海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました

居なくなった子猫と帰って来た子猫&避妊手術

どーもです。
昨日は天気の良い青空で昼間は暑かったですが、夕方から夕立になり涼しいピサヌロークです。
 
ドコかで書いたかもしれませんが、尿管結石の治療をした靴下君は今現在も行方不明です(手前真ん中が靴下君です)
治療の甲斐が有って元気に暮らしているのか、そうで無いのかは分かりませんがひょっこり帰ってくる事を期待しています。
 
で、子猫がクリーム君1匹になってしまい寂しい感じになっていたのですが、先日10月から行方不明だった汚れちゃん・茶トラ君を相次いで発見し、子猫3匹になりました。
汚れちゃんは10月初旬に一度帰って来てそれ以来の再会で、茶トラ君は10月初めに居なくなったので1ヶ月以上ぶりの再会です。
 
汚れちゃんは夜に近所のロータスまで歩いて行ったら、お店の前でご飯クレーって鳴いていました。
大きさとしっぽの形で我家の猫と確信したので家に連れて帰り、昔の写真と比べてもやっぱり汚れちゃんです。
 
あと同じ日に、近所の顔見知りの方から、「あんたの子猫が我が家に来たよ」と言われ、引き取りに行くと茶トラ君でした。
 
この2匹はおおよそ1ヶ月の間ドコに居たのでしょうね?
誰かに飼われて居て、同じ日に外に出されたのかな?痩せて無いですね。
 そんな感じで、子猫3匹体制となっています。
ただし、母猫は既に汚れちゃんのことを忘れたらしく、結構な勢いで威嚇されますね。
茶トラ君の事は居なくなった靴下君と勘違いしているらしく、威嚇されません。
ちょっと不公平で汚れちゃんが不憫です。
 
で、最近母猫がそわそわしたり、いつもと違う唸り声を出し始めたので避妊手術受けてきました。
 
まずは血液検査でネコAIDSと癌の有無確認です。
プルさんの痛みに耐えてる顔が可哀想ですね。
 
血液検査は血液を検査キットに入れればすぐに結果が見えます。
見方はよく分かりませんがどちらも陰性だったみたいです。良かったねー
 
獣医さんにプルさんの年齢を推定してもらった所、6歳以上だそうです。
やっぱりオバちゃん猫でしたね。野良猫的には平均寿命に近いみたいですが、もう子育ても十分したし、家でゆっくりしても良い頃でしょう。
 
手術は無事終了し、手術跡は左の横腹にありますね。
てっきり下腹部を着ると思ったので意外でした。
昨日1日は入院させ今日の夕方に自宅に帰宅しましたが、意外とケロッとしていてご飯もガツガツ食べました。
 
とりあえずこれ以上、子猫飼えないので、一安心です。
https://overseas.blogmura.com/emigration/←ブログ気に入って貰えたらポチッっとお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)