海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
旅行

カオソック旅行(クゥアンラチャプラパー湖でボートハウス宿泊)その1

で、カオソック旅行のメインであるカオソック国立公園のクゥアンラチャプラパー湖に向かいます。
スラタニー空港でミニバスに電話しチョウラン湖に向かいます。湖行きのミニバスが来るまで40分程待ちました。
ミニバスで1時間半程でボート乗り場に到着です。
ここでツアー代を払って貸切ボートで宿泊地に向かいます。プライベートボートで1泊2日で何時でも自由に使えます。
このクゥアンラチャプラパー湖は「タイの桂林」と呼ばれているらしく、切り立った山と湖の景観が自慢です。
 
お宿までの約1時間はずーっとこんな景色です。中国の桂林に行った事が無いので比較できませんが
十分魅力的な観光地と思います。
 
ただ船に乗って移動しているだけでとても楽しいのです。
騒いでも、好きに場所移動しても誰にも咎められずサバーイサバイ
 
景色を眺め、写真を撮っていると遠くに小さくボートハウスが見えてきました。
両側を山に挟まれたコテージに到着です。
ここのコテージは「PLENPRAI Resort&Restaurant」です。日本語サイトは発見できず
藁葺きのコテージが可愛いですね。簡素な施設ですが国立公園内ですし、まあOKです。
 
部屋は到着してからリクエストで後ろにも扉のある大きな部屋に変えてもらいました(ありがとう!)
蚊帳がついていますが、宿泊中に蚊はみませんでしたね。
ちなみにシャワーはなくて、こんな大きなタンクの水から手桶で体を流すタイプです。当然冷たい水です。
アメニティ無し・タオル無しなので自分で持ってきて下さいね。(高いツアーならあるかも?)
 
トイレは洋式でハンドシャワー付きなので苦ではないですよ。
自家発電なので電気は夕方18:00~23:00までです。カメラの充電はこの時しないとチャンス無いです。
 
結構不便もありますが、このシチュエーションは中々日本では味わえないと思いますよ。
本当に大自然の真ん中が味わえます。
 
コテージの下の湖には大きな魚が一杯居ます。
宿泊中にルアー釣りもしてみたのですが、当たりが一度だけで結局釣れませんでしたね。
結構大きな雷魚が追っては来るのですが、食べてくれません
水の透明度が高く、お互いの姿が丸見えなのが原因かもしれません。まあ楽しい釣りでありました。
 
 
コテージ宿泊中の食事は全てついており、外人向けのマイルドなタイ料理が頂けます。
自分はグリーンカレー苦手なのですが、ココのカレーは美味しかった。シチューみたいな味でした。
 
ちなみに宿泊者はロシア系の人が多いそうで日本人は殆ど来ないそうです。
この日記読んで興味が出たら、是非行って下さい。
 
 
この後、山歩き&イカダ&鍾乳洞観光があるのですが、次に続きます?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)