海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

 北タイの長距離バスでドンムアン空港に向かうオススメルート

皆さん、こんにちは。日本からナリカーです。昨日帰国したら思いの外肌寒くてビックリいました。機内用のフリース姿で丁度よい感じで薄着にしなくてよかったね。

今日のブログも日本移動の話ですけど、かなりローカル系の内容で日本人旅行者には関係ない話と思います。

 北タイの長距離バスでドンムアン空港に向かうオススメルート

タイトルの時点でかなり範囲が狭まってきますけど、タイ北部(チェンマイ等)及びその通過ルート(ピサヌローク等)から長距離バスに乗って、バンコクで宿泊せずにそのままドンムアン空港に向かう猛者にだけに有益な情報です。普通の人ならバンコクで1泊してから空港に向かうハズなので、関係ない人はブログをサッ閉じ推奨です。

更に途中下車ができない長距離バスもあるので、その辺のバスに乗る人もサッ閉じ願います。

北タイの長距離バスはモーチット・バスターミナル

北タイからバンコクへ向かう長距離バスの終着点はモーチット・バスターミナルが一般的だと思うのですが、ドンムアン空港に向かいたい場合、モーチット・バスターミナルだと市内方面に行き過ぎとなり、戻るのに時間&お金のロスが発生します。

あと、モーチットまで行くとタクシー乗り場で乗車待ちの列が長い時があるもの嫌なんです。

モーチットとランシットからドンムアン空港までの距離を比較すると大差は無いですがバンコク市内に近づくにつれて渋滞も酷くなるのでTOTAL1時間くらい到着時間が変わったりします。

f:id:warawar34:20190515120804j:plain
f:id:warawar34:20190515120809j:plain
モーチットとランシットからドンムアン空港までの距離

 ランシットで降ります。

長距離バスに乗ると、乗車前か乗車中にバスガイドさんが「どこで降ります?」と聞いてくるので「ランシット」と答えればOK。このバスだとアユタヤ、パトゥンタニー、ランシット、とかで途中下車できました。

下の写真はランシットで降りた時の周りの様子です。深夜2時でも客待ちのタクシーが獲物を狙ってたくさん寄って来ます。客待ち中のタクシーは基本メーターを使わずにドンムアン空港まで200バーツで交渉してきますが、深夜なら100バーツ以下で行ける距離なので相手にせず、流しのタクシーを捕まえましょう。

自分の場合は乗ってきたバスの後ろにいたタクシーを捕まえてメーターで乗せてもらいました。今どきのタクシー配車サービスも安全で良いと思います。

f:id:warawar34:20190515120858j:plain

ドンムアン空港まで約10分、料金80バーツ

タクシーを捕まえ荷物をトランクに仕舞ったら、空港までかっ飛びます。タイのタクシー運転手にはルール遵守とか関係ない人が多いのでこの時は120km/hくらい出てたかな。まあタイに住んで居れば普通のことですね。ドンムアン空港はインターナショナル(国内線)とドメスティック(国内線)ターミナルがあるのでどちらか伝えてあげてください。もし間違っても通路で繋がっているし大きな問題ではありません。

f:id:warawar34:20190515122014j:plain

あっという間にドンムアン空港に到着し、国際線ターミナルの出発フロアに下ろしてもらいました。メーターは79バーツでしたがお釣りなしで80バーツ渡したら、トランクの荷物下ろすの手伝ってくれました。ありがとうね。

f:id:warawar34:20190515122434j:plain

そんな訳で、無事にピサヌロークからドンムアン空港まで到着です。

到着時間は深夜1時半で約7時間掛かりました。もう既にかなりお疲れですが、工程の半分まで来てないんだよね・・・

↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。