海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
旅行

タイは7月1日からほぼ完全開国。バンコク最安のPCR検査500バーツ。

どもどもでっす、ピサヌロークからナリカーでっす。

なんかチェンマイの古くからあるデパートが閉店するみたい。

「セントラル カートスアンケーウ」はチェンマイに他の大型デパートが少ない時にお土産とかの買い物でお世話になったなぁ。店内が迷路みたいで迷った思い出があります。

立地は良いので新しく建て替えるのかな?

タイの新型コロナ新規感染者2272人、死者23人。ピサヌロークは新規20人

感染者減ってきて、7月からマスク強制も無くなるので嬉しいねぇ。

タイは7月1日からほぼ完全開国

既に多くのタイブログの人が書いてるので詳細は省くけれど、7月1日からタイ入国条件が緩和されます。

今年5月にも入国条件の緩和が有りましたが、ワクチン接種済みでも「イランドパス申請」「1万ドルの強制コロナ保険」が残ってたんですね。

2022年5月1日以降のタイ入国手順(必要書類)&ディーゼル燃料値上げどもどもでっす、ピサヌロークからナリカーです。 昨日の夜もいい感じに雨が降って朝は涼しくて快適。今日の午前中もエアコンなしで過ごせ...

それが今回の7月1日で廃止され規定回数のワクチン接種済みor陰性証明書だけで入国できるようになります。

ワクチンパスポートじゃなくて、接種証明書(スマホで提示)でもOKみたい。

タイ到着時の書類確認はランダムらしく、日本で空港カウンターでチケット発券時にチェックされるだけな気がする。

ワクチン接種済みなら、タイ入国余裕です。

https://www.tnnthailand.com/news/covid19/116927/

そんな感じで、ワクチン接種済みであれば、接種証明書もしくは陰性証明をパスポートと共に持参するだけでタイ入国の条件クリアとなります。

俺氏はタイに住んでいるので滞在期間を全てカバーする1万ドルの保険がネックでしたが、これで気軽に日本に帰国できるようになりました。

まあ気軽と言ってもエアチケットが値上がりしているのでそう何度も帰れないんですけどね。

最安のPCR検査500バーツ。チャレンジャー求む

タイ入国は条件緩和でほぼ完全開国となりましたが、日本の方は相変わらずのシブチン状態で渡航72時間前のPCR検査(陰性証明)が必須となっています。そして外国人のビザなし入国も出来ません。

今は円安で外国人観光客が日本に入国したい時期なのに凄く勿体ないよね。

そして日本入国に必須のPCR検査だけれど、バンコクで最安とされる1500バーツより安い500バーツのPCR検査を発見

既にタイ人がそのPCR検査結果で日本入国に成功しているので実績は有る。追加で日本人の方の成功情報も来ました。

先に軽く検査場の情報とか注意点をまとめときます。

  • 場所はDepartment of MTB
  • 検査費用は500バーツ(現金のみ)
  • 予約は1日前から可能。(現在は予約なしも出来る?)※サイト接続はタイ国内のみ
  • 月曜から金曜の午前9時から午前11時30分まで営業(土・日・祝日休業
  • 検査結果は検査後3時間~5時間以内
  • 検査結果はメール(PDF)or受け取り
  • 検査結果に検体採取日時無し「00:01」で登録可能(My SOS)
  • 渡航72時間前で検査は時間切れ✕渡航60時間以内の検査でOK

なんで急に500バーツのPCR検査で日本入国できるようになったのかと言うと、日本入国時の陰性証明のフォーマットが政府指定書式→自由書式に緩和されたからなのよ。

日本入国に必須な「出国前検査証明書」のフォーマット

いつの間にか政府指定以外は基本NG任意のフォーマットOKになってます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html

特にPRされていないけれど、下記必須項目が記載されていれば書式は何でもOK。

必須項目(記載は日本語or英語)

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 検査法(有効な検査方法を参照)
  4. 採取検体(有効な検体を参照)
  5. 検体採取日時
  6. 検査結果
  7. 医療機関名
  8. 交付年月日
いつの間にか任意フォーマットもOK

