海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

タイのくるくるモップの進化に驚く

どもどもでっす。ピサヌロークからナリカーです。

スマホでブログ書いてるので文字入力が面倒くさいです。

バンコク滞在中のちょいネタです。

タイのクルクルモップ

親戚のコンドを掃除

今回久しぶりに親戚のコンドミニアムを使わせて頂くのでしっかりお掃除するつもりですが、先月部屋の様子を見に来た親戚の息子さんから

「床拭き用のモップを新調して欲しい。お金は払います」

との依頼を受けコンドミニアム横にあるHome proまで買いに行きました。

親戚の息子さんは仕事の合間に寄ったので買いに行く時間が無かったみたい。

俺氏はお金は無いけど時間はたっぷり有るのでお任せなのだ!

Home Pro到着

徒歩分程で到着し、クルクルモップを探します。

大概お掃除系はまとまって洗剤の近くに置いてあるのでそこら編を探すと通路に特設コーナーが有りました。

f:id:warawar34:20190815090021j:plain

沢山種類がある

 値段も790から1300バーツと幅広く、値段の差と機能にどんな違いがあるのか俺には理解不能

ちなみに定員さんに聞いても言葉わからないので無意味ッス。

それにしても右端のバケツみたいなやつはどうやって脱水するんだろうねぇ。

f:id:warawar34:20190815090437j:plain

コンパクトはイイね
 これ凄い!

飾ってある商品を手にとって実際に使ってみるとこのバケツタイプに驚きの仕掛けがあって、水洗いの後に脱水もできます。

動画も撮ったんだけでど容量勿体無いから載せられない。

f:id:warawar34:20190815091122j:plain

 要は水洗い時は回転する洗い桶が下がって水に浸かり、脱水時は洗い桶が上に上昇して脱水出来るんです。

それが簡単な構造で実現出来てるから考えた人と頭良いよ。

俺氏はメチャ感動してこのバケツタイプが気に入りました。

嫁氏にプレゼンする

俺氏が気に入っても承認権はタイ嫁に有るのでlineを使って動画やコンパクトで、狭いコンドに最適な事を説明して購入許可を頂きます。

嫁氏は何で同じ場所で水洗いと脱水が出来るのか理解不能ですが動画見たら納得してくれた。

そして店員さんに色違いがあるか聞いたら緑しかないので購入を告げると「サービスでモップと洗剤付きます」と要らないけど別のモップも貰った。

定価は369バーツなので良いものかもね。

f:id:warawar34:20190815092755j:plain

 使ってみた

取り敢えずちゃんと使えるか確認してみます。

洗い桶が下がった状態で桶が浸かるまで水を入れ、モップの回転ロックを解除して上下に押し引きするとモップが回転して水洗い。

モップを持ち上げると洗い桶も持ち上がり、水上で固定されて、同じ様にモップを回転させて脱水。

脱水できたら更に持ち上げるか斜めに引き抜いて掃除準備完了!

説明書見た方が早いね。

f:id:warawar34:20190815093446j:plain

 f:id:warawar34:20190815094033j:plainf:id:warawar34:20190815094056j:plain

 

 

 

取り敢えず個人的にツボったアイテムなので紹介してみました。

↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。