海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
タイ日常

建築現場で教育について考えた

どーもです。
今日も朝から猫の御飯作って、トイレ掃除して、コーヒー飲んだナリカーです。
最近木登りをマスターしたらしくよく登りますが、降りる特は自由落下が多いです。
昨日は猫砂貰ったお金持ち政府系の家に住んでいる猫2匹&犬2匹と少し遊ばせて頂きました。
猫は我が家のノラと違い毛がサラッサラのツヤツヤでセレブ感大でしたね。
茶トラのタイ猫と三毛猫のペルシャでした。
 
犬はゴールデン・レトリバーでかなりのおデブさん。
オーナーさんが横に入れば人懐っこくて戯れてきますね。
久しぶりに大型犬をモフモフできて楽しかったです。
 
ちなみに「何のお仕事されているの?」と聞かれ、嫁は「家で翻訳してます」と世間体を気にした返答していました。さすがに「2人で無職です(*´ω`*)」はヤバイよね。

最近、建築現場の作業員に外国人家族が入ってきました。
何処の国か判りませんが、全くタイ語っぽくないのでミャンマー人かな?
まあ、親が現場で働くのは構いませんが、中学校?小学校低学年?位の子供2人は学校にも行かず、現場付近をウロウロして遊んでいます。
 
当然、このまま大きくなっても、勉強してないからマトモな仕事に就けないでしょう。
 
家庭の裕福度で子供の裕福度も左右されるってのは本当ですね。
でも裕福度より、学力に対する価値を両親が判っていないのが一番良くない気もします。
全員、大学出ろとは言いませんが、義務教育まではちゃんと勉強させようよ。
 
 
自分も大学行ってない人ですが、とりあえずちゃんと学校行かせてくれて、簡単な翻訳仕事が出来る程度の知能を与えてくれた両親に感謝ですわ。
 
まあ、仕事もせずにタイでニートしてるんで、両親は残念に思っているでしょうけど
 
無教養は『100害あって1利なし』、でも教育って特効薬ないんだよね~
アフリカよりはマシだけど東南アジアもまだまだ大変だ。。。
 
https://overseas.blogmura.com/emigration/←ブログ気に入って貰えたらポチッっとお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)