そんな訳で、日本推奨のフォーマット以外でもOKなので安いPCR検査も使えるようになったの。

政府指定外のフォーマットの場合、現地確認に時間がかかるのでMySOSアプリで事前登録がオススメです。

場所や予約方法の詳細

元の情報は下記のタイ語でPCR検査500バーツって書いてあります。

地図を見ると凄く辺鄙なところにあって、日本人が検査と受けるには難易度高そう。

これってタイ政府のPCR検査場で1日以上前にネットで予約して検査を受ける流れです。

1日150人6月28日時点で50人まで)までとなっているので予約は早めのほうが安心です。

予約人数が減った分だけウォークイン(予約なし)枠が増えた可能性有るので急ぎの場合は当日に電話確認して見るもの良いかも。

  • 月曜から金曜の午前9時から午前11時30分まで営業
  • オンラインで事前登録してください(1日150名様まで→50名に変更
  • 土・日・祝日休業
  • 費用支払は現金のみ
  • 検査結果は24時間以内→実際は検査後3時間~5時間以内
予約サイト

ที่ตรวจ RT-PCR หลายๆที่ ตรงนี้ถูกสุดครับ 500 บาท แถวเอเชียทีช
วันนี้พึ่งถึงญี่ปุ่น ผ่านสบาย

ลงทะเบียนจองลิ้งค์นี้ครับ(下記のリンクから予約登録
https://dtbthairc.com/covid2/index.php?fbclid=IwAR3MKgl6OgVLxNH3aXWVXUqHQtviZ1oUzFmnDKFM3YFVvBDYY6Zen7_UIIY

場所: Department of MTB
https://goo.gl/maps/bh4bP874SwRnkNdY9

実際に予約画面を確認します。

必要事項は氏名、パスポート番号、性別、年齢、生年月日、電話番号、国籍、職業、住所、メールアドレスで、検査結果はメールで貰えるみたい。(取りに行くことも可能)

記載内容は難しくないし簡単ですね。

予約入力画面

検査結果までの待ち時間は3~5時間

最新の情報を見ると検査結果までの時間が24時間以内ではなく最短3時間と書いてあります。

Facebookの公式ページのコメントで「検査結果は3~5時間で出ます」と書いてあるので夜出発であれば当日PCR検査を受けて日本に行くことも可能ですね。

日本入国時のファストトラック登録は「搭乗便到着予定日時の6時間前までにアプリ上での事前登録が完了していない場合は、ファストトラックをご利用頂けません」とあるのでタイから日本出発なら十分登録に間に合うね。

実際に入国できた情報

そして実際にこのPCR検査結果で日本に入国した人の情報。

下記画像がメールで送られてくるPCR検査結果(陰性証明)です。

予約時に入力した情報(氏名、パスポート番号、性別、年齢、生年月日、電話番号、国籍、職業、住所)に追加で検体:鼻咽頭ぬぐい液(Nasopharyngeal Swab)検査採取時間(記載無かった)検査結果:陰性(Negative)検査機関書類交付日が有るので、書類の必須項目はクリア(クリアしてなかった!)。

間違った情報で申し訳ない。

※実際の体験者様の情報で検査採取時間の記載なしでした。

記載がないとMy SOSがオールクリア「青色」にならないので、皆さんどうなったのかと心配しましたが下記対応「採取時間を「00:01」と記載」とすることでOKになるみたいです。

必須事項の「検体採取時間が無い」についてはMySOSアプリの採取時間を「00:01」と記載すると無事にクリア出来た模様です。

採取時間「00:01」入力で採取時間が半日(12時間)巻き戻し

検体採取時間が無い」については採取時間を「00:01」記載でクリアできると書きましたが、採取時間を「00:01」にするネガもあります

検体採取時間が本来9:00~11:30に対し、「00:01」になると、本来の採取時間に対し大凡12時間(実際は9~11.5時間)程採取時間が巻き戻る形になります。

