海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

中国灯篭祭り?で忍耐力を鍛える。

どもです。今日も暑そうな予感のピサヌロークからナリカーですね。
最近チャリンコの走行距離が30km以下なので、今日はラチャパット大学まで行って多めにギッコギコ致しました。走行距離40.14km、平均速度27.47km/hです。
朝チャリ中に気になった事と言えば、郊外に有る水色のATM前で椅子に座ってATMを眺めてる人が居ます。次の水色のATM前にも数人が何かを待っているようで、嫁に聞くと貧乏カードでお金を下ろす人だそうです。
有名人の出待ちじゃなくて、ATMの出待ちってあるんだね。

で、人気のないチャリの話はココまでで、本題は昨晩のイベントの事です。
いまピサヌロークの道路沿いには選挙ポスターと共にこの様な中国式の灯籠?提灯?祭りの案内が並んでいます。毎年やってるイベントみたいですが今回は有名歌手が来て大規模イベントになってるらしいです。
特に用事も無い我が家は暇つぶしでバイク2ケツで夕方のイベント会場に向かいますが市内に入ると大渋滞でメインの通りは通行止めになってました。近くにバイクを止め警察官に話を聞くと「今日のオープニングに王族が来るから通行止めだよ」との事でイベント会場は関係者以外立ち入り禁止。
会場周辺の道路沿いは王族を一目見ようと多くの市民が座って待っています。
警察の話だと後30分で来るとの事なので、色気を出して見てみようと思ったのが運の尽き。ココは時間の経過が先進国でないタイランド蕎麦屋の出前ではないですが今出た~今出た~っとドンドン到着時間が伸びていき、1時間半程待ったかなぁ?王族関係なので立つことも叶わず、歩道に直座りでお尻も限界。
警護車両と王族を載せたベンツがやってきて会場入りし、見えないイベント会場でオープニングセレモニーが始まりましたが、もう我慢(お尻)の限界だったので中腰で抜け出て王族が帰るまでご飯屋さんで待機します。
ご飯屋さんは牛肉ラーメン屋さんで、牛肉ガオラオ&ご飯を頂きました。いつもよりスープが薄めでナンプラーと砂糖を足しましたがボリュームあって美味しかったですね。嫁氏のセンレックと合わせて90バーツでした。
晩御飯を終え、イベント会場に戻ると丁度王族が帰るタイミングでした。王族が帰るとイベント会場の規制が解かれ、一般市民が猛ダッシュで中に入っていきます。
ちなみに今回来た王族はラマ10世の妹の娘なので、日本で言えばもう直ぐ即位される皇太子徳仁親王のご兄弟の秋篠宮殿下の御息女眞子さまにあたるのかな。
皆が走っていくので、我が家もとりあえず会場入りし、イベント会場に近づくと「もう直ぐコンサートが始まります」と放送が入り、満席の椅子の後ろでコンサートを待ちます。俺氏は全く興味ないけど、嫁氏は最初に登場する歌手(俳優)のファンらしく鼻息荒く舞台を凝視中。で、ココでもタイらしく開始までに30分ほど司会者の掛け合いがあり俺氏グロッキーです。正直途中で晩御飯を食べてきて正解でしたね。多くの観客はご飯も食べず王族を待ちそのままコンサートなので、小さな子供達は椅子で寝ちゃってます。
で、歌手の名前はタイ俳優のナデート・クギミヤ(Nadeck Kugimiya) さん、タイで一番有名な日本人KOBORIさんの映画で主役を務めたことも有る有名人です。
ナデートさんは3曲ほど歌を歌い、自前のサングラス(頬にキスつき)をチャリティーオークションして4.5万バーツでお金持ちそうな中年女性が落札してました。
嫁氏は楽しそうでしたが、興味のない俺氏には苦行の時間でした。
コンサートはこの後も続きますが、もう我慢も限界なので、料理ゾーンも見ずに飾り物だけチョロっと見て撤収。
夜の写真は嫁氏の新しいスマホのほうがキレイに撮れますね。
とりあえず長い待ち時間を忍耐で待つ修行の様なイベントでした。初日以外は普通のイベントと思うので、明日以降に料理ゾーンを見に行こうと思います。
 
 
 
↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします