海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
自転車

自転車ブログだよ。DAHON routeとBoardwalk乗り比べ。

どもどもです。今日は曇り気味でしっとりしてたピサヌロークからナリカーです。今日は朝5時に起きて自転車をギコギコして参りました。今回の目標は時速20km/h以上で1時間漕ぎ続けることです。

 今日の目標は連続1時間走行

Boardwalkで朝チャリ

今まででも距離16kmで連続40分とか余裕だったので大した目標でも無いですけど連続1時間漕ぐのが一区切りのイメージ?今日は休日だったので自動車も少なめでしたが、万が一のトラブルでも見つかり易いように市街地を中心に走ります。


今日のお供はDAHON Boardwalk D7です。(嫁があまりに乗らないので・・・)結果としては、無事に1時間走りきって、平均速度も22.74km/hでした。とりあえず一区切りつきましたね。

両方乗った感想&比較

我家にはDAHONの入門クラスのrouteBoardwalkが有るんですけど、乗り比べてみるとお値段以上に違いが有って面白いですね。(どっちも中古なんで程度の違いもありますけど)

 

 

routeについて

まんずrouteですけどノーマル状態だとギヤ比の関係で最高速が出ないです。

ざっぱな感じだと普通に漕いで時速20km/h出ない感じ。
追記:1年乗ってみたら体力がついて、ノーマルでも25km/h巡航は出来るようになりました。(ケイデンス80くらい。でも下り坂等で空回り感が出ます)

あとアルミフレーム&小径ホイールで乗り心地がメッチャ硬い。これは硬いサドルとかの影響もありますね。正直荒れた田舎道だと危険レベルに感じました。

で、対策でRrスプロケをsimanoの13T-28Tに交換。DNP 11T-28T ボスフリーとか使えばもっと高速出るんだけど、値段高いし、脚力無いので止めた。

で、乗り心地UPと最高速UPを狙って、タイヤをノーマル〈20☓1.5)からシュワルベ Big Apple〈20☓2.0)に交換しました。タイヤのサイドウォールに反射ラインが有って目立って良いね。

そんな訳でケイデンス60で計算すると時速19.9→22.5km/hになりました。

 

 

レビューとしてはタイヤ交換による乗り心地向上が目覚ましく、「もう痛い&危ないから乗りたくない→少し重く感じるけどモチモチして長く乗れる」になりました。

ちょっと頑張れば30km/h出るし、瞬間なら40km/hまで逝けます。

これ以上は脚力&コストと相談なのでタイヤ減るまでこのまま乗ると思います。

 

 

 

Boardwalkについて

 

Boardwalkですけど、現状は中古で買ったそのままの状態です。力いっぱい漕ぐと偶にギヤ飛びするのでチェーン&Rrカセットを交換した方が良さそうだけど暫くこのまま乗ると思います。

 

で、こちらの自転車は同じ入門モデルでもrouteより定価で1万円程高いのでサドルやRrハブが少しだけマシなものが付いてます。

 

Rrハブはカセット式ですが7速までなので安上がりなバージョンアップ(多段化)は厳しいです。巡航速度についてもノーマル状態で弄ったrouteより速いので不満はなし。タイは平地ばかりなのでギヤの枚数に拘らなければsimanoの11T-28Tぶっ込んで完成形と思われます。

 

フレームについてはクロモリで固くないとかレビューありますがアルミのrouteと比べると角の取れた硬さでノーマルタイヤ(20☓1.5)でrouteの(20☓2.0)と同等レベルの乗り心地が確保できます。(標準のコンフォート系サドル・グリップの効果も大)

 

 

 

プチ改造

あと走行性能とは無関係ですが興味本位でノーマルのRrハブ軸をクイック化してみました(パーツ代はAmazonで1099円)。Rrはワッシャー1枚分長い感じだったのでフレーム外側にワッシャー1枚追加したらOKでした。Frは74mmに加工が必要(切断&M5ダイス)なので気が向いたらチャレンジしたいとおもいます。(自己責任ですよ)

 

 

 

2台を乗り比べて思った事は「Boardwalkの方がコストパフォーマンス高い」です。

無論、コストパフォーマンスで言えば中級・高級モデルの方が更に良いのですがそもそも買えないし、駐車場とかで気を使うので入門モデルに限っての話ですけど。

個人的にはバルーンタイヤ履いたroute君が気に入っています。

 

以上、タイとは全く関係ない自転車ブログでした。

 

↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。