すると本来渡航前72時間前の検査だったものが、渡航72時間を超えたデーター扱いとなり渡航に必要な資料として使えないことになります。

ざっくり表にするとこんな感じ。

検査を受ける時間のイメージ

つまり渡航72時間~60時間前にこの検査場で検査をすると渡航72時間前の条件をクリアできずお金と時間のムダとなってしまいます。

よってこの検査場を使う場合は渡航60時間以内になってから検査を受ける必要があります。

安いだけあって、自分で対応が必要な項目が増えてきました。この状況を踏まえてチャレンジする方は頑張って頂ければと思います。

500バーツ検査の陰性証明

そして無事に日本入国できているので、一応この500バーツPCR検査は有効って事ですね。

無事に入国できてる。

お金持ち日本人がわざわざ遠くて熱そうなタイローカルPCR検査に行くとは思わないけれど、検査場までの交通費は1000バーツ以下と思うのでお財布には優しい。

このブログを読んで「挑戦しちゃる!」って人が居れば是非感想をコメント下さい。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へブログランキング ペットランキング にほんブログ村 ↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。

ABOUT ME
ナリカー
自分が2012年にタイ移住したときの、日本家族への生存確認として始めたブログです。 今現在は夫婦2人と猫2匹に囲まれ、猫ブログ、自転車ブログ、バイクブログ、俺飯的な日常雑記ブログを適当に書いています。   記事が気に入って頂けましたら、埋もれている過去記事も楽しんでいって下さいね(^^)  
こちらの記事もオススメ

POSTED COMMENT

  1. Koji より:

    こんにちは
    久しぶりにブログ拝見していたら、7月1日から完全開国と言う記事をupしてくれてありがとうございます。7月2日に成田発スワンナプーム行きでタイに入国(帰国?)予定している私には朗報です。タイ政府も感染具合見て7月から完全開国すると言っていたので、私もそれを信じて7月2日タイ入国にしたので思惑どおりになりました。でも発表があまりに遅かったので、コロナ保険2ヶ月分契約してしまいました。まあこちらは出発前日までならキャンセルできるので、それこそ入国の保険として入ったので予定どおりです。
    しかし良いことがあれば困ったことも… 今回エアアジアがプロモーションしていた往復26,100円のチケット購入したのですが、エアアジアがフライトをドタキャンしてきました。エアアジアには2年前の3月末、コロナが感染拡大しだした時のフライトも5日前にドタキャンされています。まあLCCだから仕方ないですが、その時も大変でした。今から他の格安エアライン探しても3万円代です。ちょっと前ならZIPAIRで2万円台であったのに…
    良いこともあれば、悪いこともある。塞翁が馬と言うことで何とかしないとね。しかしバンコク-チェンライのフライトの予約もパーになった…

    • ナリカー より:

      Kojiさん、こんにちは。
      7月1日からのエンデミックを見越したエアチケット予約お見事って感じですが、やはりタイ・エアアジアXはヤバい感じですね。
      エアチケット安くても、それ以外の予定が狂っちゃうので困ります。
      後は日本帰国時に事前のPCR検査が廃止されるのと待つだけですね。

  2. yama より:

    来週からタイに行きます。帰国が7.15ここお安いですね!パタヤの900THB検査が本命でココも良さそう。バイク借りて行けば行けるかな?とか考え中

    • ナリカー より:

      yamaさん、こんにちは。
      流石にパタヤからこの検査場までの交通費を考えたら900バーツの方がTOTALお得と思われます。
      全体的にPCR検査の利用者が減っていると思うのでパタヤの価格も下がる気がします。

  3. はじめ より:

    ナリカーさん こんにちは はじめです(^^)/

    結核局チェンマイにもあるので
    こんど行って聞いてみます。

    500Bなら使っている病院よりより安いし。
    午前検査で午後結果でるならよいですね。
    タイ政府機関ですから、ここの証明書でダメはないでしょう。

    • ナリカー より:

      はじめさん、こんにちは。
      チェンマイも同じ500バーツだと嬉しいですね。
      追加情報あればよろしくお願いします。

      • はじめ より:

        ナリカーさん こんにちは はじめです(^^)/

        まだチェンマイのタイ公衆衛生省結核局? にまだ行けていませんが、一つ情報オバ

        日本入国の際必要なPCR検査結果証明書について。

        日本国はホームページ上で日本国の書式で検査機関に記入してもらうように強く勧めていますが。

        チェンマイの安い病院での外人料金の検査結果票は英語記述で、表題は病院付属検査場レポート、医療検査技師のサイン入り、その他の必要事項は完備、
        です。
        医師のサイン入りの日本国書式にするためには追加の手数料数百バーツと時間も必要なので、
        試しに、検査場レポートを MySOSにアップロードしたらOKでした。

