海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
旅行

【タイ国内旅行2】ホアヒン1日目、ホテルと観光紹介

どもどもでっす。ナリカーだよ。

あまりにも長くなりそうなタイ国内旅行を早く終わらせるために、晩御飯の準備もせず【タイ国内旅行2】を書いています。

万年ブログネタ欠乏で困っているのにネタが多すぎてもパニクってしまう性格が憎い。

まあ適当に書き溜めて、1日おきとか2日おきに公開すれば読者も飽きないのかな。

関係ないけど昨日はタイ国王ラーマ10世の誕生日だったね。テレビはお祝いの番組だらけだったけれど国王はタイ不在だったのかなぁ。

まあタイは働きアリ(金づる)に愛想振りまく必要ない環境だからね。

ホアヒン1泊目のホテル「Costa Bed Hua Hin 」

ホテルから一番近いsoi53でミニバンを降りた我が家は重い荷物を担いでホテルに移動。

本日の宿泊は「Costa Bed Hua Hin 」でございます。

この日は基本移動日で、ホテルでマッタリする予定もないので寝るだけの値段のお安い場所にしました。

一泊料金はツインルームで360バーツ(約1200円)です。

場所的にいい感じで、徒歩圏内に海岸にも出られナイトマーケットからも近い良い場所なのです。

ちなみに駐車場は有ってないようなものなので、車で来るのはオススメしません

そもそも車で来る人はこんなお安いホテルに泊まるわけないね。

今回の観光地図

ホテルの紹介

ホテルは通りから少し奥まった場所にあるので看板を見逃さないようにして下さい。

ホテルの外観は白い壁と緑がいい感じで小洒落た感じが好印象。コンクリ打ちっぱなし部分が駐車場ですが、基本バイク用と考えて良さそうなスペースです。

小さい看板が目印
ホテル入口
駐車場&喫煙所

中に入ると無人の受付が待っています。

ここは極力コストを減らす努力でバスタオルは有料になっています。1枚20バーツなので荷物が多くなるのが嫌な場合は借りるのがオススメ。

ちなみに我が家はタオル持ち込みなので借りませんでした。

受付おしゃれ

そして人件費も削減なので受付は担当者に電話するスタイル

受付に大きく書いてある電話番号に電話して、宿泊費の支払いはネットバンキングで済ませます。ネット入金出来ない場合は受付さんが来てくれるらしい。

部屋の鍵はロックされていないので部屋の中に置いてあるから使ってね~ってユルユルな感じでした。

振込先とか電話番号がある

お部屋(ツインルーム)

お部屋はツインルームで窓なしです。もちろんトイレや洗面所もなし。

約6畳位のサイズで窓無しで圧迫感は多少ありますが、値段を考えれば文句ないかな?

ちなみに窓のある部屋も選べましたが、寝るだけなのでこっちでOKです。

ドライヤーは部屋に無いので必要な方は持参するか、もしかしたらオーダすれば貸してもらえるかも?

嫁氏はタイ語の通じないメイドさんに身振り手振りでドライヤーを貸して貰ってた。

あと部屋にコンセントが1っ箇所しか無くてスマホの充電とかに少し不便。延長コードを持って来ていたので良かった。

狭いけどプライベート感は有るよ
鏡のところにコンセント欲しい

キッチンとかトイレ

そしてお部屋以外の設備の紹介。

ロッカー

先ずは通路に有るロッカー。使い方が分からないので未使用。横にぶら下がっているのが鍵なのかな?

通路にも椅子が置いてあるけど使ってよいのか不明なので未使用。

何故か市民プールを思い出す

お次は食堂

食堂には無料の水、お湯があり電子レンジも完備。共用の冷蔵庫も有ったので設備は合格です。

さらに無料のコーヒー、紅茶、クッキーとインスタント袋麺も有りました。

袋麺は辛そうなトムヤム味でしたが嫁氏は朝食代わりに美味しく頂いた模様。

このお値段で簡単な食事も有るって素晴らしいね。

食堂は満足
無料の軽食

 

トイレは微妙

そして共同トイレっす。写真は男子用で女子用は不明。

全体としてとてもキレイで文句は無いんだけれど、シャワー室がトイレ大と共用で使いにくいかな?

