海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
タイ日常

親戚が入院したのでお見舞い行ってきた。

どもです。今日もいい天気で扇風機のお世話になっているピサヌロークからナリカーです。
スコータイに住む親戚のお婆ちゃんがピサヌロークに在る私立病院に入院したと聞き、お見舞いに行ってきました。
スコータイにはまともな病院が少ないから、お金持ちはピサヌロークの私立に入院します。場所は「Pitsanuvej Hospital」って私立病院でした。
大きな個室でとってもお高そうな感じですね~。入院したお婆ちゃんはリハビリに行き不在なのでお見舞いに来ていた親戚と団欒しましょう。
まあ団欒と言っても、言葉の分からないダメ日本人の俺氏はスマホ片手にお部屋のチェックします。広い洗面所にフッカフカの気持ち良いソファーもありますね。

晩ご飯を覗かせて頂くととっても美味しそうでした。
赤い服の女性(オナベ)さんは車検場を持っていて、設置された監視カメラに映るタライ泥棒(近くに住む女性)や不審者のビデオを皆で見て盛り上がりました。
そんなこんなをしている内にお婆ちゃんが帰ってきて雑談&晩御飯タイム。
お婆ちゃんの病名を聞くと「脳の血管が狭くなって倒れた」との事なので脳梗塞かな。手術なしで投薬で済んだみたいで入院2日で退院できるそうです。

後遺症がどの程度か判りませんが、ご飯も自力で食べれるし、付き添いありなら歩くことも出来るので少し安心致しました。

私立病院で個室を使うと治療費込みでこれくらいの金額が必要なんだね。
国立病院と比較すると、もしもの時は高くても私立病院の方が安心だね。
脳梗塞とかの場合、初期治療がしっかりしてないと後々も変わってくるし。
自分は相部屋で良いので、もしもの時は嫁様、宜しくお願い致しますm(_ _)m
 
お婆ちゃん、早く良くなってね。
↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)