海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
旅行

【タイ旅行3】ラーマ10世誕生日の蒸気機関車パシフィック824&850。ヤワラート散策

どもどもでっす~ピサヌロークからナリカーです。

引き続きバンコク出稼ぎついでのタイ国内旅行のブログです。

7月28日のラーマ10世誕生日の記念SLを見学するために前日27日にアユタヤ入り。

ラーマ10世誕生日にバンコクからアユタヤまで蒸気機関車で行こう。どもどもでっす、ピサヌロークからナリカーです。 昨日も夜から雨で朝は路面が濡れていて朝チャリ行けず。 嫁氏の在宅勤務は順調でしっ...

駅前のバーン アー ゴング リバーサイド ホームステイに宿泊し、バンコクからアユタヤに10時30分に到着する記念SLを見学したあとにバンコクに向かいます。

ラーマ10世誕生日の記念SLを見学

ラーマ10世誕生日の記念列車でバンコクからアユタヤの短距離なら予定通りの時刻で到着するだろうと11時半チェックアウトのホームステイのチェックアウトせずに10時15分にアユタヤ駅に向かうと、SLが来る気配なし。

記念SLの乗客に配るタグ証を準備している担当者に到着時間を確認すると「多分45分くらい遅れると思う」的な答えが帰ってきた。

原因は不明だが恐らくファランポーン駅での式典に出席するお偉いさんが渋滞で遅刻待ちとかの理由と思う。

カメラマンとか運営スタッフさん

そんな訳でSL到着は11時15分以降となるので、ホームステイに戻り部屋を11時過ぎにチェックアウトする。荷物は預けられるので荷物は持たずに再度駅に向かった。

で、定刻の約1時間遅れの11時28分に無事に記念SLが到着しました。

SLってもっと煙モクモクだと想像していたけれど、燃料が石炭じゃなくて重油仕様に改修されてるんだっけ?水蒸気は出るけど煙は出ない。

動画ばかり取っていて静止画が少ないです。先頭はパシフィック824号車で重連でパシフック850号車が逆向きに連なってました

前後逆で重連する理由って、回転台のない場所で折り返し運転する為なのかな?ネット検索したら反向重連って呼び名だった。

汽笛の音がアコースティックで良い。

車輪周辺の駆動部が複雑で機械好きにはたまらんですね。

先頭のパシフィック824号車
逆向きのパシフィック850号車

日本と違って路線に入り放題なのでめっちゃ近くからSLが撮影できるのがタイのメリットかしら。

動画のほうがSLをよく撮れているのでオススメです。

昼食は「ก๋วยเตี๋ยวเรือในคลอง อยุธยา」

SLがアユタヤ駅から出て行ったので昼食を食べに行きいます。バンコク行きの普通列車の乗車時間まで1時間しか無いので結構ギリギリかも。

場所はアユタヤ駅の線路を渡りお寺の中を歩いて約7分のお店です。

よく知らんけどタイ人には有名なお店らしい。

お店に行く途中で雨が強くなり結構濡れた。

丁度昼時で雨で屋根付き以外の座席が使えず、4組くらい待ち状態です。待っている間は暇なのでお店の高級猫ちゃんをモフった。毛の長い猫ってタイだと暑くて大変そうね。

お店の様子
高級そうな猫(グレーの猫も居た)