ホットシャワーが有る時点で立派なんだけれどね。シャンプーとかボディソープはホテルの物なのか宿泊者の個人所有か不明なので自分で持ってきた物を使った。

着替えゾーンもシャワーの水で濡れるからタオル掛とかに引っ掛けて濡れないように注意してね。

基本は清潔です
ビショビショシャワーは好きじゃない

宿泊費とかを考えると微妙って書くのは失礼な気もする。

シーフードを食べる

ホテルの紹介も終わったので市内で食べた晩御飯の紹介です。

晩御飯は嫁氏のオススメのシーフード屋さんで政府補助と関係ないお店。

Jek Pia Restaurant

海鮮鍋(チムチュム・タレー)がオススメのお店「Jek Pia Restaurant」です。

写真の海鮮鍋で160バーツ(約530円)。これマジで美味しかった。海鮮鍋以外にドリンクと水を頼んでTOTAL200バーツ(約660円)でした。

俺氏はシーフードって高いだけであまり好きではなかったけれど、このシーフードは美味しかった。オススメ!

エビが大好物の嫁氏にエビ2匹を進呈し、俺氏はイカを多めに頂きました。

タイ人に人気のお店だそうで、夜の閉店時間が19時半と早いのでお気をつけ下さい。

朝の営業は別メニューだそうです。

Lung Ja Seafood

2軒目のお店はナイトマーケットにある「Lung Ja Seafood」です。

その前に平日のナイトマーケットの様子ですが、観光客が少なくて結構寂しい感じ

昔は人が並んで待ち時間が長かった屋台も誰も並んでおらず新型コロナで外国人居なくなった影響がもろ出てます。

そして俺氏に中国語で話しかけるの止めなさい。日本人やっちゅうの。

タイの観光地は中国人観光客頼みだったので、溢れる中国語の看板や中国語の呼び込みが薄ら寒いですよ。

で、お店はこんな感じ。客の入りは5割くらいだけれどタイ人に人気のお店なので人は居るね。

すでにご飯を食べた後なので「ヌアプー・パッポンカリー」とご飯&水だけ頼んで210バーツ。蟹カレーは180バーツです。

ヌアプーパッポンカリーはソンブーンとか他の場所で何度も食べたけれど、このお店のカレーは他とは少し違う感じでチリオイルが少なめでカレー感が強いです。ソンブーンのふわふわ卵カレーみたいな華やかさはないけど、蟹とカレーの濃さは一目に値する?

横の金持ちタイ人が大きなエビの炭焼きを頼んだので、その姿と香りをおすそ分けしてもらってご飯を美味しく頂きました。

こういう場所に来ると経済力の違いが目に見えるので悲しいねぇ。

くろねこ
くろねこ
自業自得だけどな
店内の様子
蟹カレー
お店の外観
幾らするんだろうね

個人的には最初のお店の海鮮鍋のコストパフォーマンスが光った印象です。

夜の大通りですが車も少なくてピサヌロークより静かな気がします。昼間はおしゃれに見えた壁のアート?夜は不気味に見えるね。

夢に出そうで怖い
ホアヒンは静かな街だね。

朝は桟橋まで歩く

次の日の朝はビーチを散歩。めっちゃ雨雲が迫ってくるね。

写真に映る桟橋まで行こうとしたら途中でクッサイ排水の川を渡らなきゃダメなので一旦街に戻る。

メリハリの有る天気です。

街を歩いて桟橋方面に向かうと猫発見。なかなかご立派な体つきで大切にされてそう。

タイ猫は人懐っこくて日本とは違った環境なんだろうね。

海が近くて、市場も多い(ネズミも多い)環境なので猫の存在価値が高いのかな?

