海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
イベント

スコータイでトード・ガティン

昨日から泊まりでスコータイに来ています。
母方の親戚と一緒にトード・ガティンに参加します。
 
『トード・ガティン』とはお坊さんに袈裟を献上する伝統 儀式らしいです。
叔父さん主催の儀式みたいで、お寺に叔父さんのポスター貼ってありました。
 
前日移動で、叔父の家で夕食をいただきます。叔父自らカオパット・プーを作って振舞って頂きました。
本当に美味しくて、沢山お代わりさせて頂きました。調味料はナンマンホイとシーユカーオと塩だけ
火加減がチガウのかな?
 
 
朝7時からトード・ガティン始まります。
お布施をバナナの木に飾ります。私達も少しばかりですがお布施させて頂きました。
その後、お寺への奉納品を持って、境内をパレードします。
 
 
先頭のダンス隊が若干枯れ気味ですが気にしません!!でもサンダル&靴下はどうかと思うのですよ。
朝早いのに既に熱くなって来ました!小さな境内を3周ほどしてお寺に戻ります。
 
叔父のスピーチとお坊さんのお話を聞いて、10時過ぎに終了致しました。
でも私達の仕事はこれからです。皆さんのお布施を数えてまとめなければなりません。
 
 
バナナの木からお金を外し親族総出で会計です。大変だけど何故か楽しい。
封筒の中にお金残し忘れないようにしっかりチェックします。
相方はゴミ封筒の中から200バーツ救出いたしました。
 
 
全部でこれだけになりました!大金ですね。このお金で新しいお寺を作ったりします。
タイ人の信仰心は日本より強いし生活に身近な存在なんだなーと感じます。
最後に叔父自ら少しお金を追加し、末尾と999バーツにしました。タイでは9は縁起の良い数字なのです。
 
叔父の手伝いで少しでも役立てたみたいで嬉しいです。やっぱり仕事は楽しいですね。
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)