約15分ほど待って席に座る。この川沿いが良い雰囲気らしいが田舎住まいだとそんなに心に響かないなぁ。

この景色が人気らしい

とりあえず料理を頼んで待つ間に併設されたカフェでアイスカフェモカを頼んだ。味に特記項目は無いです。

そして頼んだ料理が出てこない。我が家より後に座った人の料理が来てるので恐らくオーダー忘れと思う。

こっちはカフェです

嫁氏が店員さんにガブガブ噛みつくと速攻で料理が出てきた。1杯20バーツ?で量が少ないタイプです。

残り時間が少ないので急いで食べてお会計。正直全く楽しめなかったぞ。

味は普通です。

駅までダッシュ。間に合った。

別にバンコク行きの列車なんて沢山有るのだけれど、我が家が乗る予定の普通列車を逃すと次の列車は特別特急となり料金が8倍近くに高くなるのよ。

ちなみに普通列車の3等だとバンコクまで15バーツ(約56円)ナンス。

ホームステイに預けた荷物も取りに戻らないとダメなので嫁氏は駅でチケット購入、俺氏はホームステイの荷物を引き取りに作業分担します。

そしてギリギリの時間で普通列車に間に合いアユタヤ駅を後にします。駅にはパシフック824号が停車していて写真撮影できたみたい。

記念撮影用に停車。サービス良いね

アユタヤ駅からファランポーン駅までは約1時間40分の旅になります。列車はスリン発バンコク行きで乗車率は高め。運良く開いている席に座れてラッキーでした。

昼間のエアコン無しは流石に暑くて窓全開です。でも途中で雨が降ってきて少し涼しくなって良かった。

車掌さんの乗車券確認
この列車はスリン県から来たのね。

多くの乗客がバンスー駅手前で降りてファランポーン駅まで乗車する人は少数でした。まあ到着まで遅く料金が高くなるファランポーンよりバンスー駅で降りたほうがお得よの。

到着は14時28分でした。

俺氏は初めてファランポーン駅に降りたけれど、異国情緒があって良いね。行ったこと無いけどヨーロッパとかこんな駅なのかな?

屋外と屋内の中間な気分
チケット売り場

夜のチャイナタウン(ヤワラート)散策

ファランポーン駅を出て徒歩10分の「ポー プレイス」に移動。このホテルはヤワラートに近くヤワラート観光するのに丁度よいホテルなんです。

駅前の橋を渡るとEVの水上バス?そして大きなお寺の境内を歩いてホテルに入りました。

これがEV水上バスですか?
立派なお寺(お金持ちそう)

いつの間にか嫁氏が購入していたアユタヤ土産のローティサイマイ(多分40バーツ)をおやつ代わりに食べて美味しかった。

アユタヤ名物

18時半になり外も少し涼しくなってきたので夜のヤワラート散策に出発。

屋台なのでGoogle Mapで場所が発見できない。このお寺の近くにある。

最初のお店はムーサテのお店。豚串とレバー串にパンを頼んだ串は10本セットで80バーツ、パンは10バーツで全部で90バーツ。ムーサテのつけダレでパンを食べるの美味しいね。

次のお店は南豆腐(Nam Dao Huu)です。台湾デザートで有名なお店らしく店内は満席でした。

店内は満席だけど店の外で売っているパトンコーは普通に買えるので40バーツ分購入。

タイの普通のパトンコーよりずっしり重い感じで食べごたえ&脂ギッシュ?

練乳を付けなくても普通に美味しく食べられるね。できたて熱々で美味しかった。

連休中のヤワラートは人が多くて、ボッチ好きの俺氏は結構辛い。

ヤワラートらしい景色

台湾のブアローイ「sweettime」です。1杯50バーツ。フルーツ大盛りで美味しかったです。

Deksomboonのシユダム(黒醤油)のアイス。元々このアイスを食べるつもりで入った訳ではなく、単純に外が暑苦しくて入ったお店。Deksomboonってタイで有名な調味料メーカーの直売店です。我が家はこのメーカーのオイスターソースを愛用してる。

このお店オリジナルアイスクリームで黒醤油味と梅味があり、タイらしい黒醤油味を食べる。1杯20バーツです。

味の方は塩っぱい甘いで塩キャラメルに近い感じ。普通に美味しいけれどリピートはない。

昔伊豆方面で食べた「わさびソフトクリーム」の様な後からパンチが来るタイプでした。

そんな感じでアユタヤでSL見学してバンコクのヤワラート散策をした2日目でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へブログランキング ペットランキング にほんブログ村 ↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。

ABOUT ME
ナリカー
自分が2012年にタイ移住したときの、日本家族への生存確認として始めたブログです。 今現在は夫婦2人と猫2匹に囲まれ、猫ブログ、自転車ブログ、バイクブログ、俺飯的な日常雑記ブログを適当に書いています。   記事が気に入って頂けましたら、埋もれている過去記事も楽しんでいって下さいね(^^)  
こちらの記事もオススメ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)