海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
タイ日常

タイ免許更新の道(イミグレの在留証明)

皆様、こんにちは!
今日は一昨年取って10ヶ月も期限切れ状態のタイ免許を更新して来ました。
更新するまでにタイらしい面倒事も合ったので、その内容も載せようと思います。
そもそもタイ免許更新は去年の9月に行おうと思っていたのですが、
在留証明を貰いに行ったイミグレ係官から「手が疲れたから書類書けなーい。
貰えたら書けるかも?」
と言われ、国際免許切れるまでイイや!!って今まで放置していました。
でも国際免許も6月中旬で切れるし、タイ免許あった方が便利なので再チャレンジしに行きます。
まずは免許センターに行って必要書類の確認をします。
ちなみにOビザ等の1年ビザ無いと5年免許作ってくれないかもです?(詳細不明です)
1,パスポート+コピー(顔写真&ビザの所)
2,在留証明(イミグレor日本大使館or町役場)+コピー
日本大使館の書類か簡単と思います。
3,健康診断書+コピー
確かこんなモンだと思います。
パスポート関連と健康診断は直ぐに終わったのですが
今回も在留証明で手こずりました。
まずはイミグレに行って在留証明貰えるか確認すると係官の方は「1000バーツ頂戴
」と。。。
金額について問い詰めると「実は無料だよ。さっきのは冗談だよ~
」と言います。
じゃあ証明書作れるの?と聞くと
「僕は作れるけど作りたくないな。日本人が事故起こしたら証明書出した僕が怒られるかも知れないし」
「日本人がソイタクシーとかの仕事したら僕が怒られる」
要は難癖を付けて暗にお金を請求している訳ですね。
このまま話を続けてもロクな事がないので、必要書類だけ聞いて帰ります。
相変わらずピサヌロークイミグレは面倒臭いですね。
じゃあ次の手段って事で、町役場で貰えるか聞きに行きます。
コチラが町役場です。
で、町役場で在留証明が貰えるか確認した所、
「もう一度イミグレに行ってダメなら作ってあげる」って人と
「作ってあげない」って人と
「裏で作ってあげる」って人が居ました。
タイ公務員の良くない所(担当官次第)ってヤツですね。
結局、もう一度イミグレにチャレンジした方が早そうなので今度は義父も一緒に連れて行きます。
嫁だと担当官が舐めてお金要求するので、義父に交渉してもらいましょう!
ちなみに必要書類は
1,在留している家のタビアンバーン+コピー
2,在留している家の持ち主のIDコピー
3,パスポート+コピー&顔写真2枚
※2018年の免許更新時は顔写真2枚は不要でした。
義父が担当官に書類を依頼すると、何の文句もなく書類ができました。
ちなみにイミグレの写真です。誰がお金要求してるかは特定されるので書きませんよ
(見れば判る?)
毎回同じ人から要求されるので、別の人に当たるまで待つのも手かもしれません。
一番オススメは大使館だとおもいます(有料ですが)
ちなみにこれがイミグレが出す在留証明です。この書類のために結構な時間を使いました。
なんか長くなっちゃったので免許センターは次に書きます。
↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)