        まだまだ日本入国大変ですね~~
        タイが開国しても帰国が大変なので、旅行客増えないかもですね。

        • ナリカー より:

          はじめさん、こんにちは。
          英語の検査場レポートで問題無しの件、情報ありがとうございます。
          入国前のMySOSが青色になっていれば現地確認はスマホ画面だけなので大丈夫そうですね(^^)

  4. オクトパス より:

    はじめまして。
    本日上記のPCR検査を受けてきたので、役立てればと思い情報をシェアします。

    6/27現在で一日の検査人数は150人→50人に変更になっています。一週間くらい前に登録した時は確か150人だったので、つい最近変更になったようです。規模縮小してるようなので、下記より最新の情報を確認してください。

    http://www.tbthailand.org/

    検査はwebから登録して、指定時間(おそらく9時固定)に現地に向かえば、すんなりテストしてくれます。現地で現金で500バーツを支払う必要があります。

    結果は9時過ぎに検査をした私達の場合で、13時にメールで受け取れました。現地では14時くらいまでに送ると言われました。

    フォーマットは外務省フォーマットは持参せず、現地のフォーマットのPDFをもらいました。一箇所、検体採取の日時が日付だけの記載となっていたため、MySOS登録時に若干手間取りました。

    始めMySOSで入力する検体採取時間の欄を採取時間ではなく、検査機関が受け取った時間(これは記載がある)を入れましたが、これだと弾かれました。私達の場合は検体採取日の翌日が出国日で確実に72時間以内に収まっていたので、どうしたものかと考えていたところMySOSから追加のメッセージが届き、採取時間を00:01に設定して申請できる旨の案内がありました。それに従って再申請したところ、そのままのフォーマットで審査完了しました。

    日程上72時間ギリギリになってしまう場合には、検査場で検体採取時間を記入してもらうよう伝えるか、外務省フォーマットに合わせてもらえるか確認が必要かと思います。対応できるかは未確認です。

    以上、ご参考になれば幸いです。

    • ナリカー より:

      オクトパスさん、初めまして。コメント有難うございます!!

      有益な情報ありがとう御座います。たしかに1日の受付人数が50人に変更されていますね。内容更新します。(減った100人分は当日の予約なしのウォークイン枠になった可能性がありますね)
      採取時間の件も大変参考になりました。採取時間を「00:01」に設定するとか実際に経験しないと分からない情報です。

      差し支えなければ、コメント内容の一部を本文に転記させて頂ければと思います。

      無事に日本到着出来る様、陰ながら応援させて頂きます。

      • オクトパス より:

        ナリカーさん、こんにちは。バンコクにも日本の方が増えてるようなので、お役に立てばうれしいです。こうやってまとめていただけているので、ホント有り難かったです。

        あと誤解があるといけないので、一つだけ補足しておくと、下記のような場合に00:01でMySOSを申請すると、72時間を超えてしまうので、申請は通らないのではないかと思います。

        検体採取 ○月1日 09:15(実際の時間)→ 00:01(申請)
        出国時間 ○月4日 08:00

        ここの証明書の場合、採取時間の記載がないので、実際に9時に受けたとゴネても駄目かもしれません。この方法の場合は、出国日の前日又は前々日に検査を受けるのが無難ですね。

        ちなみに検査場所が不便なので、行きはGrabタクシーを使いました。帰りは20分くらい歩いてWat Rat Singkhonからフェリーでアイコンサイアムに立ち寄って、その後カオサン通りに行ったりしてきました。

        9時からなので、行きはタクシーが無難ですが、帰りは船着き場が近いので便利ですね。アジアティーク ザ リバーフロントにも寄りたかったのですが、ここは夕方から営業で残念ながらタイミングがあいませんでした

        • ナリカー より:

          オクトパスさん、こんにちは。
          追加情報ありがとうございます。VANでの予約検証も助かりました。

          この検査機関を使うと実際の採取時間「9:00~11:30」が当日の「00:01」に巻き戻されるって事ですね。

          つまり実際の採取時間が搭乗72時間前ピッタリだと巻き戻し効果(9時間~11.5時間増加)で検体採取時刻が72時間超過として使用不可って事であってますか?

          • オクトパス より:

            こんにちは。はい、その巻き戻しの理解で良いと思います。証明書に時刻の記載がない以上、証明も難しいですからね。

            こちらは昨晩は機上のwifiで書き込みしてましたが、お陰様で無事に成田に到着しました。MySOSがちゃんと審査完了していれば、飛行機着陸から大体1時間くらいで外に出られました。空港受け渡しの駐車場の担当者も、とりあえず1時間程度で状況伺いの電話をすると言ってました。

            あとスワンナプームのチェックインは滅茶苦茶時間がかかるので、早めに並ぶことをオススメします。カウンターが5つ開いてましたが、特に外国人の手続きで流れがストップします。多分、陰性証明書とMySOSのチェックでトラブルんでしょう。私達で1時間並びましたが、後ろは皆間に合ったのやら?という感じでした。

            ではでは、ありがとうございました(^_^)/~

    • レンレン より:

      役立つ情報ありがとうございます。
      この(タイ疾病管理局 結核課?)検査機関からPDF記載のReceieved Dateは検体採取時間ではなく、機関が検体を受け取った時間というこのなんですね。
      このあたりで非常に悩んでいましたの助かりました。
      検査後受け取ったPDFをMysosにアップロードして、帰国便搭乗72時間以内に入る日付内であれば検体採取時間を00:01を入れてOKという理解で宜しいのでしょうか?

      • オクトパス より:

        レンレンさん、こんにちは。
        上にも記載しましたが、ここの検査の場合9時過ぎに検体採取となるので、00:01でMySOSを申請すると、およそ10時間分切り捨てになる感じですね。なので出国当日から前日、前々日の検査ならそのままのフォーマットで行けるのではと思います。

  5. 爺い より:

    この500Bの検査場でPCR検査受けて来ました。26日の午後10時過ぎの便で出国だったので4日午前9時で予約。場所はBTSサパンタクシンからタクシーで50Bほどの結核研究所?の中庭にある建物、8時過ぎに行って番号札取ったら18番目。午前9時に開始(実施時間は午前11時半まで)、名前を呼ばれてB500払って検体採取キットもらって待機、建物裏の空き地でPCR検査、鼻奥深く綿棒を入れられたけど痛み無しで9時15分頃全て終了。結果はメールか書類受け取り(午後4時過ぎまで可能)、土日は休日なので書類受け取り、午後1時過ぎに行ったら用意されていました。日曜日深夜の乗り継ぎ便だったが航空会社職員は日本のmySOSを知らずブルーのページみせてもわからないので駄目だと。陰性証明みせても期限切れで駄目だと···72時間の制限時間内だと何度も説明して漸く搭乗券が出て来た(これが一番疲れた)、日系航空会社の日本直行便なら問題なしだと思われる、地方空港行きの乗り継ぎ便利用は英語またはタイ語での交渉が必要。
    因みに陰性証明に書かれている時間は日本の厚生省が求めている実際の接種時刻ではなく検体確認時間らしくこの時刻をmySOSに入れても受け付けない···午前零時01分と打ち込んだら青に変わってOKとなった。福岡空港では空港内を上の階、下の階と行ったり来たり延々と歩かされこれが辛い。テープによる道順も解りにくく各所に何人もの不要なスタッフが案内しているがタイの様にシンプルな道案内にすれば効率よく進むと思われる。結果、降機後、約30分で到着ロビーへ。
    ★実際の接種時刻と検体確認時刻の差だけでPCR検査事態は何の問題もなかったです。B500はBTS+タクシー代入れても最安値かも。

    • ナリカー より:

      爺いさん、こんにちは。
      500バーツPCR検査のチャレンジ報告ありがとう御座います。
      乗継便だと担当者がMy SOSの画面情報の読み方勉強してないので、面倒事が有るんですね。
      検体確認時間については00:01で通過できることが分かり勉強になりました。

  6. レンレン より:

    情報提供のみなさま ありがとうございます。
    度々すみませんが、この会場の事前予約は日本からはできないのでしょうか?もしくは何日前から予約できるとかなのでしょうか?日時を入れて進むと(Forbidden)アクセス権限なしと出てしまいます。

    • ナリカー より:

      レンレンさん、こんにちは。
      取り敢えず11月末の日付でトライしたら普通に予約画面が出ました。
      日本で確認ができないので原因は不明です。

      • オクトパス より:

