海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
タイ日常

劇場型借金?を鑑賞&猫

どもどもでっす。今日も雨模様で朝チャリなしのピサヌロークからナリカーでっす。
昨日は、電気代の支払いとお買い物でロータスEXTRAに行きました。
店舗内のお店に入れ替わりがあり、語学教室→マッサージ店、化粧品→日本っぽいグッズ屋になりました。
マッサージ店は今月一杯までOPEN記念で料金半額のタイマッサージ1hr100バーツです。嫁氏はマッサージ好きなので半額中にお店入るかも知れません。
雑貨屋「Moshi Moshi」はピサヌロークだと2店目かな?日本の100均「Seria」と300均「3COINS」が混ざった様な品揃え?で下は20バーツから買えるので、賑わってました。
市内から遠くてイマイチ人気なかったロータスEXTRAも人出増えるかな?

で、話はブログタイトルの件になるんだけど、翻訳代を下ろす為にカシコーン銀行に入店したら店内が騒がしい。どうやら写真右端の人が借金?のお願いに来てるみたい。まあ借金なんて普通だから大した事無いんだけど、借金の交渉時の声が馬鹿でかくて他のお客さんに丸聞こえ。
嫁氏に通訳をを依頼すると、「今日、社員に給料を払わないと家か車を差し押さえられちゃう。今警察が家に来ている状態なんです」「石鹸を作る(売る?)仕事で客とトラブルになり支払いが滞ってるのが原因」的な内容でした。見た感じの身なりは良いので会社経営はホントな気がします。奥の男性は借金の取り立てか調整役?みたいな人でした。
交渉はうまく行かなかったみたいで一度席を離れたのですが、女性の方が何処かと電話をし始め更にヒートアップ。
コレも嫁氏に翻訳してもらうと「トラブル中の顧客が警察に詐欺されたと訴えたから銀行口座が凍結された!口座には300万バーツ入ってるんだ。詐欺じゃないから口座の凍結を解除して。本当に詐欺じゃないしウキィ~(# ゚Д゚)」でした。電話の相手が家に来てる警察の方なのかトラブル中の顧客なのか不明ですが、銀行窓口で電話するより警察に行ったほうが解決が速そうな気がしますよ。

周りのお客も聞いてない風を装いますが、確実に事の内容が気になるみたいでチラッチラ様子を見てました。残念な事に途中で我が家の用事が終わってしまった為、結末を見ることは出来ませんでしたが、「劇場型借金?」は見応えありました。

会社持ったこと無いので何とも言えませんが運転資金の確保場所は気を付けないと駄目なんですね。でも一番安全そうな銀行の口座を凍結されちゃうと死ぬのでやっぱり家の金庫にお金積むスタイルが最強って事でしょうか。


お尻に穴の空いたプルさんですが、穴のサイズは小さめでもう回復基調になってます。膿が部屋の何処かに残っているのか部屋がほのかに臭いです(泣)
よく食べ、よく遊び、良く出すので心配はなさそうです。

ココロの方は自分の部屋にプルさんが居るので相対的にリビングに居る時間が長いです。まあ特に書くことはないですねw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。