海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
旅行

【朗報?】JALコロナカバー開始(でもタイ入国に必要な書面は作れない?)

どもどもでっす。ピサヌロークからナリカーですよ。

今日もちゃんと5時半に起きたけれど野焼きの大気汚染がバリ高のAQI164(健康に良くない)で行けず。外に数分居るだけで服が煙臭くなるんだよ。

野焼きする農家は不幸になれ!

JALが無料でコロナ補償を開始

TwitterでJAL国際線に乗ると自動で新型コロナ補償が適用されるって話を見た。

もし本当ならとっても最高じゃない?って事で自分でも調べてみました。

JALのホームページにちゃんと「JALコロナカバースタート」と情報あります。

https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/jalcoronacover/?Ma=7&utm_source=mailExt&utm_medium=mailnews&utm_campaign=01_20201211&utm_content=PW&121=32ZZZZZZ001942&&&&&

現状JALだけのサービスかな?

ざっくりした補償内容

  • 2020年12月23日~2021年6月30日(ご出発分)期間限定
  • JAL国際線(JAL便名かつJAL運航便)利用時に無償でご提供※他社便名または他社運航コードシェア便は対象外
  • 万一の際の24時間無休の医療・宿泊手配に関するご相談窓口をご用意
  • 自動付与のため事前登録不要
  • 最大15万ユーロの医療費を補償
  • 最長14日間、1日あたり最高100ユーロの検疫隔離費用を補償

補償対象となるお客は

対象搭乗期間中にJAL国際線(JAL便名かつJAL運航便)をご利用のお客さまとなります。

  • 小児・幼児、旅行会社発券の航空券やパッケージツアー、特典航空券も対象となります
  • 他社運航のコードシェア便は対象外となります
  • 本サービスへの事前お申し込みは不要です

対象補償期間

補償期間は第1区間(JAL国際線)ご搭乗日から31日間です。

ただし、往復旅程の場合、31日前であっても居住国に戻った時点で失効となります

補償期間のイメージ

例:第1区間が、2021年6月30日に出発した場合

2021年6月30日から2021年7月30日まで補償が受けられます。(往復旅程の場合、居住国に戻った時点で失効)

補償を受けるには(留意点)

補償を受けるには事前連絡が必要です。新型コロナウイルスの感染が疑われる場合は必ずJALコロナカバーサポートにご相談ください。

つまり病院に掛かる前に連絡先に電話しろってことですかね。(ちなみに載せている情報はタイ向けだけです)

ただし12月22日までは24時間対応ではないので、運悪く夕方以降にコロナ発症が疑われた場合、JALの保険適応するためには次の日の朝まで我慢が必要になります。

12月10日(木)~12月22日(火)の期間は以下より承ります。(日本時間)

タイから問い合わせ

日本語:001800-811-0600

営業時間:7:00~17:00(年中無休)

  1. ローミング携帯からはご利用いただけません。
  2. タイ国内でご契約の電話からのみご利用いただけます。

日本からのお問い合わせ(8:00〜19:00)〔年中無休〕/有料

JALマイレージバンク(JMB)会員の方

電話でお問い合わせ(8:00〜19:00〔年中無休〕/有料)
0570-025-103東京:03-5460-3737
12月22日(火)までの問い合わせ先

12月23日(水)以降は各国・地域の窓口より24時間無休で承ります。(日本時間)

日本からの問い合わせ

0120-429-256

タイからの問い合わせ

1800-011-267

12月23日(水)以降の問い合わせ先

とりあえず概要はこんな感じでした。

まとめるなら

  • 2020年12月23日~2021年6月30日(ご出発分)が保険適用対象
  • 補償は自動付与のため事前登録不要で最大15万ユーロの医療費を補償
  • 補償を受けるには受診前にJALに事前連絡が必要。
  • 補償期間は第1区間(JAL国際線)ご搭乗日から31日間

です。

今の時点でANAとかチェックしましたが同じ様なサービスは無かったですね。

上手くすればこの保証を使ってタイ入国の保険をカバーできるかとも考えましたが、文章内に「保証内容を書面で発行」が何処にも載っていないので無理そうな気がします。

まあ元々31日しか保険適用されないので今のタイの隔離14日間を考えると使えてもメリット少ないしね。

タイ以外の隔離無しや保険の書面不要な国であればとても有効な補償と思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ ペットランキング にほんブログ村 ↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。

ABOUT ME
ナリカー
自分が2012年にタイ移住したときの、日本家族への生存確認として始めたブログです。 今現在は夫婦2人と猫2匹に囲まれ、猫ブログ、自転車ブログ、バイクブログ、俺飯的な日常雑記ブログを適当に書いています。   記事が気に入って頂けましたら、埋もれている過去記事も楽しんでいって下さいね(^^)  

POSTED COMMENT

  1. Nangfar より:

    昨日JALから、このメールがきました。
    多分、隔離無しで行けるハワイ向けなんでしょうね。
    ナリカーさんが仰る通り、隔離期間14日があるタイではクソの役にも立たないって言うか、隔離期間14日ある時点で、ほとんどの観光客は行きませんからね。
    先日も言ったように、政情不安があるタイには、例え隔離期間がなくなっても、一般的な観光客は行きませんから。
    行くのは俺達のような観光業には全く金を落とさない渡航者だけです。
    タイ政府は、STVの観光客が思いの外増えず、感染者が増加してる日本をSTVの対象国に復活させたみたいですが、そんなことしたところで、誰も行きませんよ。やっぱりタイ人はアホですね。みんなネックになってるのは隔離期間なのに。

    • ナリカー より:

      Nangfarさん、こんにちは。
      隔離のない地域であれば、JALの取り組みは評価される気がします。
      タイはこのままコロナ低リスク国&景気悪化で進む(後退)気がします。

  2. ムガ より:

    タイ人の皆さんはコロナに対するビビり方が尋常ではないように思えます
    見えないという点でオバケと混同してますね
    もう感染=死亡という認識ですから、同調圧力が働いて観光業界やインバウンド?の人たちは意見が言えないような状態ではないですかね?
    軍人政府としては経済よりも票読みの方が重要でしょうから
    経済には死んでもらいます!っていう方向性でしょう。
    これを機に国が没落したとしても、60歳以上の老人政治家には関係のない話でござんす??

    • ナリカー より:

      ムガさん、こんにちは。
      タイ人は意外と怖がりと言うか面白い文化ですよね。
      観光業界は来年も同じ状況だと全滅しそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)