        気になったのでVPNを使って日本経由でアクセスしてみたら、私もForbiddenになりました。国内からのアクセスに限定してるんじゃないですかね。

        • レンレン より:

          オクトパスさま
          わざわざありがとうございます。
          現地で予約してみる事にいたしますね。

      • レンレン より:

        ナリカーさま
        ありがとうございます。
        予約できなければ8時から並んでみます(笑

  7. はじめ より:

    ナリカーさん はじめです(^^)/

    MySOSでもりあがっているようなので、
    MySOSの落とし穴というか、罠、の報告を一つ。

    使えない、糞だの、アホだの、言われて久しいMySOSですが、

    ワクチン接種記録書類のアップロードですが、
    当方の場合、日本での2回の接種記録が1枚、別途タイでの接種記録が1枚あり、
    MySOSでは、
    3回目の接種日時だけを問うた後に、(1回目、2回目の接種日記入は問われない)
    と、まず罠の導入部があり。

    ド正確には記憶していませんが「「 3回目接種の書類を送れ 」」との指示が書かれているたので、
    文言に従って、3回目のタイでの接種記録を送ると、
    拒絶?NG?であるとの返信。

    拒絶?NG?返信のコメントをよく見ると、
    「「 1、2、3、回目も送れ。」」

    ということで、
    日本での1,2,回目の書類も送ると、
    やっとOK? 完了? になりました。

    MySOSはどうも下請けで日本人以外が作ったアプリで、それも担当の日本人の役人がチェックしていないのでしょうね。
    不都合が判っていても文言を修正しないで、拒絶?NG?のコメントでなんとかゴマカソウとしているだけ。

    MySOSの意地の悪い罠は他にもあって、いろいろ楽しまさせてくれるアプリです。
    そうそう、MySOSは同じ名前で2種類あって、プレイストア直ダウンロードのMySOSとは別物だったし。

    報道でも取り上げられていましたが、医療関係の人に言わすと、国へのコロナの報告アプリ、ソフト?がひどすぎて入力に時間がかかって、コロナの報告がひどく遅延した、と同じように、たいがいのその手の日本の役所が作ったソフトはひどすぎる。
    との事でした。

    日本国は先進国のつもりのようですが、デジタル庁が出来ても、実情はボロボロのままのようですね。 
    この状況とウクライナを顧みて心寒いばかりです。

    • ナリカー より:

      はじめさん、こんにちは。
      自分は去年の入国時にMy SOSを使っただけですが、お役所らしいアプリだったなぁってイメージです。

      これ系のアプリは使い勝手とかに興味ないお役所の指示で下請け孫請けの方が作ってると思いますが、上の判断とか意識がボヤッとしてると残念なものができちゃいますね。

  8. Koji より:

    今バンコクBKK空港に到着しました。エアアジアは7月のフライトを月、火の週2便に変更し、私のように7月2日土曜日の予約はキャンセルされました。結局ネットでの日にち変更ができず(ほぼ不可能です)、今日直接エアアジアのチェックインカウンターに行って、当日のフライトに変更しました。往復26,100円の格安チケットなので、結果オーライってところです。7月2日にドンムアン空港発チェンライ行きのチケットが無駄になると諦めていたら、今度はノックエアがそのフライトをキャンセルしてきたので、本当に万事塞翁が馬って感じです。因みに今回のフライトも乗客は40人程度です。ワクチン接種証明書だけでタイに行けるようになったので、もっと訪タイの人が多いかと思ったのですが…
    ということで、フライトがキャンセルされた方は当日にチェックインカウンターでの変更が可能ですよ。あと入国時に書かされる書類が今回は不要になってました。そのためか宿泊施設を入国審査員から聞かされます。私はパートナーの住所を見せてOKでした。色々あったけど無事入国できました

    • ナリカー より:

      Kojiさん、お世話になります。
      無事タイ入国オメデトウございます。

      チェックインカウンターでの直接交渉で当日フライトに変更とはKojiさん剛腕ですね(^^)

      タイ・エアアジアXの成田→バンコク行きで乗客40人前後とは思ったより少ないですね。
      やはり日本入国時のPCR検査と外国人はビザ必須で利用客が少ないのでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)