海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
旅行

記憶があやふや「チェンカーン旅行」その3「Phu ThokとKaeng Khut Khu」

どもです~
今日は死んだXperia A2の解剖をして不調の原因を特定致しました。
まあ見た目から背面のケース中央が膨らんでいたのでバッテリー問題だろうと、分解した結果、一時的に復活いたしました。バッテリー端子の着け外しがキモだね。
いつ死ぬか分からないので必要なデータをPCに移動し、膨らんでるバッテリー中央を手で押すと即死亡。日本帰国時にAmazonで2000円の互換バッテリー買うか・・・

まあ、そんな訳で記憶があやふや「チェンカーン旅行」その3「Phu ThokとKaeng Khut Khu」です。今回でチェンカーン旅行も終わりですよ。
 
チェンカーンのホステルで1泊過ごし、朝のタンブンイベントを途中で抜け出し雲海が見える「Phu Thok」にバイクで向かいます。
距離的にはたいした事無いのですが、日の出前の暗闇&深い霧&凸凹道で運転怖かったです。
25分くらいで専用ピックアップ乗り場に到着。ピックアップは1人25バーツでした。

ピックアップの荷台に乗り急な坂道を登っていくとそこには360度の雲海がありました。正直こんなにキレイな雲海が見れるとは思っていなかったです。

朝日が出るまで30分くらい待ちましたが、涼しい風が気持ち良かったです。
ここはお勧めです。

その後、朝ごはん食べて近くのラオスレストランでカノムジーン・ラオやスキー・ラオを頂き12時のチェックアウト時間までホステルでマッタリしました。

チェックアウト後に「Kaeng Khut Khu」って所に行きました。メコン川の中州まで歩いて行けお土産やレストランが沢山あるらしいです。

すでに昼過ぎで熱々の道を走って行きましたが、川は増水気味で中州への道は水没していました。暑くて外を見学する気も起きなかったので、すぐ横のレストランに入り料理を頼みます。

頼んだメニューはラープ・ペッ(アヒルのラープ)と川えびの天ぷらとカオニャオ・水です。まあ美味しいといえば美味しいですけど、川えびの天ぷらは油が古いのか胃もたれしそうだったので残しちゃいました。個人的にはハズレ観光地でしたね。

あとはピサヌロークまで頑張って帰るのみです。

急いで帰らないと日没で危険なので頑張りたい所なのですが、午前中の観光&午後の暑さでペースは上がらず帰着は19:30だったかなぁ?
とりあえずヘトヘトでしたが事故も無く無事に帰ってこれて良かったです。
 
教訓としてバイクで長距離を移動する場合、極力観光は入れないほうが体力的に安全ですね。
明るい時間・涼しい陽気・時間に余裕・観光無しで体力温存で走れば比較的長距離も容易ですが、それで楽しいのか?って所が問題ですね。
 
チェンカーンは少し遠い場所ですけど、チャンスがあれば行ってみて下さいね。
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)