥に押し込みましょう。表に出てると焼いた時に黒焦げになって美味しくないのです。
で、焼く寸前に「ドリュール(艶出し)」の溶き卵か牛乳を塗る必要があるんだけれど、どっちもない。そこで俺氏は冷蔵庫から練乳を取り出し水で薄めて代用牛乳として塗ってみた。タイの練乳は練乳風に風味付けされた油と砂糖ですが森永の練乳は生乳としょ糖なので行けるっしょ!?
で、結果としては程々に艶がでて、材料無い中で作った割には良い出来栄え。
嫁氏に味見させたら「このパンちょー美味しい、カフェのパンレベルだよლ(´ڡ`ლ)」との事で、材料が足りない割には上手くで来ました。
でもいつそっち方面に行けるか予定は未定なので、ラップ&ジップロックして冷凍庫で保存します。これで2週間~1ヶ月位は傷まずに食べられるみたいだけど、日が開くようなら作り直しだね。
 
 
 
↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします