海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
家関連

タイ家の名義変更準備中

どーもです。朝9時前で気温35度のピサヌロークからナリカーです。

今日の最高気温は43度を予定しております・・・
自分の朝ごはんは冷凍庫掃除を兼ねてカレーパン・シナモンパンとホットコーヒー。

朝から30度超で、外で食べるのがシンドイので部屋食です。

 
で、タイトルの件ですが今住んでいる我が家が実は義父名義なんですよ。
何故かと言うと私&嫁が日本に住んでいる時に土地の契約が必要で義父にお願いしたんですね。
当時はタイに相続税が無く、名義変更手数料も大した事無いだろう。って放置していたのですが義妹の家購入の件で、義父名義のままだと良く無いことが起きた場合に面倒かな?って思って嫁名義に変更しようと思います。
 
そんな訳で嫁に家の名義変更の方法調べてとお願いすると、名義変更料?登録料?とかで2%の税金が掛かる?みたいな事を行っていますが、どのお金に税金が掛かるのか、建物はどうなのかとか不明な点が一杯です。
更に、タイ軍政の景気対策で4月中まで特別減税みたいな情報も・・・

結局良くわからないので、ピサヌロークの町役場に聞きに行ってきました。

こちらが川沿いにある町役場です。中に入って受付の方に土地の件の話をすると、
「土地はこの建物じゃなくて別の場所の建物ですよ。スタジアム近くに有ります」
と教えてもらい、スタジアムまで移動。

市内からスタジアム手前にその建物はありました。外観はこんなです。

駐車場には車が溢れかえっていて、土地だけじゃなくて他の行政もやってるみたいですがタイ語読めないので分かりません。

入り口近くのインフォメーションで土地の名義変更について確認して見た結果は、

1.土地の相続に反しては軍政の特別減税は関係ない。
2.相続の場合の税金は1%
3.土地の値段は売買額でなく、政府の決めた基本地価を使う。
4.建物の評価額も政府で決める。
みたいです。

土地の登記簿の原本や義両親の結婚証明書・タビアンバーン等の必要書類はあったみたいなので、来月にでも変更しに行ってみたいと思います。

 
昼過ぎに帰ってきたのですが、外気は42度に達していて、熱さでボーッとしてきます。吹き出た汗も瞬時に乾いて干物になる気分がします。
 
夕方の散歩ついでにロータス・エクスプレスに行き、見切り品購入。
黄色い値札のないドリンクは嫁の仕事中中の息抜き支給品です。味見しましたけど美味しかったですね。

嫁さんは翻訳頑張っているので、10時・15時で見切り品のおやつも配給されます。

嫁の頑張り次第で赤字と無縁の生活になるので頑張って頂きたいと思います。
 
https://overseas.blogmura.com/emigration/←ブログ気に入って貰えたらポチッっとお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)