海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
タイ日常

親戚のお通夜に参加する

カオソック旅行中に親戚に不幸があったと連絡が入り、今日お通夜に行ってきました。
 
お亡くなりになったのは義母の父親の兄弟の長男で53歳の若さでお亡くなりになりました。
元々心臓が悪かった様で、前の日まで仕事で次の日の朝には冷たい状態で発見されたそうです。
タイのお通夜は数日ほど連続で行われ、その後荼毘に付します。
親戚の葬儀はお通夜が5日間で行われ、お通夜は今日が最後の日でした。
日本のお通夜と比較すると結構明るい感じで、服装も派手でなければ良し。黒系ならなお良し位な感じでした。
 
実際私は黒のズボンに黒/グレーのTシャツで行きましたが特に問題無かったです。
お通夜は夕方18:00頃から人が集まりだして、振舞われる食事を食べてお通夜の開始を待ちます。
まあ、久しぶりに会う親戚も多いので皆さん話に花が咲いています。
タイのお寺はお通夜用の調理場やお通夜会場が併設されていて便利ですね。
ちなみに火葬もこの寺で行われる筈です。
ここでスコータイの叔父様から嬉しい差し入れが来ました。
近くに居たアイス移動販売
を丸ごと全部お買い上げです。一体幾らだったのでしょうね?
このアイスはココナッツ味でアイス玉4個で10バーツ程でしょうか?
量が有り過ぎて最後は近所の人が持って帰って行ったみたいです。
19:00頃から喪主からの挨拶が始まりお坊さんのお経が始まりました。
大体30分位お経をあげて頂いて終了となります。
それからはタイお決まりの写真撮影が始まり、今回もカメラマンとして撮影に励んできました。
こんな感じで祭壇の前で集合写真撮ったりします。
日本だと不謹慎とか言われちゃうんですかね?
まあ故人も親戚が集まって一緒に写真に収まったほうが喜ぶのではないのでしょうか?
 
こんな感じで悲しみよりも笑顔が似合うお通夜でした。
明日(もう今日ですね)は告別式に行ってきます。
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)