海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
ビザ関連

90日レポート&リエントリーパーミット&居住証明

どもっす。今日も天気の良いピサヌロークからナリカーでっす。
今日もDAHON Route君で池の有る公園へ朝チャリ実施。平日だけどチャリダーが結構居てペースはあまり上がりませんでした。ココに来るとリアキャリアにワンコを載せて走っている女性に会えるけど、ワンコも景色を楽しんでる感じで良いね。走行距離34.48km平均速度25.94km/hでした。

で、今日のブログのメインはイミグレ関係です。
前回の日本帰国からもうすぐ90日なのでイミグレに90日レポートの提出と、再入国用のリエントリーパーミットの取得に行きます。ここまではよくあるルーティンワークなのですが、今回はタイ運転免許の更新期間も被っているので居住証明も手に入れなければなりません。
90日レポート&リエントリーパーミットの必要書類を自分のブログで確認し自宅で書類作成し必要なコピーも確認
更に5年前のブログから居住証明の必要書類も発掘し、義両親のIDコピー&タビヤンバーンも入手。5年前もワイロ請求とかで結構揉めたので今回はどうなるかな?
今回は言葉が通じない俺氏のみでどうなるのかチャレンジしてみます。
イミグレは前に2組ほど順番待ちしていましたが15分ほどで自分の番が来ました。
何故か何時もの担当者2名が居らずイミグレのリーダー的女性と、別の男性が窓口に入ってます。奥からアルバイト?の学生が書類を持って来た書類にサインを入れて渡したりで忙しそうな感じです。90日レポートとリエントリーパーミットは特に問題もないので15分ほどで終わりました。

で、揉めそうな居住証明をお願いしてみると、「これイミグレが作る書類?役所じゃないの?」的な話から始まり、「どうせバンコクに行くのだから日本領事館で作ってもらいなさい」的な感じで作るの嫌そうです。「前回もこのイミグレで作って貰った」「バンコクへは直接空港に行くので領事館には寄れない」的な話をするも、俺氏のタイ語スキルも限界なので嫁氏にTELして交代します。後でこの時のTEL内容を聞くと、

「イミグレ:この書類は作るのに時間がかかるけど忙しくて今日中に欲しいのなら色々な対応が必要だ」
「嫁氏:じゃあ今日中じゃ無くて良いです。忙しくない時に作って下さい」
「イミグレ:それなら出来るけど、免許更新まで時間がないでしょう?対応があれば今日中にできるよ」
「嫁氏:急ぎの対応しなくて良いです」
「イミグレ:・・・・分かった。木曜くらいまでに作って出来たら電話する。作る人は大変だからお菓子持ってきて下さい」
「嫁氏:お菓子持っていく」
絶対ワイロ嫌いマンの嫁氏、対応が欲しいイミグレ担当とお菓子で妥協したみたいです。電話を終えたイミグレ担当者に「あなたの奥さんは優しい人なの?」と聞かれ、「まあ優しいけど、塩っぱい人(ケチ)」と伝えたら苦笑いしてました。
日本領事館だと書類作成に640バーツ必要みたいだし、タクシー等の移動費考えると、お菓子で済なら安いもんだね。
 
そんな訳で、当初の目標90日レポート&リエントリーパーミットは完遂でイミグレの居住証明は継続推進って感じになりました。冷蔵庫に残っていたキットカットや飴玉をメインにお菓子セットを作ったから、イミグレ頑張ってね。
ちゃんと予定通りに作れないと日本お菓子からタイのお菓子にランクダウンしちゃうぞ。
あと関係ないけど、TM.30について今回も何も言われなかった。タイに来て6年前に登録した半券がパスポートに挟まってるけど、再入国時の再報告とか煩くない地域なのかな?
 
※バイクジジィ様
エアアジアはお客の不注意を誘発してお金を稼ぐスタイルなので、「バリューパック無し=預け荷物0kg」の思い込みは危険です。預け荷物が不要の場合はプルダウンメニューから受託手荷物無しを選択して下さい。
 
↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)