海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました

【猫ブログ】ココロの点滴通院2日目、食事&お通じが来た。

どもでどもです。今日も涼しい朝を迎えたピサヌロークからナリカーです。
昨日の夜は珍しくココロが布団の中に入ってきて一緒に寝ました。
嫁氏は出稼ぎで、猫も調子が悪いので、ココロの通院ネタが続くと思われる。
で、腎不全と診断されたココロですが、昨日の輸液の効果が早速出た様で、朝6時に大量のオシッコを出した後に、動物病院で貰った試供品の腎臓サポートご飯を普通に食べました。
この状態を見て「これなら死なないで元気になるかも!?」と俺氏も嫁氏も大喜びでした。食事は見た感じ15g位食べたかな?
そして今日も朝9時に嫌がるココロをバイクに載せ動物病院に向かいました。動物病院でオシッコや食事の件を伝え、今の治療は効果アリとの事で輸液300ccと栄養と何かの薬を入れて貰い治療費430バーツでした。
家に帰って、ご飯を上げて暫くすると、オシッコ&お通じもやってきて、超good!
試供品の療養食が少なくなってきたので、ペットショップに買いに行ったら置いてなかった。店員さん写真を見せて聞くと「これは動物病院で売ってるよ」との事でピサヌローク市内の有名な動物病院に見に行くと売ってました。500g310バーツと2kg950バーツがありました。いきなり2kgを買う勇気もなかったので500gを購入しました。
価格的には日本より安いけど、1日50g=食費31バーツになるね。こうやって考えれば人間1食分以下で猫1日分だから家計は耐えられるよ。プルさんが食べても62バーツだね。
輸液300ccの影響でボテッとした体型のココロだけど、体調は良くなったみたい。
プルさんは「私も構って!!」ってと不機嫌だったので、腿の上に乗せてナデナデしました。

ちなみに豆腐メンタルな俺氏は、猫が病気になってから体重が目に見えて落ちました。自転車ギコギコよりも猫不調のほうがダイエット効果あるのね。

こちらの記事もオススメ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)