海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
自転車

【自転車ブログ」DAHON Routeのスプロケを11Tにして見た結果。

どもでっす。朝チャリで頑張りすぎて今とても眠いピサヌロークからナリカーでっす。
チャリブログの続きっす。
Boardwalkのホイールを移植したRoute君。重たいギヤが13Tから11Tになってどんな感じになるかと言うとこんな感じ。ケイデンス80で計算すると最高速が30km/hから35.5km/hになるんじゃよ!勿論回せるだけの脚力なんて無いから計算道理に速度が上がる訳ではないけど、現状の13Tだとケイデンス90近い場合もあるので、もしもの時の備え的なノリね。

全く変化が無いように見えるけど、FRホイールのスポークが28→20本に減ってるよ。


逆に軽いギヤになってしまったBoardwalkはこんな感じ。ケイデンス80計算で最高速が34.5km/hから29.2km/hにダウン!まあ今でも11Tは重くて使えなかったから大きな実害はないと思われます。

で、1時間タイムトライアルの結果は。。。。平均速度27.95km/hでした。最高記録の28.11km/hには届かなかったし、別に速くなってない!?でも歴代2位でもある。
まあエンジンである人間が同じだから仕事量は変わらないか。。。
まあ全体的な平均速度は了解したけど、1km毎の時速も比較してみましょう。
これが歴代1位のデーターね。
次がホイール交換前のデータ
で、今回のデータ
個別だと分かり難いのでグラフにするとこんな感じ。
歴代1位は市内でのタイム落ち込みが少なく、平均的に速い感じです。ポジションチェンジャー装着後は市街地のタイムが遅く郊外はそれなりですね。
今回の11T化については郊外路(少し下り)での最高速が明らかに向上しているので効果はあったみたい。
1時間タイムアタックはスゲー疲れるので暫くトライしないと思うけど、今の仕様の場合は前半の市街地で危なくない程度にスピード盛る必要があるのかな。
 
そんな訳で『DAHON Routeのスプロケを11Tにして見た結果:TOTALの平均速度に変化は少ないが、最高速(下り)は伸びる』でした。
個人的な感想だけど13T:軽い、11T:重い=12Tも欲しいな~って感じです。そんな事言いだすと10Sギヤとか必要になっちゃうので、脚力(体力)をつけようね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)