海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
家関連

タイルの目地補修してみた。

どもです~。今日は晴天で熱々のピサヌロークからナリカーです。
天気が良過ぎるとバイクは暑さで死ぬので、家に引き篭もり中なんですが、ずっと椅子に座ってネット三昧もカラダに悪いので、シャワー室の目地を修理してみます。
 
1Fのシャワー室なんですけどタイルの目地が取れて穴が開いちゃってるんです。
まあ経年劣化も有るけど、タイの素人職人の雑な仕事の結果かな。
そんな訳で日本人の素人DIYで目地補修にチャレンジしてみましょう!

先ずは、古い目地をカッターとかで削って綺麗にします。

そして必要無いかも知れないが、素人作業による状況悪化を避ける為、目地の横をガムテープでマスキング。これが意外と面倒臭かったですね。
目地コンクリートは乾く前に拭けばきれいに取れるらしいからマスキングはお好みで。

で、タイル側の下準備は終わったので、目地コンクリートを捏ねていきます。ここからは時間制限が付くので気を引き締めていきましょう。

ちなみにタイの目地コンクリートの作業手順は
1,タイルの目地掃除
2,目地コンクリート1kgに水360~390cc入れて混ぜ、10分放置
3,目地部を濡れたスポンジで拭いてから目地コンクリートを塗る。
4,30分放置してから、バケツに入れた水とスポンジで不要な目地コンクリートを拭く
でした。日本のサイトだと放置時間とか違うのですがタイ式でやってみました。
先ずは目地コンクリート400gと水約150ccで練り練りします。日本の情報だと水は少しずつ入れたほうが良いと書いてあったので、それに習って混ぜました。
この時点だとフワフワの生チョコクリームみたいですが、10分放置するとバタークリーム位の硬さになりました。

で、タイルの目地に塗り塗りします。元の目地の色が不明だったので似た感じの色にしてみましたが少し濃い目だったかな?

目地に押し込むように塗るのが難しくて、予備のバターナイフを使って目地埋めてみました。マスキングしたお陰でハミ出しても問題ないし、使う目地も節約できた感じです。

で、30分放置してマスキングを外して、ハミ出し部分を濡れたスポンジで優しく拭います。強く拭くと半乾きの目地も全て取れちゃうので程々で終了。

取り敢えず現時点では、目地の穴は無くなったので、タイレベル的には成功だね。

とりあえず24時間乾燥させて最終チェックだけど、基本的なやり方は掴んだのでやり直しも怖くないぞ^^

これでタイの素人職人と同じレベルとなったので、自分で直せてお得だね。
こちらの記事もオススメ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)