海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
病気

タイのアレルギー性皮膚炎用の医薬品

どもどもでっす、ピサヌロークからナリカーです。

今日の朝も強い雨で道路がビショビショですよ。今年は本当に雨が多いです。

タイは一般道での後部座席のシートベルト装着義務化をする模様。違反すると罰金2000バーツだそうです。

別に装着義務化は良いけど、タイのピックアップとかシートベルト以前に座席のない車内や車外の荷物置き場に人がたくさん乗っている現実を見るとどうするんでしょうね。

一度禁止にしたけど批判が多くてルール停止になったと思ったけれど、よく判らん。

シートベルト装置がない場合はOKってルールなのかな。

後部座席のシートベルト装着義務化

ガソリン価格値上げ

本日8月16日からガソリン価格が0.6バーツの値上げです。

最近は何もかも値上がりしている状況なので「ふーん」って感じ。

生卵も鶏肉も値下がりする兆候もなく、今後は今の価格が最安値になるのかしら。

8月16日からガソリン価格が0.6バーツの値上げ

俺氏、アレルギー性皮膚炎?になる。

タイ国内旅行&嫁氏のバンコク出稼ぎにお付き合いした俺氏ですが、1週間くらい前からお肌に変調を感じ始め5日位前から足を中心に皮膚がボッコボコになる。

下の写真はそんなにグロくないと思うけど少し閲覧注意だぞ。

写真は皮膚炎の初期の頃で、一番悪い状態のときは足全てが真っ赤っ赤状態になりました。

足の後には腕、腰、背中、腹、胸って増えてきて、顔以外は皮膚炎状態です。

原因は良く分からないけど、滞在先でのダニ攻撃に旅の疲れが重なったのかな?

ダニに食べられた。

お薬塗り塗り中

お肌が真っ赤に炎症して熱い&痒いので、日本で購入したかゆみ止めのお薬を塗り塗りして様子見。

日本の薬は「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)」配合で、痒みはスッと収まるけれど炎症が小さくなる感じはないかなぁ?

炎症の状態を嫁し友人の薬剤師に送り、オススメの薬を頂く。

一つは飲み薬の「Cetirizine tablet 10 mg (ZENSIL)セチリジン塩酸塩ってやつ。

効果:アレルギー症状を緩和します。花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎、ダニやハウスダストで起こる通年性アレルギー性鼻炎、じんま疹、湿疹のかゆみなどに有効。

1日10mgで最大20mgまでOKでそれ程強い薬ではないみたい。

取り敢えず炎症がひどい時に朝晩1錠飲んだ。

日本だと鼻炎錠とかになるね。

 

次に塗り薬の「KELA LOTION」を貰う。薬局で45バーツくらい。トリアムシノロンアセトニドが入ってる。

効果:抗炎症作用、抗浮腫作用、抗アレルギー作用( 乾癬。 湿疹。神経皮膚炎。アレルギー性皮膚炎)

1日3回、皮膚の問題のあるゾーンに薬を塗布できる。

このローションを炎症部に塗り塗りしてみた。効果は日本から持ってきた塗り薬と同一みたい。サラサラっとしていて綿棒で塗り拡げやすい。

で、コッチの緑の塗り薬も貰った。これは嫁氏が子供の頃に使った一般的な薬らしい。

バリバリのタイ語で読めないけど「Calamine lotion」だそうです。カラミンが入ってる。

カラミンとは:酸化亜鉛に微量の酸化鉄を配合したピンク色の粉末。天然由来で汗疹や肌の炎症、日焼け肌を鎮める。

取り敢えずステロイド系と違って副作用とか弱そうなので、嫁氏にお願いして全身に塗り塗りして貰う。

カラミンローション。

この塗り薬は塗った部分が薄いピンク色になるのですごく目立つのが弱点かしら。

でもタイ人はこの色で「肌荒れしてんな」って分かるみたいで、特になんとも思わんらしい

塗った感じは特に刺激もなく効果も良く分からないけど、飲み薬と併用すると痒みもなく翌日の朝には炎症範囲が小さくなっていた

 

そんなわけで今現在は飲み薬とピンク色のローションを塗り塗りして部屋でゴロゴロしてる。

現状は足、腕、背中に炎症が残るけど、一番状態の悪い時と比べれば70%は改善した。

結局原因が判ってないので症状がぶり返す可能性有るけど、現状レベルが維持できるなら日常生活に問題はない。

取り敢えず以上でっす。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へブログランキング ペットランキング にほんブログ村 ↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。

ABOUT ME
ナリカー
自分が2012年にタイ移住したときの、日本家族への生存確認として始めたブログです。 今現在は夫婦2人と猫2匹に囲まれ、猫ブログ、自転車ブログ、バイクブログ、俺飯的な日常雑記ブログを適当に書いています。   記事が気に入って頂けましたら、埋もれている過去記事も楽しんでいって下さいね(^^)  
こちらの記事もオススメ

POSTED COMMENT

  1. ソローリ より:

    皮膚炎ならお任せください。70年も付き合ってきましたので。下の娘も20年以上付き合っています。

    ボクは特に10年前に極度に悪化し、かかりつけ医から大学病院送りとなり、この10年間というもの、シコシコと通院しています。

    この大学病院では、原因は分かりません、治りません、死にません、といわれています。

    ただ一つ分かるのは、素人が勝手に市販薬を買ってくると必ず悪化することです。特に市販薬の宣伝文言を信じるとエライ目にあいます。

    この10年間の治療成績は「安定的に多少は良くなった」というのが実情です。(この10年間大波、中波、小波の繰り返しです。この1年くらい大波が止まりました。その意味で多少は良くなったのかと。)

    以前の貴ブログにはリンデロンVGを塗布し、治ったという記載もございました。リンデロンVGは「ステロイド剤+抗生物質」なので壷に嵌まると著効がありますが、ボクの場合、かえって悪化することがありました。

    日本ご帰国準備中のご様子ですが、ご帰国の際は、評判の良い皮膚科医におかかりください。

    残念ながら「良い皮膚科医」は少ないです。ボクが編み出した良医の見つけ方は「皮膚科単科の医院であって、待合室が混雑しているところ」を探すの一手です。

    • ナリカー より:

      ソローリさん、こんにちは。
      アレルギー性の皮膚炎ですが、今の所は薬が効いて炎症が収まってきました。ただ原因が判っていないのでまた悪化するかもしれません。

      現状は飲み薬だけで痒みも無いので良くなって嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)