海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
買い物

タイで梅酒作りの材料探し。ガラス瓶のサイズ違うじゃん!

どもどもでっす、ピサヌロークからナリカーです。

昨日の昼に久しぶりにキッチン勝手口の屋根付きポーチを水洗いした結果、ジンクス通りに夜に雨が降る。
ポーチは汚れたが雨の効果で久しぶりにエアコン無しで寝ることが出来た。

風のうわさで4月以降のタイ入国の規制緩和の詳細が出てたね。

  • タイ入国前のPCR検査不要
  • タイ入国時のPCR検査はATKに変更(5日目もATK)
  • コロナ保険を1万ドルに減額

まだ確定情報ではないので喜んではいけない。

あと嫁氏から送られてきた今タイで人気の動画。
田舎の賭博場のガサ入れ動画だけど音楽がとっとこハム太郎でギャップ萌え。

「蜘蛛の子を散らす」ってこういう感じなのね。

あとタイの新型コロナ新規感染者は25456人、死者77人。ピサヌロークは新規197人

ガソリン価格が値下がり

直近のガソリン価格高騰で運送業とか大変なタイ(日本も大変)ですが、今日からガソリン価格が値下げされました。

1バーツの値下げで市場での販売価格がリッター40バーツ以下になったね。

40バーツ(約140円)って日本に比べれば安いと思われるけれど、タイの屋台飯って40バーツ以下だったりするので実際の価値としては日本より高いんだよね。

燃費の悪い車だと10km走る毎に昼食1回分が消えて無くなるイメージ。日本の物価換算だと600円相当だよね。

1バーツ値下がり。

そんな感じで少しだけガソリン価格が下がって良かったのです。

梅酒作りの準備

日本の梅酒作りって6月位のイメージだけどタイの梅は3月~5月まで収穫できるらしい。

去年タイの梅情報を見た時は時既に遅しで買えなかったので、今回嫁氏にお願いしてチェンライ産の青梅3kgを購入してもらった。

正直3kgも要らないけれど梅は1kg50バーツで送料のほうが高いので同じ送料で買える3kgにしたのよ。
ちなみに発送から到着まで輸送で3日ほどかかるみたいでまだ到着はしていない。

そんな訳で梅酒作りに必要な材料を求めてお買い物に行く。

お酒

そんな感じでタイ庶民のスーパーLOTUSで材料を物色。

お酒コーナーでアルコール35%以上の商品を探すけど、ホワイトリカーっぽい商品だとアルコール40%で700ml150バーツ前後でした。

茶色いビール瓶みたいなタイプはラオカオ?値段が100バーツ以下に下がる。これもアルコール40%なので梅酒作りに使えるっぽい。

ネット検索すると「匂いがキツイ」とか書かれているので上級者向き?俺氏は初挑戦になるので150バーツ前後のお酒を使うことにしよう。

こっちのお酒が安全かな?
安いけど、上級者向けかも?

日本なら4Lウイスキーとかで作るのも良いね。

氷砂糖

梅酒作りにオススメな氷砂糖を砂糖コーナーで探すも見つからず。次にコーヒーとかの飲料コーナーに行くも無し。。。。
じゃあ製菓コーナーに有るだろうと言ってみたら一番下の棚に氷砂糖が割引で売られてた。

500g31バーツ(約108円)ですねぇ。とりあえず嫁氏に通販で最安値を検索してもらったら送料込みで35バーツなので4パック(2kg)を買います。
単価が安くて重たいもの(塩、砂糖、米)は送料が必要な通販だとメリット少ないな。

製菓コーナーに氷砂糖ある
特価500g31バーツだった。

ガラス瓶

ガラス瓶は雑貨コーナーで発見、梅酒作りのブログとか見るとフタ部分がロックできる4L以上のガラス瓶が多いけれど、キャニスタータイプでも作れるのかな?

よく分からないけど2L用と書かれたガラス瓶が割引50バーツだったのでお試しで4個購入。

この時隣の4L瓶と比べて「本当にこれで2L入るのかな?」と疑問だったがパッケージの説明にも2Lと書いてあったので信用して購入した。

2Lサイズが50バーツなら買うでしょ!?

お酒は重いし移動で割れると大変なので近場で買うことにし、在庫切れのお米を買って帰宅します。

お買い上げ

ガラス瓶は2L入らず。。。

家に戻り、購入したガラス瓶のラベル剥がしと洗浄をする。
タイだとラベルが剥がれにくい商品が多いけれど、このガラス瓶は暫く水に浸けるだけでキレイに剥がれて素晴らしい。

でも気になっていた「本当に2L?」については計量カップで1Lしか入ら無かったのでラベル詐欺にあった模様。
多分値段が安かった理由はコレだと思う。

結局安さにつられて購入した50バーツの瓶が1Lなら定価199バーツの4L瓶1個と同じじゃん。

まあここはプラス思考で黒糖用でお試し配合の少量に最適って事にしよう。

フタ部分にロックはないけれど、プラ製のパッキン付きなので上からラップで巻けば大丈夫な気がする。

ラベルはキレイに取れた。容量2Lと記載
500mlの状態。実際は1Lしか入らなかった(泣)

日本なら通販で簡単に丁度よい商品が買えるけれど、タイ田舎だと売っているお店が分からないので困るねぇ。

現状は4L分の瓶しか用意していないので少なくとも残り4L分の瓶を探そう。

今のところの準備はこれだけにして、残りは到着した梅を見てからだね。

ここはタイなので自分の想像した商品と違うのが届く可能性あるし、長い移動中に青梅が完熟梅になってる可能性もある。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ ペットランキング にほんブログ村 ↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。

ABOUT ME
ナリカー
自分が2012年にタイ移住したときの、日本家族への生存確認として始めたブログです。 今現在は夫婦2人と猫2匹に囲まれ、猫ブログ、自転車ブログ、バイクブログ、俺飯的な日常雑記ブログを適当に書いています。   記事が気に入って頂けましたら、埋もれている過去記事も楽しんでいって下さいね(^^)  
こちらの記事もオススメ

POSTED COMMENT

  1. Boon より:

    ご無沙汰しております。
    タイで青梅が購入できるとは驚きです。
    試しに梅シロップを作りたいと思います(断酒しております)、ナリカーさんの奥様がお選びになった通販サイトを
    ご教示下さい。宜しくお願い申し上げます。

  2. 匿名 より:

    ありがとうございました。確かに送料の方が高いですね。

    梅酒の瓶や氷砂糖はロータスやビックCのような大衆スーパーで普通に売れているのでしょうか。近くのこの種の店舗で私はこれまでいずれも見かけた記憶がありません。
    ところで、ナリカーさんが購入された激安のボトル、キャニスタータイプとのことでございますが、これはどんな形状のものでしょうか。

    • ナリカー より:

      匿名さん、こんにちは。
      自分が購入したのはガラス製の入れ物で気密をあげるためのパッキンが付いてます。

      梅酒を入れる瓶としては、密閉パッキン付きのガラスが最良ですが、
      1年以内に飲み干すのであればプラスチック製のとか蓋が閉まる入れ物ならOKみたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)