海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました

プーケットサンドボックスは14日間拘束で50%キャンセル?

どもどもでっす、ピサヌロークからナリカーだよ。

新型コロナが始まってから既に1年半以上日本に帰国できてない俺氏。

日本の方は7月頃からワクチンパスポート(仮)を発行するみたいな話が出てきたね。

海外在住組は今の所

72時間以内のPCR陰性証明→日本帰国(3日間隔離)→10日間自主隔離→住民票登録→ワクチン接種票→予約→接種一回目→3週間後に接種2回目→住民票転出→タイ出国→タイで14日間ホテル隔離→ピサヌローク帰宅

の結構めんどくさい手順と読めない日程がネックだよねぇ。

タイは10月以降にワクチンパスポート保持者には隔離なしって話が出てきたみたいだけれど、直近までは隔離有りで予定立てたほうが無難だね。

日本も海外在住者向けの空港でのワクチン接種を始めてくれれば、ワクチンを待つ時間が必要ないので予定が立てやすくなるんだけれどな。

プーケットサンドボックス計画は島内14日間拘束

んで7月から始まるプーケット島の「サンドボックス」計画当初7日~10日の島内拘束期間だったけれど結局今までと同じ14日間拘束になったみたい。

プーケットサンドボックス計画で直行便が準備中(日系は無い)&DAHON Boardwalkで朝チャリどもどもでっす、ピサヌロークからナリカーです。 タイのバンコク周辺はロックダウン風味の規制してるのに全く新型コロナ感染者が衰える雰...

そんな長い拘束は嫌じゃ!って事で50%キャンセルされたらしい。

ホテルもタイ政府指定のASQホテル(代替検疫施設)が必須とか言われてるし、微妙よね。

日中はプーケット島内の移動OKだからホテル缶詰より凄くマシだけれど、14日間は流石に長いだろ。

まあこれくらいタイ政府の言うことはコロコロ変わるから、期待しては危険なのよ。

プーケットサンドボックスも結局14日間拘束なのね。

サンドボックス要件

プーケットのサンドボックス計画に参加する為に下記要件をクリアする必要があり。

プーケットサンドボックスプログラムで旅行するにはどうすればよいですか?

  • 予防接種を受けている必要があり、リスクの高い国から旅行してはいけません。
  • 到着日の14日前から1年前に予防接種を受ける必要があります。
  • 12歳未満の子供はワクチン接種を受ける必要はありません。
  • 6歳から18歳までの子供は、プーケット空港に到着したときに迅速抗原検査を受ける必要があります。

タイに来るための他の要件はありますか?

はい、引き続きエントリー要件HERE従う必要があります。

内容がくっそ長い&細かいので割愛!気になる人はリンクから直接確認下さい。

ザックリ内容でもメチャ長い。

  1. 保険加入
    30日 – 1,344 THB
    45日 – 2,016 THB (免除エントリー)
    60日 – 2,688 THB (観光ビザ)
    90日 – 4,033 THB (STVミニマム)
    1年 – 16,313 THB
  2. ビザ申請
  3. COEを取得
  4. フライトを確保
  5. SANDBOXのホテル予約をリクエスト
  6. 出発の72時間以内に発行された、陰性証明書
  7. COEステータスの最終確認。追加書類の要否確認
  8. タイに入国
    T.8 document準備
    Declaration form準備
    パスポートまたは C.I.
    航空券
    COVID-19旅行保険
    ホテル予約バウチャーの確認
    旅行証明書(COE)
    出発の72時間以内に発行された、陰性証明書
    ThailandPlusアプリケーションをインストール
  9. 検疫を開始します
    検疫を完了して、タイをお楽しみください

ホテルは政府指定の「SHA PIUS+」

ホテルは政府指定の「SHA PIUS+」に宿泊で最安だと14泊で9800バーツ(1泊700バーツ)です。

最安値は14泊で9800バーツ(1泊700バーツ、ゲスト2名)なので食事なしでもそんなに高い感じはしない。

ただタイのホテルで23㎡はかなり狭い感じだけれど日本のビジネスホテルと比べたら天国か。

https://asq.in.th/ja/phuket-sandbox-hotels

結局の所、ワクチンパスポートで島内の移動が出来る以外は必要書類とか保険は必須なので手間は変わらない感じ?

まあ安いホテル&外食が出来るってメリットは有るけど、14日間拘束だと観光客は厳しいね。

自宅で猫に皮下点滴185回目

前回から5日ほど空けてしまった皮下点滴を実施。

前回150mlと少なめで今回も輸液パックの残りが150mlなので足りないかな?