滞在中は毎日猫に出会ってた。

オス猫様

そして桟橋に到着。特に何が有るわけでもなく普通でした。釣り人や堤防にくっついた貝を採取する人が結構いました。奥の小さな桟橋は昔のやつかな?

先端には椅子や机が置いてあったので、何かイベントとかを行っているみたいです。

写真撮影中に雨が降ってきたので撤収しました。

かわいい漁船
古い桟橋?
何でこんなにカラフルなの?

レンタルバイクで次のホテルに移動

ホテルのチェックアウト1時間前に徒歩圏内のレンタルバイク屋さんに行く。

グーグルマップだと出てこないが「T&D BIKES」って名前です。

ここで借りる理由は、ホアヒンからバンコクに買えるときに、この店でバイクを返してミニバスに乗れば交通費が安く上がるから。交通費削減は大切!

バイクは24時間300バーツと言われたけれど、交渉してボロいWave110iを250バーツで借りた。恐らく110ccのスクーターも同額で借りれると思う。

嫁氏の名前でレンタルしたけれど、IDカードの確認も免許の確認もなく借りられた。盗難とか心配ないんかな~っと思ったけれど、コレがホアヒンの雰囲気なのね。

商売っ気のない気の良いおじさん
俺がブログで紹介するから!

ボロいWave110i君はサビでスタンドとかがめっちゃ固いけれど、ENGとかブレーキは問題なくマッタリ走るには良いバイクでした。

ただ大きなリュックを載せる場所が不安定だったので、個人的にはスクーターが良かったかな?

荷物山盛りで出発。(タイなら普通)

バイクをレンタルし、ホテルをチェックアウトして次のホテルに向かいます。

本日の清算

そして7月20日に使ったお金の精算。レンタルバイクは21日なので除外。

初日は総額1826バーツ(約6025円)を使いました。

旅の当初は総額1万バーツ以内に収める!みたいな事言ってましたが、7泊8日の初日で2割り近くも使ってしまったの。

そしてこれからシーフード祭りが始まるので足が出るのが確定なのだ。

項目 7月20日
移動費 976バーツ(約3220円)
食費 490バーツ(約1617円)
宿泊費 360バーツ(約1190円)
交遊費 0バーツ
合計 1826バーツ(約6025円)

以上でっす。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。

ABOUT ME
ナリカー
自分が2012年にタイ移住したときの、日本家族への生存確認として始めたブログです。 今現在は夫婦2人と猫2匹に囲まれ、猫ブログ、自転車ブログ、バイクブログ、俺飯的な日常雑記ブログを適当に書いています。   記事が気に入って頂けましたら、埋もれている過去記事も楽しんでいって下さいね(^^)  

POSTED COMMENT

  1. ムガ より:

    家族旅行で懐かしいホアヒンは2回タキアップのホテルに泊まりました(胸がギュッと締め付けられる思い)
    もう二度と行くコタないけど、ミニバス停留所が市内から外れてて不便なので、便利な場所に移動するといいですね

    • ナリカー より:

      ムガさん、こんにちは。
      タキアップ周辺はお高めもホテルが多いので我が家は近寄れません。
      ミニバスや長距離バスの停留所は狭い市内だと維持費が高いのでしょうね。

  2. tommy より:

    懐かしい街の写真を拝見できました。
    15年位い前に初めてタイを訪れた時、駅近くの安いホテルに宿泊して線路の反対側にあるゴルフコースでプレイして、夜はナリカーさんのアップしてくれたナイトマーケットや海辺の桟橋に突き出したシーフードレストランで食事をした事を思い出し懐かしい気持ちに成りました。
    偶然ですが、今日TVで長瀞蕎麦の楓庵を放映していましたよ。

    • ナリカー より:

      Tommyさん、こんにちは。
      自分が初めてホアヒンに来たのは12年くらい前でゴルフをしに来た時です。
      ブラックマウンテン・ゴルフコースがソフトオープンした時でしたね。
      長瀞蕎麦「楓庵」はお財布の関係で入ったことないですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)