海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
旅行

ナコンチャイエアーでピサヌロークからバンコクに移動

どもどもでっす、ピサヌロークからナリカーです。

タイは今週末がロイクラトンの日だけど台風が入ってきたみたいで雨模様。

折角ハロウィンとロイクラトーンが一緒に楽しめるチャンスなので週末は晴れると良いね。

ハロウィンとロイクラトン合体

 

特に大したネタじゃないけど、自分の日記的な流れでバス移動を記入。

ピサヌロークバスターミナル2に移動

ピサヌロークからバンコクに行く長距離バス会社は数社ありますが、今回は「ナコンチャイエアー」を使います。

理由は単純で「料金の割に座席が広く、BTSまで無料シャトルバスがある」から。

金銭的にはもっと安いバスも有るけど、ナコンチャイエアーはオススメと思います。

で、バンコク行きのバスもチェンマイ発の便とか選べますが、我が家は隣県「ウッタラディット発」のバスを選んでいます。

理由は特にないけどチェンマイ~バンコク間の中間地点で途中乗車する形なのでチケットの予約が難しいのかも知れない(自分でチケット取ったこと無いから不明)

そしてナコンチャイエアー乗り場はバスターミナル2のみなのでバイクでバスターミナルまで移動します。

タクシーとか使うと150バーツくらい取られちゃうと思うので自走できるって大切よね。

バスターミナル2には有料のバイク置き場(1日10バーツ)が有るので圧倒的に財布に優しい。

夜22時時半過ぎに出発

バスターミナル2に到着したらバイク置き場に直行してバイクを停めます。

この時間はお客が居るので店員さんを電話で呼び出す必要有りませんでした。

バイクのナンバーと入庫時間が印刷されたチケットを受け取り、バイクの預けはOK。荷物を担いでナコンチャイエアー乗り場に向かいます。

夜23時近くですが、ナコンチャイエアー乗り場は人がたくさん待っています。

バンコクを夕方出発し、チェンマイやイサーン方面に早朝到着するバスはこの時間にピサヌロークに来るんですね。

乗車時間は10時間を超えると思いますが、体験したくはないですね。

バス内の様子

で、ほぼ定刻の23時半にウッタラディット発~バンコク行きのバスがやってきました。

料金はGold Classで336バーツです。

夜なので明かりが暗くなっているので写真が綺麗に撮れませんが、当たりのシートのバスです。

電動リクライニング、フットレスト、読書灯、個人モニター付き。個人モニターはタイ人向けなので内容は不明。

サービスとして水、お菓子、軽食、豆乳が貰えます。これだけでも30バーツ分くらい価値あるかな?

バス内にトイレもありますが、めっちゃ揺れる中で用を足すのは難儀なので非常用と考えておきましょう。

サービスの食べ物
バスの外観
シートの様子
トイレ

めっちゃ寒い

そしてタイの車あるあるネタで、空調設備が冷房しか存在しません。

そしてタイの酷暑期でも冷える冷房は涼しい乾季だと激烈に冷えてめっちゃ寒いです。

無料のブランケット貸し出しはありますが、足元とか首周りの冷え防止は事前準備したほうが安心です。

今回は車両の温度表示が17℃まで下がったので日本の秋冬物の装いが妥当な感じ。

俺氏は厚手の靴下と上着3枚重ね着してなんとか耐えた感じです。

でもエアコン慣れしているタイ人はサラッと半袖&サンダルとかなんだよね。

朝4時頃に照明が明るくされ、ランシットが近づいてきます。

ドンムアン空港に向かうのであればランシットで降りますが、今回はバンコク市内まで行くのでナコンチャイエアーのバスターミナルで降りますよ。

客室乗務員のアナウンスを聞く

ナコンチャイエアの会社到着

で、予定より10分ほど早くナコンチャイエアの会社に到着。

帰りのバスチケットを買おうと思っていたけど、カウンターは閉まっていて買えなかった。

まあ朝4時なのでムリだったね。

BTSモーチット駅(ビクトリーモニュメントまで行ける?)までの無料シャトルバスは4:45発なので、冷え冷えのバスで溜まったオシッコをトイレで発散。

有料3バーツだけれどタイのBTS等の駅にはトイレがほとんど無いのでムリは禁物なのです。

有料トイレ
窓口は閉まってた

無料シャトルバス

バスの到着場近くにBTSモーチット行きの無料シャトルバスがあります。

中型のマイクロバス程度の大きさなので満員で乗れない場合もあるので早めに乗り込んでおきましょう。

マイクロバスに乗ると運転手が「BTSモーッチット?」「アヌサワリー?」と聞いていたので「アヌサワリー」にも行けるのかな?
とりあえず初心者は安全ルート推奨って事でBTSモーチット駅前で降りた。

無料シャトルバス

BTS乗車

朝のBTSモーチット駅です。

皆さんMRT(地下鉄)ではなくBTS(スカイトレイン)に向かうのは始発時間が違うからですね。

BTSの方が始発時間が早いので、駅についたら丁度始発の電車に乗れる感じです。

昔は小銭がないとチケットが買えない罠が潜んでいましたが、新しい券売機は100バーツ札とか使えるのでマシになりました。

ちなみに俺氏はPhaya Thai駅でエアポートリンクに乗り換えします。

早朝の電車賃は38バーツと結構お高めのイメージです。

まだ暗い早朝のモーチット駅

各駅の始発、終電の時間?の表示だと5時15分が始発っぽいけど5時5分に電車が来ました。

相変わらず冷えっ冷えの車内なので長袖必須ですね。

時刻表?

エアポートリンク

Phaya Thai駅で降りてエアポートリンクに乗り換え。

エアポートリンクの駅に入れるのは5時20分からなので5分ほど待ちました。

非日常感があってちょっと好きです。

まだ駅には入れない
5時20分に開きます。

 

こちらでもチケットを購入して始発5時30分のエアポートリンクに乗ります。

エアポートリンクには何度も乗っていますが、わざと寛げない作りにしたシートは慣れません。

日本のフワフワの温かいシートが恋しくなるね。

エアポートリンクは車両汚い
このシート形状がクソなんだな

歩いてコンドに到着→タクシーでホテル

駅を降りてからは徒歩で嫁氏友人のコンドミニアムに移動。ホテルチェックイン時間まで仮眠を取り、昼前にGrabCarを呼んで移動。

普通にタクシーが来た。俺氏は初めてGrabを使うので初回割引でお得に乗れてよかった。

運転手は何故か渋滞する道を使って時間がかかったが、料金は先払いなので距離増えても気にならないのは良いです。

何で渋滞に突っ込んで行くの?

そんな感じでピサヌロークからバンコクまでのバス移動でした。

バイク→ナコンチャイエアー→無料シャトルバス→BTS→エアポートリンク→徒歩→Grabって感じで多くの乗り物に乗ったね。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。

ABOUT ME
ナリカー
自分が2012年にタイ移住したときの、日本家族への生存確認として始めたブログです。 今現在は夫婦2人と猫2匹に囲まれ、猫ブログ、自転車ブログ、バイクブログ、俺飯的な日常雑記ブログを適当に書いています。   記事が気に入って頂けましたら、埋もれている過去記事も楽しんでいって下さいね(^^)  

POSTED COMMENT

  1. Nangfar より:

    なんか、しばらく、長距離バス乗らないうちに、シートめちゃくちゃ上等になってるじゃないですか!

    • ナリカー より:

      Nangfarさん、こんにちは。
      ナコンチャイエアーは当たりのバスだと良いシートです。
      同じ値段でハズレの時も有るので今回はラッキー?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)