黒猫ココロの方はとても元気で点滴いらないよ!をアピールしますが、俺氏はルーチンワーク大好き野郎なので、ブッスリ逝きますよ。

自宅で皮下点滴を始めた最初の頃は緊張で汗だくだったけれど、最近は少し汗がでるくらいでそんなに緊張はしないね。

点滴失敗しても即次の日に死ぬわけでもないし、少しでも輸液が入れば数値改善にプラスなので失敗を恐れずに回数をこなせば大丈夫になるね。

点滴中
点滴を眺める。

下の動画は朝のココロだけれどとっても元気にゴロゴロしてます。

見た目は健康猫と変わらないね。

プルさんは特に無し。ダイニングテーブル下の絨毯に寝てると保護色で見えにくいです。

毎日気持ちよく寝てくれて、飼い主としては嬉しいね。

保護色なプルさん
ビビットカラーとプルさん
ダンボールに囲まれたプルさん

SHOPEEクーポン使用でお出かけ

昨日の午後は嫁氏が購入したSHOPEEクーポンを使うためにロータスExtraにお出かけ。

出かける前に嫁氏から「ガソリン80バーツ以上で11バーツ割引クーポン買ったからガソリン入れましょう」との事で「SUSCO」のスタンドに寄る。

クーポンは0.01バーツなのでほぼ無料で普通値引きしないガソリンが安く買えるのは良いね。

ちなみにこのクーポンはバイクだけ使えて今の価格リッター28バーツだとタンクにガソリン3.0L近く入る状態じゃないとタンクからガソリン溢れちゃうからね。

クーポン0.01バーツ

ガソリンスタンドに到着して「SHOPEEクーポン使えますか?」と聞くと「使えますよ」とバーコードがさっと準備される。

80バーツ分のガソリンを給油し、支払いもSHOPEE Payやcoinで払えて現金いらずだった。

クーポンで80バーツ分給油
支払い中

ロータスExtraに到着したらアンティ・アンズに移動。

今回もオリジナル・プレッツェル1個0.01バーツを2個ゲット。定価35バーツなので1BUY1でも高い感じだけれど0.01バーツ(0.035円)はほぼ無料だから凄い。

ついでにデイリークイーンで1バーツのソフトクリームも食べてクーポン使用義務が終わった。

0.01バーツなら喜んで食べるよ

そして帰る前にスーパーで見切り品ハンターを遂行。

数日間は雨模様だったので、お客が少なかったのか見切り品が大量に有る。

半額の練り物、ソーセージと共に牛乳そして俺氏の遊び道具として「生クリーム」をゲット!

食パン作りに生クリームを使うと日本で一時期流行った「高級生食パン」になるらしい。

カロリーも大変な事になりそうだけれど、生クリーム入れる代わりにバター無しにすれば少しは配慮って事でOKでしょう。

見切り品ハンターで大量ゲット

俺飯

家に戻って小腹がすいたので早速半額商品を頂く。

適当に切れ目を入れてオーブンで表面がカリッとするまで焼けば完成!

半額商品なので材料費は20バーツくらいです。CPソーセージ、豚団子、牛団子。

半額を味わう。

冷蔵庫内の掃除でクンシアン(甘いソーセージ)を使う必要があり、カオパット作成。

最初に卵だけ単品で炒めて別皿に移動し、野菜(人参、玉ねぎ、エリンギ)はみじん切り器でサクサクっと細かくして、炒めたクンシアンと共に「創味シャンタン」で味付け。最後に分葱を追加し色味も良くしましょう。

創味シャンタンの在庫も残り少なくなったが、尽きる前に日本に帰国できるかなぁ。

完成したカオパットを見て嫁氏「凄い色がキレイ、日本のコマーシャルのカオパットみたい」と褒められる。

確かに食の三原色「赤・黄・緑」がキレイに混ざっているので美味しそうに見えるね。

味は創味シャンタンなので普通に美味しいよ。

使用義務のクンシアン
カラフルなカオパット完成

 

以上でっす。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へブログランキング ペットランキング にほんブログ村 ↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。

ABOUT ME
ナリカー
自分が2012年にタイ移住したときの、日本家族への生存確認として始めたブログです。 今現在は夫婦2人と猫2匹に囲まれ、猫ブログ、自転車ブログ、バイクブログ、俺飯的な日常雑記ブログを適当に書いています。   記事が気に入って頂けましたら、埋もれている過去記事も楽しんでいって下さいね(^^)  

POSTED COMMENT

  1. Nangfar より:

    タイは、10月14日開国予定だそうですね。
    ワクチンパスポート、PCR陰性証明で隔離無しみたいですね。
    それと、リタイアビザだけが、新規取得、更新時に、300万バーツのコロナ対応医療保険が必須になるみたいですね。
    まぁ~ナリカーさんも仰ってるように、タイは、直近どころか、確定するまで、何も信用できませんからねw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)