海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

【猫ブログ】黒猫ココロに皮下点滴(約43回目)

どもどもです~今日もいい感じで熱々になってきたピサヌロークからナリカーです。

熱々と言っても10時で31℃だから酷暑期に比べればかなり余裕です。

今日は嫁氏が朝から通院でするなので、俺氏1名で皮下点滴を行います。

 

皮下点滴43回目

黒猫ココロの自宅皮下点滴も慣れたもので、昔ほど緊張することも無くなってきましたが未だ汗ビッチョリは治りませんね。今日も手際よくブッスリ行きたいと思います。

黒猫ココロは隠れ中

とりあえず点滴の準備ってことで、お手手を石鹸でよく洗い注射針(19G)を1本準備してココロ部屋に侵入します。

部屋で寝ていたココロは「いらっしゃ~い、一緒に遊ぼう」と足元にスリスリしてきますが、俺氏が点滴セットの空気抜きを始めると、態度が豹変し椅子の下に隠れてしまいました。

どのみち部屋から逃げ出せないので、ゆっくり空気を抜いて新しい注射針をセットします。あとは消毒用の脱脂綿と止血用の脱脂綿を準備すればOK。

f:id:warawar34:20190715125805j:plain
f:id:warawar34:20190715125823j:plain
これ痛いヤツだ!避難しよ。

ブッスリ行きました~

椅子の下に隠れたココロを捕まえて洗濯ネットにINします。この動作を何度も経験したココロは注射針が刺しにくい逆手方向にネット内で方向転換しささやかな抵抗を試みますが背中の皮をムギュッと掴まれておとなしくなります。

掴んだ皮の皮膚部分を消毒用の脱脂綿でフキフキして注射針を刺しますよ。1人作業の時はこの瞬間が忙しいんです。

猫を片手で抑えつつ、注射針のキャップを方でて外すのが結構ムズい。キャップはギリ外れない程度に軽く刺した状態にするのがオススメ。

点滴が始まったらココロの顔をネットから出してイイコイイコして宥めます。

f:id:warawar34:20190715125817j:plain

また刺されてしまった。。。

200ml入れます

点滴パックの残りが200mlなので全量ぶっこみます。注射針が太めなので勢いよく輸液が流れていきますが残り100mlからは流石に遅くなって、猫の「タスケテ~」が始まりました。既にナデナデ攻撃はMAX状態でこれ以上のご機嫌取りは出来ないので、残り数分はお互い我慢比べです。

無事に200mlが入って注射針を抜く時も1人だと結構大変。猫がダッシュで逃げないようにお腹と二の腕で猫を挟みつつ、注射針と脱脂綿を両手に持ち、針を抜きつつ止血。

20秒ほど止血して液漏れがなければ点滴終了です。

f:id:warawar34:20190715125812j:plain

猫も自分もお疲れ様でした。次回は金曜くらいですね。

猫写真

猫写真が溜まってきたので、放出。特にかわいい写真でも無いけど、載せないといつまで経っても消せないから邪魔なのよ。

f:id:warawar34:20190715131609j:plain
f:id:warawar34:20190715131617j:plain
f:id:warawar34:20190715131732j:plain
f:id:warawar34:20190715131724j:plain

f:id:warawar34:20190715131705j:plain

久しぶりに猫草作った。

これで猫写真の在庫が減ってスッキリです。

↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。