海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

ナコンチャイエアーでピサヌロークからバンコクへ向かう。

バスでバンコクに上京

こんにちは。奥様をバスターミナルに送り届けて独身貴族?のナリカーです。先程はスーパーに行き、お肉を100バーツ近く購入しました。肉祭り楽しみですね。

ピサヌロークからバンコクへの交通手段

週末の台湾旅行に向けバンコクに上京するのですが、我が家には車という贅沢品を持ち合わせていないので基本公共交通機関を使う必要があるんです。

ピサヌロークからバンコクまでの移動手段としては大まかに3つの交通機関が利用可能です。

  • 飛行機:バンコクまで約45分、料金最安値で500バーツ付近、出発は朝7時から18時まで
  • 列車:バンコクまで6~8時間、料金は最安値で70バーツから?殆ど趣味の乗り物なので詳細は割愛。普通の人は乗らないと思う。
  • 長距離バス:バンコクまで約6時間、料金は250バーツ前後、多くのバス会社が運行しているので出発は早朝から深夜まで。庶民の足です。

真面目に調べていないので間違いが有ると思いますが、大体のイメージです。

1番のオススメはお金と出発時間が合えば飛行機で、2番は便数と価格で長距離バス(ただし交通事故も多いのでオススメとも言えない)、3番の列車は遅いし安いだけが取り柄かな。タイ人の奥様も列車は小学生の遠足時に乗った以来使ったこと無いそうです。

今回はバスを使ったのでバスの話をします。

ピサヌロークのバスターミナル

ピサヌロークにはバスターミナルが2箇所あり、昔からある市内のバスターミナル1と数年前に郊外にできたバスターミナル2です。バス会社によって両方のターミナルによる場合もあるし、今回使ったナコンチャイエアーの様にターミナル2のみ停車する会社もあるので購入時に乗車場所の確認もしっかりしないと危ないですよ。

 

 下の過去記事はバスターミナル1の様子です。

www.narika-thai.com

バスターミナル2は下の上空写真の場所で入り口周辺にバス乗り場と市内へ向かうソンテウ乗り場があります。

f:id:warawar34:20190315154648j:plain

f:id:warawar34:20190314225025j:plain

タクシー乗り場

f:id:warawar34:20190314225017j:plain

市内へ向かうソンテウ(乗り合いピックアップ)

 今回我が家が使うバス会社はナコンチャイエアー(nakhonchaiair)という会社で、サービスやシートが快適の割りに料金も高くない人気の会社で、その会社のバス乗り場は入り口から100m程奥に建屋が有るのでそちらに向かいましょう。

ナコンチャイエアー

こちらがナコンチャイエアーのチケット売り場です。ここからバスに乗車します。乗車時間と行き先が乗ってますが、深夜とか早朝が多いでしょ。この理由はバンコクパタヤ方面含む)とタイ北部を結ぶ長距離路線の到着時間が早朝になるタイムスケジュールで、中間地点のにあるピサヌロークはこんな時間になるのです。ウッタラディット発バンコク行きは中距離なので午前11時からバスに乗れます(バンコク着は18時)f:id:warawar34:20190314225101j:plain

f:id:warawar34:20190314225048j:plain

ネット購入出来るけどピサヌロークは選べない

ナコンチャイエアーの乗車チケットはインターネットで予約・購入できるのですが、ピサヌロークは各運行ルートの途中降車地扱いなのでネットでは乗車地として選択できません。さらに乗らないウッタラディット~ピサヌローク間の料金も必要なので貧乏症には嬉しくないのです。

ナコンチャイエアーHP→https://www2.nakhonchaiair.com

f:id:warawar34:20190315154639j:plain

ウッタラディット発バンコク行き(途中降車地にピサヌローク)しか選択不可。

f:id:warawar34:20190315154644j:plain

料金は始発ウッタラディットからバンコクまで支払う必要あり。

そこで乗車日の前日に直接窓口で予約すると、シートの空きがある場合、ピサヌロークからの乗車料金で買うことが出来るんです。繁盛期だと満員で買えないリスクがありますが通常は席が空いているのでほぼ買えます。(買えなけば、他のバス会社もある)

この場合はゴールドクラスでバンコクまで306バーツ(1071円)です。

料金に含まれるもの

ナコンチャイエアーはサービスが良いと書きましたが、乗車料金に付随するサービスは下記の通り。そして個別モニター付きシートも大きくてリラックスできます。(シートはバスや路線により差があり)

・水とパックジュース

・お菓子

・預け荷物20kg

・ご飯(早朝や深夜は間食だったり、無かったりします)←このへんはタイらしい。

f:id:warawar34:20190315161354j:plain

f:id:warawar34:20190315161357j:plain

f:id:warawar34:20190315161402j:plain

BTSモーチットまで無料シャトルバス有り

多くの方はモーチット・バスターミナルで降りてタクシーでホテルやBTS・MRTに向かうと思いますが、モーチットではなくナコンチャイエアーの降車場で降りると、BTSモーチット駅までの無料シャトルバスのサービスがあります。

モーチット・バスターミナルのタクシー乗り場は混んでいる時はタクシー待ちで30分以上列に並ぶ場合もあるので、BTSに向かう方はこちらの方がオススメです。タクシーの場合もこの場所から乗れますし、待ち時間も短いです。

奥様は11:30出発→ナコンチャイエアー降車場17:30→BTSモーチット駅17:55でした。

f:id:warawar34:20190315194944j:plain

f:id:warawar34:20190315194948j:plain

長々とした文章と写真になりましたが、ナコンチャイエアーの話でした。

 

↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします