海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
旅行

2015年7月のタイ旅行その5(アムパワー観光)

どーもです。昨日は夕方から久しぶりの雨が降ったピサヌロークです。
英語-日本語の翻訳は新たな修正も無く、無事にお金が振り込まれました。
これで世の中にヘンテコ日本語の書物が増えた訳ですね。
 
タイ旅行その5はアムパワー観光っす。フアヒンからバンコク方面に1時間30分くらい戻ったところです。観光では水上マーケットやメークロン線の折り畳み市場とか有名ですね。

今回はメークロン線の観光も狙っていたのですが生憎、路線工事で列車は運休だったのでそっちは空振りでした。
そんな訳でアムパワー水上市場に行く前に時間が空いたので、「ワットバーンクン」
に寄ってみました。
ここは最近売り出し中の観光地で仏殿が菩提樹の中にあるのが売りです。
でもその売りの仏殿の前に簡易テントがドーンと建っていて折角の全景が写真に写らないっすね。
本堂の中に入ると撮影禁止みたいでしたので、入り口のギリギリ外からパチリ。
特に入場料とか無かったですが、ほとんどのタイ人は入り口でタンブンセットを買っていましたね。
側面から写真をとるとこんな感じです。周りは赤い紐で「木に乗るな」的なことが書かれていたみたいです。
菩提樹の中ッて感じより、菩提樹に乗っかられている感じです。
境内には戦いの型らしきを収めた人形が並んでいましたが、顔が結構リアルで型に合わないムスッとした感じが面白かったです。
 載せたMAPの左上のタイ文字の所なので興味のある方は行ってみてください。
 
で夕方はホテルの無料送迎を使ってアムパワー水上市場に向いました。
今年は水不足で昼間の引き潮の時間は運河に水が無くてビックリΣ(゚Д゚)
さらにオオトカゲも普通にいて2度ビックリ!!

自分はココに来たの3回目ですが水が無かったのは初めての体験でした。
水上マーケットの筈ですが船は完全に陸地に乗っていましたね。風情が・・・
こんな状況ですけど、満潮になればちゃんと運河になってホタルツアーにも行けるらしいです。
ホタルツアーは19:20分集合だったので、空いている時間でタイラーメンを頂きました。店員さんのほとんどがオカマさんのお店でしたが、値段と味はOKでしたね。
ちなみにコレはお店のイチオシメニューで麺の上にミートソース風の肉味噌が載っています。
今回は5年ぶり位の訪問だったのですが、アンパワー水上市場の規模が倍以上に広がっていてビックリしましたね。昔はタイ人向けのこじんまりした水上マーケットだったんですが、人気が出てお客が増えた影響で、周りの民家もお店に改修して全部見るのに半日掛かりそうな雰囲気でした。
 
まだ日も暮れていませんが、ホタルツアーの出発時間になったので船に乗ります。
ちゃんと水路に水が来ましたが、ほてい草やらゴミがいっぱい流れてきて汚いです。
 ホタルツアーは1人60バーツで昔と変わっていなかったです。この値段で船のツアーを1時間堪能できるのでお得ですね。
ちなみに船上の写真は暗いし揺れるしで撮ってないです。日本のホタルと違って風情は無いですけど、南国らしい派手目の光り方をするので、是非ホタルツアーは行ってみて欲しいと思います。
で、最後は泊まったホテルの紹介です。バーン アムパワ リゾート &スパ(Baan Amphawa Resort and Spa)1部屋3000バーツ!で2部屋で6000です。高いですね。
泊まった部屋はデラックスで外観はこんな感じ。オールドタイスタイルってヤツ?
 
最初に見た部屋は激暗くて、すこ~しゴネてこっちの部屋に変えてもらいました。
まあ3000バーツの値段からするとこの内装でもお得感少ないですね。
ちなみにバスタブも無くシャワーブースもかなりくたびれた物でした。減点☓
ついでに配管も間違っていてハンドシャワーを開けるとボディシャワーが出ます!
部屋は 25㎡なので狭くは無いですが広くも無かったです。
 
ホテルには2箇所プールが有るのですが、月曜日の10時くらいに川沿いのプールに行ったら、どこかの会社の会議に使われて居て入れずじまい・・・減点☓

写真下のもう一つのプールには入れたのでまあ許容でしたが不満は残りました。
 
朝食はオーダースタイルで何個でもOKでした。別料金だと激高っすね。
今回はアメリカンブレックファーストとかも頼んでみましたが、ソーセージやハムはロータスで買ったの?レベルでブロッコリーは激硬・・・
一番美味しかったのはガッパオ・グンでした。
1部屋3000バーツからするとコストパフォーマンスは低かったかな。フアヒンで泊まったホテルのほうが値段も安くて満足度も高かったですね。
これなら水上マーケットに近くて、もっと安いゲストハウスに泊まって方が良い思い出になった気がします。
 
ちょっと長くなりましたがこんな感じのアムパワー観光でした。
 
https://overseas.blogmura.com/emigration/←ブログ気に入って貰えたらポチッっとお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)