海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
乗り物

【無駄足】CLICK125iを軒先バイク修理店に持ち込む。

どもどもでっす~。ピサヌロークからナリカーでっす。
先週あぶく銭が入った事により、ずっと放置プレイで熟成させていた不調CLICK君を修理しましょう!って事になり、バッテリー購入やキャリアの溶接改修をした大きめの軒先修理店に行ってみました。
 
修理には時間が掛かるだろうと思い、バイクをお店に置いてくる算段でバイク2台で向かいます。嫁とは普通2ケツ移動なのでちょっと新鮮な気分だね。

因みに低温時のアイドリング不調のCLICK君はセルの使い過ぎでバッテリーの元気なかったので1時間ほど充電しましたが、心なしか前より不調な時間が短くなってる気がします。もしかしたら昼間の気温が高いから冷間期間が短くなってるのかも?

そんな訳で、修理店に向かう間にエンジンも程よく温まりアイドリング不調は消え去ってます。
お店に到着し、作業員に「冷間時にアイドリング不調が出るんだけれど・・・」と伝えると「じゃあ乗って確認します」と言って試走に行きました。今の状態だと何の不具合も判らないと思うけどプロだから分かるんかな~」って待ってるとバイクが帰ってきて「高回転でスロットルが戻らない。スロットルボディ清掃が必要」って言ってきます。
はぁ!?低速の息つきなら分かるけどスロットル戻り不良の症状は無いだろ!
自分でスロットル外して内部清掃しても治らない事と、不調は冷間始動時を説明すると「もっと詳しいヤツに替わる」と言われ修理店のエースらしい人物登場。
で、エース級の人物が来るも、今現在は熱間状態で症状が再現しないからよく分からないとの事で何も出来ずにお終い。
個人的にはチェックカプラーからエラー情報確認するとか各部センサーの抵抗を診て貰えるのかと思ったけど、俺と変わらないレベルの診断だった。
「FIのENG不調は吸排気系、燃料系、センサー系、さらにカーボン噛み込みとか多岐に渡るから色々交換しないと判らないよ」みたいな話しされたけどそんな事は判ってるんだよね。

最初から正規代理店に行けば良かったんだけど、お客出入りが多いお店ならなんとかなるかな?って色気出した自分の失敗でした。


帰りは土曜日ナイトマーケットに寄って晩御飯の買い食い。入り口のピックアップにタイ人が群がってるから何かと思ったら、パイナップルの無料(寄付)進呈でした。
我家は面倒くさがりなので皮付きパイナップルはスルーですが、皆さん頑張るね。
雲行きが怪しくなったので、急いで帰宅して、10分後に雨が降ってきました。
因みに買い物中にENGが冷えたバイクはしっかり始動不良が再発してスタートするのが大変でした。再現性が有るのは修理する側にとって助かるね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)