海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
家関連

天井作成&排水周り修正

おはよう御座います。
家の日記も約10日ぶりとなりますが、旅行中にチェック出来なかった影響か若干ペースダウンです。
 
まあ今後は内装&外溝関係がメインになりそうなので余り変わり映えしないかもですね。
 
 
で、家の内装関連は天井作成に入っています。
ここでもアホっ子電気工事の雑な仕事の影響が結構あり、電気工事の修正をしながらの作業となります。
天井工事の職人さんはしっかりした感じで、質問にもしっかり答えてくれて仕事も早くて良い感じです。
 
階段の修正についてもそれなりになってはきましたが。。。
ここから先は踏み板も含めた調整となるので、踏み板が到着した時に調整して合わせ込みます。
 
あと、トイレの排水パイプの位置が1箇所だけ壁と近かったので設計に確認すると『位置間違っています』
 
またもや壁に穴を開けて修正ですね。ここの壁はもう3回以上修理したんじゃないかな?
 
この家の要注意部門は電気と水道工事に決定ですね。
共に壁の中で見えない所なので間違いが有ると後々まで響きそうで怖いですね。
 
 
 
家の後ろに給水タンクも設置されましたね。容量2000Lでまあ断水しても3日は持つかな?
水回りの雑な配管が気になりますが、他もこんなもんなんですかね?
 
排水桝に2Fの排水パイプが来てますけど、先端が上向きL時ってどんな意味があるのでしょうね?
もしかしてU字トラップの変わりでしょうか?でもこれじゃあ多くの汚水がパイプの中に残りません?
設計図はU字配管になっているので、修正してもらいましょう!
 
じゃあ、1Fの排水パイプはどうなのかな?と思ってパイプを追っていくと。。。
何故か排水桝じゃなくて直接パイプに刺さってますね
これじゃあU字トラップ付けられないし、そもそも施行間違ってるし!!
 
水周りの職人でもこんなレベルなんですね。
図面も見なけりゃU字トラップの意味もわかってないのでしょうか?
ちなみにコチラがU字トラップです。
なんか汚水管の太さと違う気がしますけど?どうするんでしょうね?
本来図面上は細いパイプなのですけど、なぜか職人は太いパイプで作ったからアンマッチですね。
 
まあ、暫く様子を見ようと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)