海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
旅行

国際バスでルアンパバーン旅行その4(朝の托鉢&朝市&市内ご飯処)

どーもです。
旅行から帰って冷蔵庫が空っぽになったので、ロータスエクストラで買い物行ってきました。
ついでに旅行前の翻訳代金も振り込まれたのでちょとホクホクしています。
使った旅行代金の補填が少し出来て嬉しいですね。

 で、国際バスでルアンパバーン旅行その4(朝の托鉢&朝市&市内ご飯処)です。
 
はっきり行って、余り良いこと書いてないし、おしゃれな日本人には関係無いお店とかの紹介なんで、期待しちゃダメですよ。
 
んで、今回紹介する場所を地図で表すと下記のようになります。
ルアンパバーン2日目の朝は早起きし、ルアンパバーンに行ったら必ず見るべし!とだいたい書かれている?朝の托鉢を見に行ってきました。
 
托鉢の場所は他のブログとかで沢山書かれているのでまあ、割愛。
この季節の朝は結構ひんやりしていて長袖1枚羽織るくらいがちょうど良かったです。
 
ルアンパバーン市街には多数のお寺が有り、朝5:30頃からお坊さんの托鉢が始まり、朝6時過ぎまで市内の至る所で見られます。
 
ちなみに下の写真は、ゲストハウス前の托鉢です。
この辺りは観光客の体験托鉢とか少ないので皆さん現地の方ですね。
メインルートの博物館前とかには、お高い値段で体験托鉢セットとか売られていますが、私達は托鉢なしで写真だけ撮らせて貰いました。
 
後、托鉢する列の中には、逆托鉢を待つ子供たちが結構混じっています。
この姿を見て「可哀想だな」なんて思いましたが、実際はどうなんでしょうね?
この子の親はお寺の前で高い托鉢セットを売り、ソレを買った観光客が御坊様に托鉢し、御坊様はご飯を子供に分ける。
これってかなり割の良い商売な気がしますよ。
 
托鉢後に親子は並んで帰って行きました。
高い値段でご飯を売って、そのご飯を貰って食べる。原価0円の商売ですね。
 この光景見て、こんな事考えてる自分は心が汚れているんだなーと感じますね。
 
 
朝の托鉢を見終わり、少し早い時間ですが朝市ゾーンの見学に向かいます。
良く他のブログではコウモリとかネズミが売られていたなんて書かれていたので実際どんな感じか楽しみです。
 
で、朝市の様子はこちら。
まあ至って普通の朝市ですね。流石にメコン川の横なので大きなメコンナマズとかカニとかが売られているのが特徴とも言えますけど、あまりタイと代わり映えしないですね。
 
今回の散策で珍しいな!と思ったのはこの黒っぽい野鳥位でしょうかねぇ。
後ろのカニは色が薄いので、タイ人曰く「黄金カニ」だそうです。
洞窟?に住んでいてタイ人はお土産に買っていく人が多いらしい。
 
あと、タイならスーパーで買うような、ソーセージやベーコンも朝市で売られていましたね。タイと違ってスーパーなるものが無いこの街ではそれなりに需要が有るみたいです。
この朝市を見てルアンパバーンの食料物価が高いのは、食料が届くまでに多くの中間業者が居る影響なのかと思いましたね。
 
加工食品の場合、タイなら工場→スーパー→消費者で終わりですけど、
ラオスだと近隣国から輸送業者→元売り→小売→消費者って感じなのかな?
 
そんな感じで、特に大きな感動もなく、朝市を後に致しました。
 
で、残りは滞在中に食べたごはん処の紹介です。
 
先ずは、ゲストハウスから徒歩1分のカオピアック屋さんです。
このお店はタイ人に人気らしく、安くて美味しいらしいです。
普通はお店の横の机で食べますが、混んでいる時は川沿いの空き地に机が出てそちらでも食べれます。
シチュエーション的には川の横で食べた方がお得感有りますね。
 
値段は良心的でカオピアック8000キップとパトンコー2個2000キップとラオスコーヒー5000キップでした。(お茶も無料で貰えます)
カオピアックは結構濃い目の味付けで調味料無しで美味しく食べれます。
具材は豚の骨付きアバラ肉としいたけで、フライドオニオンとネギがトッピングです。
パトンコーを浸して食べるとかなりサイコーでした。
ラオスコーヒーはまあ1回飲めば良いかな?って味です。
ちなみにパトンコーは自己申告制なので会計時に教えてあげてくださいね。
 
 
で、次なるお店は、更に分ほど歩いた所に在る、カノンブアン・ラオのお店です。
お店は川沿いにあり、川を眺めながらの食事ができます。
このお店は、夜には閉まる?みたいなのでお昼ご飯にお勧めです。
頼んだメニューはおすすめ料理のカノンブアン・ラオ20000キップと生絞りオレンジジュース7000キップです。
 
カノンブアン・ラオは空芯菜・モヤシとネーム・ムーヨーが薄焼き卵に包まれた料理
これにピーナッツ入りのタレを付けて食べるのですが、つけダレが絶品でウマウマでした。
生搾りオレンジジュースは美味しいけど普通かな?
 
次は、ワット・シェーンの向かい側にあるカオソーイ有名店です。
ガイドブックとかだと午前中に売り切れるから早く行け!とか書いてあるお店です。
私達は開店してすぐの8時くらいに入店しました。
頼んだ料理はカオソーイ20000キップとフー20000キップです。嫁情報だと15000だったのですが値上りしたみたい。正直高いですね。
タイのカレー味のカオソーイは大好物なので、ルアンパバーン有名店のカオソーイがどれ程の物か食べ比べしたかったのです。
 
で、お味の方はどうかと言うと、まあ美味しい?レベルでした。
恐らく私の期待値が大きすぎたのだと思いますがトマト入り肉味噌?が出来損ないのミートソースみたいで微妙だったのです。
でも、現地のお金持ちそうな方が沢山来客していたので、味は良いのだと思います。ただ私の趣味では無かったって事ですね。
 
最後は、おしゃれ処の「JOMAベーカリー」です。
これも嫁リクエストで訪問しました。
店内はオサレに出来ていて、パンとかも美味しそうです。
この街に住む外人さんが、パンをごっそり買って帰るので味は良いのでしょうね。
 私達が頼んだのはレモンバーなるケーキ?です。11000キップ。
味はレモンがガッツリ効いておいし~い
ナイトマーケットで買ったケーキとは大違いですね。
会計時に20000キップ払ったら、何故かお釣りが11000キップ帰って来たので値段間違ってるかもしれません。
 
このブログ書いて思ったのは、旅行記より食べブログが中心になっていますね。
もっと街の景色やお寺を織り込まないとマズイ気がしてきました。
 
次はそうなるように頑張りたいと思います
https://overseas.blogmura.com/emigration/←ブログ気に入って貰えたらポチッっとお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)