海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
食べ物

バンコクで高級なお肉を食べる。「YAKINIKU KIRABI」

どもどもでっす、ピサヌロークからナリカーです。

急遽友人の母がバンコクの病院に検査は無事に終わって、体調は回復した模様。

検査結果とか聞いてないので不明だけれど、血行関係とかかな?

とりあえず嫁氏はリビングで寝るのはOKなのでそのまま友人宅に居座り中。

今日もイベント中らしく、無料お茶菓子とかお弁当を頂いているみたいです。

懸賞で高級焼き肉をゲット

先日のバンコク上京時のコメントで「メインの用事は何だ?」って有りましたが、目的は懸賞で当選したお肉を食べに行くことでした。

嫁氏から「懸賞のやり方教えるから、応募して下さい。」とレクチャーされダメ元で応募したら見事に当選したのです。

お肉を食べる為に往復740kmもバイクで走るのはマヌケでは有る。

でも俺氏は暇で時間は有るし、バイクなら往復のガソリン代420バーツで行けるから3000バーツ相当のお肉を食べに行くメリットは有るな。

YAKINIKU KIRABI

懸賞で当選したお肉が食べられるお店は「YAKINIKU KIRABI」さんです。

宿泊している「イビス バンコク スクンビット 4」からだと一歩通行でアソーク方面に行くのが大変なんだけれど、バイクの機動力を生かして途中の小道に右折してアソーク方面に行けた。

この辺の道路は初見殺しだらけなので道に詳しくない人は乗らないほうが良いよ。

https://www.yakiniku-kirabi.com/?fbclid=IwAR2vY5ozSQWbA0Pc_0HvZEs_Ww2oIh0RcZ6AVafPs1FzijQZBfg6impnq-Q

夕方の渋滞をシコシコとすり抜けてトンローまで来た。お店はトンローの手前のsoi51にあります。

駐車場は広くて車でも停めやすい感じ。我が家はバイクなので従業員駐車場みたいな所を案内される。

お客なのにバイクだけ差別じゃ~んって気もするけど、バンコクでバイクに乗ってるやつは車も買えない労働階級の下層民の証だからしょうがないのよね。

お店に入店して懸賞の当選者です~と身分証明書見せて紙にサインして書面はOK。

今回の懸賞は日本の政府系の懸賞なので本人確認とか結構ちゃんとしてました。

店内はお客さんが一杯で繁盛してる感じです。ボックスシート的な感じで炭火のロースターがテーブルの真中に収まって上の換気扇で煙を吸い上げるレイアウトです。

強制じゃないけど頼んだ

既に3000バーツ分の焼き肉メニューはお店のおまかせとなっているので頼む必要は無いですがお肉以外も必要でしょってことで本来中学生以上がオーダー必須の80バーツセットと白米大盛り(80バーツ)を有料で頼みました

このお店は料金表が++なので80バーツ*3*サービス代10%*税金7%=282.5バーツになる予定。

セットはこんな感じ。

で、1人80バーツのセットはこんな感じです。

サラダ菜ともやしのナムル。サラダ菜は最初から多く入っていておかわりする必要なかった。

もやしナムルはいい感じの味付けでお肉が来る前に2回ほどおかわりしちゃった。(混んでてお肉が30分くらい出てこなかった)

焼き野菜は必要最小限って感じかな?個人的にはもう少しボリュームほしいな。

ニンジンとかカボチャなら原価安いし切るだけとか行ったら、文句言うなら来るなって言われちゃうね。

野菜セット
サラダ菜ともやしのナムル

あと調味料はこの辺を駆使して自分だけの味を追求していって下さい。

ちなみにタイ人が好む「ニンニク&青唐辛子」は置いていないので完全な日式?です。

調味料

お肉登場

で、待ちに待ったお肉様がやってきました。この1皿で3000バーツ(約1万円)だよ。

凄くお肉にサシが入って見た目から高そう(美味しそう)な感じですね。

この写真を撮っている時は全く気付かなかったけれど、同じ種類の肉が入ってるね?

クラシタ☓2、ロース、マルシン、イチボです。

クラシタが店長一押しかな

お店のメニューだと4種盛り、5種盛り、6種盛りが有るけど見た目5種盛りで4種って事かな?

今回は懸賞で当たった物でお肉はお店におまかせって事なのでクレーム入れなかったけれどせっかくなら同じのじゃなくて別のお肉を食べたかったね。

でも単純に看板だけ間違えたって線も有るし。(タイあるある)

見た目とかで違いが判るだろって言われそうだけど、こんな高級肉を今まで見たこと無いから判断つかんかった。

どの盛り合わせなんだろう?

実食

で、実食です。

お肉が来るまで15分ほど温め続けられたアミ部分は熱々であっという間にお肉が焼けてしまった。

食べたらお肉の脂身が甘くてとても美味しい。(^o^)

今までこんなサシの入った焼き肉を大量に食べた記憶がないけどとっても美味しいのだ。

イチボはかなり厚切りで一部に筋が残ってたけど、食べごたえありました。

自分の金じゃ絶対入らないけど、懸賞なら喜んで頂きます。

写真用に一気に並べる

焼き過ぎ?

最初は少ないかな?っと思っていたお肉ですが脂身が多いからか、後半は結構満腹になって大満足です。

大盛りご飯がマジで大盛りだったのも満腹になった要員ですかね。

最後に有料分の料理のお金を払って(283バーツでした)帰宅。

ごちそうさまでした。

感想

お店のお肉はA4、A5ランクとの事でサシが多めで美味しかったです。

貧乏舌の嫁氏は「すりおろしニンニクとか辛い調味料が欲しい」「焼肉のたれにバリエーションが欲しい」とか言ってました。

俺は塩とレモンで食べるのが結構気に入りましたけれど、焼肉のタレにバリエーションは賛成かな。

使っているお肉の説明

でもタイでこのレベルのお肉をこの値段で提供できるのは結構凄い事な気がします。

お店にお客さんが多かった事も考えて十分オススメ出来るお店と思います。

駐在員さんなら高く感じないだろうし、トンロー周辺の金持ちタイ人なら尚更大丈夫。

新型コロナの影響で日本観光とかに行けない状況だと、日系飲食店に本場の日本の味を求めたタイ人が押し寄せてきていい感じかも知れません。

とりあえず旅の目的であったお肉を頂けて満足でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。

ABOUT ME
ナリカー
自分が2012年にタイ移住したときの、日本家族への生存確認として始めたブログです。 今現在は夫婦2人と猫2匹に囲まれ、猫ブログ、自転車ブログ、バイクブログ、俺飯的な日常雑記ブログを適当に書いています。   記事が気に入って頂けましたら、埋もれている過去記事も楽しんでいって下さいね(^^)  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)