海外引きこもりブログ(ピサヌロークに居座る)

日本からドロップ・アウトした頑張らない人生。(猫、自転車、バイク、自炊)

黒猫ココロの腎不全再発!自宅で皮下点滴する。

こんにちは。今日も良い天気のピサヌロークからナリカーです。予想最高気温は37℃ですが、扇風機で耐えています。

 

自宅で猫に点滴することになった。

動物病院に行く

先日から便秘で嘔吐&食欲のない黒猫ココロ。先ずは下剤を与えて出すものをスッキリしたら食欲が戻ると期待しましたが相変わらず不調。嘔吐は止まったけど食欲が全く無いのです。たぶん処置はハズレ。去年の11月に発症した腎不全の再発な気がします。

奥様はバンコク滞在中で電話対応はできるので、動物病院が開店と同時に電話で状況説明と指示を仰いで貰います。そして黒猫ココロを病院に連れていき、血液検査をする事になりました。

ココロをカゴに入れ、カゴをバイクの後ろに載せて動物病院に急ぎます。ココロは「止めて~怖い~」とストレスMAX状態ですが、血液検査大切なので頑張りましょう。

f:id:warawar34:20190317134911j:plain

体重、体温、血液検査

病院に着いて、体重を測ると3.35kgと去年の11月(3.6kg)より更に痩せてます。治療台に乗せ体温を測り(熱なし)前足の毛を剃って採血です。

採血した血の検査結果は早くて2時間ほど必要で、一度家に帰ってから再治療が必要だとココロの移動ストレスの負荷が高いので、病院で2時間預かって貰うことになりました。「なんで帰れないの」って顔で見つめられるとこちらも悲しいですが、バイク2往復はココロが大変だから少し辛抱してね。f:id:warawar34:20190317134733j:plain

f:id:warawar34:20190317134736j:plain

検査結果は腎不全。。。。自宅の点滴レクチャーを受ける

そして検査から約2時間半後に奥様からTELが入り、「ココロは腎不全です。去年より数値が悪くなってます。先生は点滴の方法教えるから自宅でチャレンジして下さい」との事。去年は約2週間バイクで通院しましたが猫のストレスとお金を考えると自宅で点滴できた方が猫にも良いでしょって話みたいです。今回は既に点滴済みなので、ココロの背中でレクチャーを受けました。しかし説明がタイ語なので自分には半分くらいしか理解できなかった。

理解できた範囲で手順を書くと

  • 輸液パックを高い場所に吊るす。
  • 新しい針をパックから出し、管の先端に取り付け、少し液を流して空気を抜く。
  • 針を刺す場所を消毒する。
  • 肩甲骨と背中の辺りの皮を上に引っ張る(三角テント状になる)
  • 引っ張って三角状の根元付近を狙って針を刺す。(針の角度は水平より斜め下?)
  • 針の向きは斜めカットが上になる様に刺す。
  • 針は1cm~2cmまで皮膚の下に刺す。
  • 輸液を入れる。(速度MAX)
  • 輸液を入れ終わったら、輸液を止め針を抜く。
  • 針の刺した場所を清潔なコットンで暫く押さえる。

f:id:warawar34:20190317140515j:plain

f:id:warawar34:20190317140521j:plain

たぶんこんな事を言ってたと思います。その場では判った様な顔でしたが家に帰ってからネットで検索しまくって猫の皮下点滴を勉強し、同じ様な治療を多くの人がちゃんと出来てることにちょっと安心(そして失敗談もあってコレも安心)

そして病院から帰ってすぐに腎臓ケアのご飯と医療食品を普通に食べて、輸液の効果は抜群です。治療の効果が目で見えるってとても嬉しいよね。

f:id:warawar34:20190317134801j:plain

f:id:warawar34:20190317134805j:plain

次の日の朝にはトイレに大玉オシッコが2個出来てて、この分だけ毒素が減ったかと思うとニコニコしちゃいます。朝は医療食品だけ食べました。

初めて自宅で皮下点滴します

点滴ゾーン準備

写真は病院で購入した皮下点滴セット+猫の医療食品。全部で685バーツ(約2400円)で皮下点滴は3日分です。毒素を抜くために1日300cc入れます。かなりの量ですが前回の治療も毎日300ccでした。

f:id:warawar34:20190317134740j:plain

SNSで自宅で皮下点滴の経験者を探したら1人経験者さんが居て色々レクチャーして頂けて助かります。カーテンレールに輸液パックをぶら下げて、キッチンから作業用机を持ってきて治療台のつもり。

f:id:warawar34:20190317134748j:plain

皮下点滴チャレンジ!

ここからは写真を撮る余裕もなく、脳内で描いた手順を進めたいけど猫が逃げる。そして皮をつまみ上げてもどこに刺して良うのか分からない。そして針が思ったより刺さらなくて猫がもっと逃げるの悪循環。。。。

もうどうにでもなれ!って感じで強めに針を指したらプスッと入って、猫も痛がってない。試しに輸液を流してみたら漏れずに皮下に入ってます!!うぉ~成功だぁ!

f:id:warawar34:20190317134838j:plain

300ccも入れるのでスピードMAXでも時間がかかります。不満顔で逃げようとするココロをしっかり掴んで、顎下ナデナデでご機嫌取りしながら「早く液入れ~」と念じて待ちます。ちなみにこの時の自分は緊張で足がブルブル震えてました。

無事に300ccが入り、液を止めて針を抜き、コットンで傷を暫く抑えて終了!少し穴から液漏れしますけど大丈夫かな?

皮下点滴の終わったココロは、かなり膨らんで重そうですが、程々にリラックス出来てるみたいです。

f:id:warawar34:20190317134859j:plain

f:id:warawar34:20190317134855j:plain

とりあえず自宅で皮下点滴の1日目は達成しましたが、あと2週間は続けないと効果でないと思うのでもっと上手にならないとね。ココロも頑張れよ!

 

↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします